CD 輸入盤

Sym.2 / .5, Etc: Stokowski / Bavarian.rso, Ndr.so

Brahms / Tchaikovsky

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TAH485
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
France
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
チャイコフスキー交響曲第5番について・・...

投稿日:2011/08/26 (金)

チャイコフスキー交響曲第5番について・・・ 第1楽章。出だしこそ大人しいが、異常なテンションと高さと劇的な展開に舌を巻く。まさに芸術は爆発だ。\(゜□゜)/ 弦の甘美なポルタメントなどはフィラデルフィアを彷彿とさせるが、いかんせんオケがいまいち。ストコフスキーの過剰な演出についていくのが精一杯で強引な荒々しさばかりが耳につく。残念ながら洗練の極みとまではいかないようだ。それにしても開始早々いきなりカットですか。せっかちですな。┐( ̄ヘ ̄)┌ そしてラストのタメはなんなんですか〜( ̄□ ̄;) かっかっこいい・・・惚れてまうやろ〜  第2楽章。スラブの深淵をのぞかせる男泣きのアンダンテ。ホルンの奏でる主旋律が沁みるぜ。副次旋律も哀愁が漂う。ここは無用な小細工はいらないぜ。ところがクライマックスで耳を疑う事件が起った・・・((((((ノ゚听)ノ  第3楽章。スケルツオの代わりのワルツ。夢見心地でロマンチック、乙女チックだ。これはチャイコフスキーならではだろう。演奏はここでも仕掛け満載で容赦ない。そしてまたもや大胆なカットが・・・  第4楽章。ソナタ形式の圧倒的な終曲。熱い展開に涙がとまらないぜ。演奏はやはり継ぎはぎだらけの強引なカットが気になる。ストコフスキーの場合、カットして粉みじんになってしまった曲はレパートリーにすらならないんだろうな。

いわごろう さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
バイエルン放送響とのブラ2はストコフスキ...

投稿日:2009/06/27 (土)

バイエルン放送響とのブラ2はストコフスキーならではの意欲的な解釈が素晴らしく、オケの巧さもあって、とても良い演奏だと思いますが、北ドイツ放送響とのチャイ5の方はどうかなぁって感じです。録音のせいもありましょうが、音色も固い印象を受け、オケもストコフスキーの解釈を受けきれてないのか、どこかぎこちないです。50年代のライブでしたらこの録音のより、シュトゥットガルト放送響との録音の方がオケの巧さも、ストコフスキーの解釈の徹底さも上回っているように感じます。でも、ブラ2の方はお勧めなので星4つ。音質は年代相応です。

ruru さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
ストコフスキーのチャイ5といえば…と、タ...

投稿日:2003/04/02 (水)

ストコフスキーのチャイ5といえば…と、タカをくくっていたのが間違いだった。北ドイツ放送響の分厚い響きと相俟って、ストコ節の「こぶし」がますます重量感を伴って、耳に迫ってくる。どんなオケに対しても、ここまでやれるストコフスキーは幸せ者(やはり大物)である。ブラームスの2番は、個性的ではあるが、チャイ5ほどのインパクトではない。いずれも、名演とは言い難いが、面白さで9点!

tsucchy さん | 愛知県 | 不明

1

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品