CD 輸入盤

Seymour Reads The Consitution!

Brad Mehldau (ブラッド・メルドー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7559.793443
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


現在のジャズ・シーンでのNO.1ピアニスト、
ブラッド・メルドー率いるトリオによる新作スタジオ・レコーディング・アルバム
『SEYMOUR READS THE CONSTITUTION!』到着!
オリジナル楽曲も、よく知られたナンバーも、
才気が煌めき出たアレンジと解釈によって、一つの大きなグルーヴとなる。
大胆に、革新的に進化し続けるトリオの最新作ここに完成!


■ 現在のジャズ・シーンでのNO.1ピアニスト、ブラッド・メルドー率いるトリオによる新作スタジオ・レコーディング・アルバムが到着した。その『SEYMOUR READS THE CONSTITUTION!』は、ブラット・メルドー(piano)、ラリー・グレナディア(bass)、そしてジェフ・バラード(drums)からなるトリオにとって、2016年の『BLUES AND BALLADS』以来、約2年振りとなる作品となる。

■ 本作には、メルドーによる新曲3曲の他、ポール・マッカートニーの「Great Day」、ブライアン・ウィルソンの「Friends」などのポップス曲、そしてエルモ・ホープ、サム・リヴァースなどのジャズ・ナンバー、そしてフランク・シナトラなどによってヒットとなったアメリカン・スタンダード・ナンバー、フレデレック・ロウの「Almost Like Being In Love」などが収録されている。アルバムからは、先行トラックとして、1曲目の「Spiral」が現在公開されている。

■ 2016年のトリオの前作、『BLUES & BALLADS』も高い評価を各方面から集め、英ガーティアン紙は「メルドーは、よく知られている楽曲を、まったく予想もにしない未知の領域へと誘う天才である(しかも尚も進化し続けている)…ここにある楽曲はいずれも古典的なジャズ・メソッドに則ったオールド・ナンバーだが、それらを、才気が煌めき出た解釈によって今現在のものとして表現されている」と絶賛している。この路線は、今作でも少しも変わっていないだけでなく、より洗練されたものとなっている。

■ 本作に先駆けて、メルドーは、3月に音楽の父、J.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集」からインスパイアされたアルバム『AFTER BACH』をリリースしたばかり。現代では知ることが難しい、そのバッハの即興演奏の大家としての面をブラッド・メルドーが独自の感覚と解釈で紐解く!そんな大胆で革新的な作品は、ジャズのみならず、クラシックのリスナーも圧倒したばかりである。

■ 2005年からコンスタントに活動を続けている、ブラッド・メルドー率いるこのトリオ形態もまた、作品毎にミュージシャンとしての腕前は勿論、そのグルーヴとハーモニーも、どんどん進化させ、一層強力なクリエイティヴィティとチームワークを本作『SEYMOUR READS THE CONSTITUTION!』で再び聴かせてくれているのだ。(輸入元情報)

収録曲   

  • 01. Spiral (Written by Brad Mehldau)
  • 02. Seymour Reads the Constitution (Written by Brad Mehldau)
  • 03. Almost Like Being in Love (Written by Frederick Loewe)
  • 04. De-Dah (Written by Elmo Hope)
  • 05. Friends (Written by Brian Wilson)
  • 06. Ten Tune (Written by Brad Mehldau)
  • 07. Great Day (Written by Paul McCartney)
  • 08. Beatrice (Written by Sam Rivers)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
正に現在最高のピアニスト。 駄作が無いの...

投稿日:2018/11/22 (木)

正に現在最高のピアニスト。 駄作が無いのが、一番ビックリ!

ホーペ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
pブラッドメルドー、bラリーグレナディア、...

投稿日:2018/05/20 (日)

pブラッドメルドー、bラリーグレナディア、dsジェフバラード。この黄金トリオメンバーでの作品はどれも最先端をいっていて最高なのですが2018年最新作の本作はこれまでの作品群の中でも最高傑作に値する完成度だと個人的に感じます。なんといってもメルドーの秀逸なジャズ解釈、秀逸な演奏、そして間違いのないオーディオクオリティ!素晴らしいと思います!メルドーのジャズをまだ知らないという音楽ファンの方にも是非聴いて頂きたいオススメアルバムです!そしてなんと本作の国内盤にはボーナストラックが1曲収録されていますよ!

井熊 さん | 静岡県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Brad Mehldau

 メルドーの出世のきっかけになったのは,いまをときめくジョシュア・レッドマンのグループへの参加以降だろう。ブライアン・ブレイドとともに参加した1994年発表の『Mood Swing』はメロドーの名前を一躍高めることになり、ワーナー・ブラザースと契約、1995年には『Introducing Brad Mehldau』でデビューした。二つのトリオで録音されたこの作品はプロ受けする内容からいまだ名声には

プロフィール詳細へ

Brad Mehldauに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品