CD

Sym.4 / Ein Sommernachtstraum: R.kempe / Rpo

Brahms / Mendelssohn

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCN1040
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

ケンペは素朴で剛毅で、それでいて温かみのある表情がいい。地味に見られがちなのは残念。最高の指揮者の一人だ。このブラームスもいい。第2楽章でのホルンと木管の伸びやかな歌、それに続く弦の穏やかな響きを聴いてほしい。なんて豊かな音楽だろう。(長)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 交響曲 第4番 ホ短調 作品98 第1楽章 : Allegro Non Troppo
  • 02. 交響曲 第4番 ホ短調 作品98 第2楽章 : Andante Moderato
  • 03. 交響曲 第4番 ホ短調 作品98 第3楽章 : Allegro Giocoso
  • 04. 交響曲 第4番 ホ短調 作品98 第4楽章 : Allegro Energico E Passionata
  • 05. 劇音楽 《真夏の夜の夢》 から 序曲 作品21
  • 06. 劇音楽 《真夏の夜の夢》 から 夜想曲 作品61の7
  • 07. 劇音楽 《真夏の夜の夢》 から スケルツォ 作品61の1
  • 08. 劇音楽 《真夏の夜の夢》 から 結婚行進曲 作品61の9

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
まず、音は全く問題なし。ブラームスの方が...

投稿日:2010/07/07 (水)

まず、音は全く問題なし。ブラームスの方が良好で、ヒスもまるで感じられず、つややかないい音質です。メンデルスゾーンはちょっとヒスが出ますが、これも全般に良好。50年前の録音ですが、いい状態で保存されていたのですかね。幸いなことです。さて、演奏。ブラームスは比較的淡々としていますが、随所に見事な表情付けがあって、見事な手さばきに感嘆いたしました。でもなぜなのでしょう、あまり感動はしませんでしたね。もう一歩、明確な方向付けをして踏み込んでくれればよかったのかなあ。たとえば力感を強調するとか、ロマン性を強調するとか、ね。メンデルスゾーンはおおむね平均的ですけど、ちょっと腰が重いかな。あの美しい序曲など、もう少し軽やかさがあってもいいかな。このディスク、総じて高水準でありますが、ちょっと特徴薄という印象であります。こちらの聴き方も悪いのかな。(-_-;)ケンペの芸術に関心がおありの方は、ぜひお聞きください。彼の至芸を聞き取れるかもしれません。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

1

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品