CD 輸入盤

ベルナルド・ハイティンク ポートレート〜バイエルン放送交響楽団名演集(11CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
900174
組み枚数
:
11
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


2019年3月4日、ハイティンク90歳の誕生日を祝して!
ハイドン『四季』は初出!


アムステルダム出身、オランダが誇る大指揮者ハイティンク。1961年から1988年まで長きに渡り、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者を務め、楽団の発展に力を尽くしました。1960年代から70年代にかけて、コンセルトヘボウ管と完成させたマーラーの交響曲全集は、当時巻き起こった“マーラー・ブーム”の潮流に乗って多くの人に愛された名演です。1980年代頃までは「正統的、かつ穏当な解釈をする指揮者」として評価されていましたが、21世紀になってから、ライヴ録音が広く知られるようになり「熱い指揮者」としても認知され、現代を代表する巨匠としての地位を確立しました。
 バイエルン放送交響楽団とは長い間良好な関係を築いており、このボックスに収録された音源でも、ハイドン、ベートーヴェン、ブルックナー、マーラーとウィーン古典派からロマン派の音楽で目覚ましい演奏を披露。なかでもハイドンの『四季』は今回初収録の音源であり、大規模な声楽パートを操り、躍動的で生き生きとした音楽を紡ぎ出しています。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
● ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス Op.123


 ゲニア・キューマイアー(ソプラノ)
 エリザベート・クールマン(メゾ・ソプラノ)
 マーク・パドモア(テノール)
 ハンノ・ミューラー=ブラッハマン(バス・バリトン)
 バイエルン放送合唱団(合唱指揮:ペーター・ダイクストラ)
 録音時期:2014年9月25,26日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール

Disc2
● ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調 WAB105(1878年 ノヴァーク版)


 録音時期:2010年2月12日
 録音場所:ミュンヘン、フィルハーモニー・イン・ガスタイク

Disc3
● ブルックナー:交響曲第6番イ長調 WAB.106(1881年 ハース版)


 録音時期:2017年5月4,5日
 録音場所:ミュンヘン、フィルハーモニー・イン・ガスタイク

Disc4-5
● ハイドン:オラトリオ『四季』 Hob.XXI:3
・・・初出音源

 ジュリー・カウフマン(ソプラノ/ハンネ)
 ヘルベルト・リッペルト(テノール/ルーカス)
 アラン・タイタス(バス/ジモン)
 バイエルン放送合唱団(合唱指揮:ミヒャエル・グレーザー)
 録音時期:1997年11月27,28日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール

Disc6-7
● ハイドン:オラトリオ『天地創造』 Hob.XXI:2


 カミラ・ティリング(ソプラノ/ガブリエル、エヴァ)
 マーク・パドモア(テノール/ウリエル)
 ハンノ・ミューラー=ブラッハマン(バス・バリトン/ラファエル、アダム)
 バイエルン放送合唱団(合唱指揮:ペーター・ダイクストラ)
 録音時期:2013年12月19,20日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール

Disc8-9
● マーラー:交響曲第3番ニ短調


 ゲルヒルト・ロンベルガー(メゾ・ソプラノ)
 バイエルン放送合唱団(合唱指揮:ユーヴァル・ヴァインベルク)
 アウスベルク大聖堂児童合唱団(合唱指揮:ラインハルト・カンムラー)
 録音時期:2016年6月16,17日
 録音場所:ミュンヘン、フィルハーモニー・イン・ガスタイク

Disc10
● マーラー:交響曲第4番ト長調


 ユリアーネ・バンゼ(ソプラノ)
 録音時期:2005年11月3,4日
 録音場所:ミュンヘン、フィルハーモニー・イン・ガスタイク

Disc11
● マーラー:交響曲第9番ニ長調


 録音時期:2011年12月15,16日
 録音場所:ミュンヘン、フィルハーモニー・イン・ガスタイク

 バイエルン放送交響楽団
 ベルナルド・ハイティンク(指揮)

 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Box Set Classicalに関連するトピックス

おすすめの商品