CD 輸入盤

サイモン・ラトル&バーミンガム市交響楽団録音集(52CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2564610055
組み枚数
:
52
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


サイモン・ラトル&バーミンガム市交響楽団録音集(52CD)

1980年、25歳の若さでバーミンガム市交響楽団の首席指揮者に任命されたサイモン・ラトルは、着任後すぐに積極的な活動を展開、一気にオーケストラと自分の知名度を上げることに成功し、ほどなくベルリン・フィルをはじめとする国際的客演活動をおこなうようになります。
 その後、1998年までの18年間に渡って、バーミンガム市交響楽団と数多くの演奏会やレコーディングをおこない、同楽団の人気を不動のものとします。
 なお、首席指揮者退任後も客演は続けているので、このセットには、1981年のヤナーチェク:グラゴル・ミサから2006年のシマノフスキ:おとぎ話の王女の歌まで、四半世紀に及ぶEMI録音が集められることとなりました。収録対象は、協奏曲を除くオーケストラ作品と管弦楽伴奏声楽曲を中心としたもので、CD52枚という大規模な構成となっています。
 レパートリーは幅広いもので、古典派から現代までさまざまな作曲家の音楽は、実に多彩な魅力に富んでいます。作曲技術が十分に進化した20世紀作品が多いため、オーケストレーションやリズムの魅力を抽出する表現力に長けたラトルの手腕もフルに発揮、ショスタコーヴィチの交響曲第4番やシベリウスの交響曲全集、ストラヴィンスキー、ラヴェル、ドビュッシー、バルトーク、ニールセン、プロコフィエフ、ラフマニノフ、ワイル、新ウィーン楽派の作品に、ヘンツェ、ジョン・アダムズ、メシアンのトゥーランガリラ交響曲などすでに高い評価を得ているものも多数収録。
 ロマン派では、得意のマーラーのほか、意外にも遅いテンポでじっくり仕上げたブルックナーの7番の素晴らしい演奏がありますし、古典派ではハイドン作品の俊敏さと仕掛けの面白さが楽しめます。
 また、ウォルトン、エルガー、ヴォーン・ウィリアムズ、ブリテン、グレインジャー、モー、タネジ、アデスといったイギリス関連作品では、ユーモアや軽妙な表現も得意な面が役立つことが多々あり、民謡素材展開系の作品では生き生きとした音楽を聴かせているのも印象的でした。
 サイモン・ラトルの音楽的語彙の豊富さに改めて感銘を受けるお買得ボックスの登場です。それぞれのディスクがオリジナル・ジャケット・デザイン仕様の紙ジャケットに封入されているのも朗報です。(HMV)

【収録情報】
Disc1-2
● ヤナーチェク:グラゴル・ミサ
● ブリテン:戦争レクィエム Op.66

Disc3
● ブリテン:アメリカ序曲 Op.27
● ブリテン:英雄のバラード Op.14
● ブリテン:ディヴァージョンズ Op.21
● ブリテン:劇場の建設 Op. 79 〜序曲
● ブリテン:プレイズ・ウィー・グレート・メン
● ブリテン:イギリス民謡による組曲『過去りし時』 Op.90

Disc4
● ブリテン:カナディアン・カーニヴァル Op.19
● ブリテン:若きアポロ Op.16
● ブリテン:4つのフランスの歌
● ブリテン:スコットランドのバラード Op.26
● ブリテン:オケイジョナル序曲 Op.38
● ブリテン:シンフォニア・ダ・レクィエム

Disc5
● ヴァイル:『7つの大罪』
● ヴォーン・ウィリアムズ:ウェンロックの断崖で
● ヴォーン・ウィリアムズ:旅の歌

Disc6
● ラフマニノフ:交響的舞曲 Op.45
● ラフマニノフ:ヴォカリーズ Op.34-14

Disc7
● マーラー:交響曲第2番ハ短調『復活』

Disc8
● マーラー:嘆きの歌

Disc9-10
● ブラームス/シェーンベルク編:ピアノ四重奏曲第1番ト短調
● マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』

Disc11
● シベリウス:交響曲第1番ホ短調 Op.39
● シベリウス:交響曲第5番変ホ長調 Op.82

Disc12
● シベリウス:交響曲第2番ニ長調 Op.43
● シベリウス:交響曲第3番ハ長調 Op.52

Disc13
● シベリウス:交響曲第4番イ短調 Op.63
● シベリウス:交響曲第6番ニ短調 Op.104

Disc14
● シベリウス:交響曲第7番ハ長調 Op.105
● シベリウス:鶴のいる情景 Op.44-2
● ニールセン:パンとシリンクス Op.49
● ニールセン:交響曲第4番 Op.29『不滅』

Disc15
● メシアン:トゥーランガリラ交響曲

Disc16-17
● エルガー:『ゲロンティアスの夢』 Op.38

Disc18
● ストラヴィンスキー:『ペトルーシュカ』
● ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲

Disc19
● ストラヴィンスキー:『火の鳥』全曲
● ストラヴィンスキー:オーケストラのための4つのエチュード

Disc20
● ストラヴィンスキー:『ミューズをつかさどるアポロ』
● ストラヴィンスキー:『春の祭典』

Disc21
● シェーンベルク:管弦楽のための5つの小品 Op.16
● ヴェーベルン:管弦楽のための6つの小品 Op.6
● ベルク:『ルル』組曲

Disc22
● ドビュッシー:『リア王』より
● ドビュッシー:『遊戯』
● ドビュッシー:管弦楽のための映像

Disc23-24
● ハイドン:オラトリオ『天地創造』

Disc25
● ハイドン:交響曲第60番ハ長調『うかつ者』
● ハイドン:交響曲第70番ニ長調
● ハイドン:交響曲第90番ハ長調

Disc26
● ラヴェル:ファンファーレ(『ジャンヌの扇』より)
● ラヴェル:『シェエラザード』
● ラヴェル:道化師の朝の歌
● ラヴェル:鐘の谷
● ラヴェル:マ・メール・ロワ
● ラヴェル:ラ・ヴァルス

Disc27
● ラヴェル:『ダフニスとクロエ』全曲
● ラヴェル:ボレロ

Disc28
● マーラー:交響曲第7番ホ短調『夜の歌』

Disc29
● マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』(花の章付き)

Disc30
● プロコフィエフ:交響曲第5番変ロ長調 Op.100
● プロコフィエフ:スキタイ組曲 Op.20

Disc31
● ヘンツェ:大オーケストラのための舟歌
● ヘンツェ:交響曲第7番

Disc32-33
● ブリテン:青少年のための管弦楽入門
● ニコラス・モー:オデッセイ

Disc34
● エルガー:エニグマ変奏曲
● エルガー:グラーニアとディアーミッド
● エルガー:交響的習作『フォルスタッフ』

Disc35
● ジョン・アダムズ:ハルモニーレーレ(和声学)
● ジョン・アダムズ:The Chairman Dances(管弦楽のためのフォックストロット)
● ジョン・アダムズ:2つのファンファーレ

Disc36
● タネジ:Drowned Out
● タネジ:3人の叫ぶ教皇
● タネジ:Momentum
● アデス:アシュラ Op.17

Disc37
● バルトーク:『中国の不思議な役人』全曲
● バルトーク:管弦楽のための協奏曲

Disc38
● シェーンベルク:モノドラマ『期待』 Op.17
● シェーンベルク:管弦楽のための変奏曲 Op.31

Disc39
● シマノフスキ:スターバト・マーテル Op.53
● シマノフスキ:マリル・パニーの連祷 Op.59
● シマノフスキ:交響曲第3番 Op.27『夜の歌』

Disc40
● ハイドン:交響曲第22番変ホ長調『哲学者』
● ハイドン:交響曲第102番変ロ長調
● ハイドン:交響曲第86番ニ長調

Disc41
● ショスタコーヴィチ:交響曲第4番 Op.43
● ブリテン:ロシアの葬送

Disc42
● マーラー:大地の歌

Disc43
● ブルックナー:交響曲第7番ホ長調

Disc44
● グレインジャー:『早わかり』組曲
● グレインジャー:トレイン・ミュージック
● グレインジャー:カントリー・ガーデンズ(ストコフスキー版)
● グレインジャー:鐘の谷(原曲:ラヴェル)
● グレインジャー:『リンカーンシャーの花束』組曲
● グレインジャー:パゴダ(原曲:ラヴェル)
● グレインジャー:戦士たち

Disc45
● マーラー:交響曲第4番ト長調

Disc46
● ウォルトン:交響曲第1番変ロ短調
● ウォルトン:ベルシャザールの饗宴

Disc47-48
● マーラー:交響曲第3番ニ短調
● マーラー:『子供の不思議な角笛』より

Disc49-50
● シマノフスキ:歌劇『ロジェ王』 Op.46 全曲
● シマノフスキ:交響曲第4番 Op.60(協奏交響曲)

Disc51
● マーラー:交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』

Disc52
● シマノフスキ:おとぎ話の王女の歌 Op.31
● シマノフスキ:ハルナシェ Op.55
● シマノフスキ:ハーフィズの愛の歌第2集 Op.26


 バーミンガム市交響楽団
 サー・サイモン・ラトル(指揮)

 録音時期:1981-2006年
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 製作レーベル:EMI

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Glagolitic Mass, JW Iii/9: I. Uvod (Orchestral Introduction) - Sir Simon Rattle/City of Birmingham Symphony Orchestra/Cbso Chorus/Felicity Palmer/Ameral Gunson/John Mitchinson/Malcolm King/Jane Parker-Smith
  • 02. Glagolitic Mass, JW Iii/9: II. Gospodi Pomiluy (Kyrie Eleison) - Sir Simon Rattle/City of Birmingham Symphony Orchestra/Cbso Chorus/Felicity Palmer/Ameral Gunson/John Mitchinson/Malcolm King/Jane Parker-Smith
  • 03. Glagolitic Mass, JW Iii/9: III. Slava (Gloria) - Sir Simon Rattle/City of Birmingham Symphony Orchestra/Cbso Chorus/Felicity Palmer/Ameral Gunson/John Mitchinson/Malcolm King/Jane Parker-Smith
  • 04. Glagolitic Mass, JW Iii/9: IV. Veruju (Credo) - Sir Simon Rattle/City of Birmingham Symphony Orchestra/Cbso Chorus/Felicity Palmer/Ameral Gunson/John Mitchinson/Malcolm King/Jane Parker-Smith
  • 05. Glagolitic Mass, JW Iii/9: V. Svet (Sanctus) - Sir Simon Rattle/City of Birmingham Symphony Orchestra/Cbso Chorus/Felicity Palmer/Ameral Gunson/John Mitchinson/Malcolm King/Jane Parker-Smith
  • 06. Glagolitic Mass, JW Iii/9: VI. Agneoe Bozij (Agnus Dei) - Sir Simon Rattle/City of Birmingham Symphony Orchestra/Cbso Chorus/Felicity Palmer/Ameral Gunson/John Mitchinson/Malcolm King/Jane Parker-Smith
  • 07. Glagolitic Mass, JW Iii/9: VII. Postludium (Organ) - Sir Simon Rattle/City of Birmingham Symphony Orchestra/Cbso Chorus/Felicity Palmer/Ameral Gunson/John Mitchinson/Malcolm King/Jane Parker-Smith
  • 08. Glagolitic Mass, JW Iii/9: VIII. Intrada - Sir Simon Rattle/City of Birmingham Symphony Orchestra/Cbso Chorus/Felicity Palmer/Ameral Gunson/John Mitchinson/Malcolm King/Jane Parker-Smith
  • 09. War Requiem, Op. 66: I. Requiem Aeternam, (A) Requiem Aeternam (Chorus, Boys' Choir) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Ma
  • 10. War Requiem, Op. 66: I. Requiem Aeternam, (B) What Passing Bells (Tenor) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark Blatchly/
  • 11. War Requiem, Op. 66: I. Requiem Aeternam, (C) Kyrie Eleison (Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark Blatchly/Sir

ディスク   2

  • 01. War Requiem, Op. 66: II. Dies Irae, (A) Dies Irae (Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark Blatchly/Sir Simon Ratt
  • 02. War Requiem, Op. 66: II. Dies Irae, (B) Bugles Sang (Baritone) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark Blatchly/Sir Simon
  • 03. War Requiem, Op. 66: II. Dies Irae, (C) Liber Scriptus Proferetur (Soprano, Semi-Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestr
  • 04. War Requiem, Op. 66: II. Dies Irae, (D) Out There, We've Walked Quite Friendly (Tenor, Baritone) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony
  • 05. War Requiem, Op. 66: II. Dies Irae, (E) Recordare Jesu Pie (Female Chorus) - (F) Confutatis (Male Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham
  • 06. War Requiem, Op. 66: II. Dies Irae, (G) Be Slowly Lifted Up (Baritone) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark Blatchly/Si
  • 07. War Requiem, Op. 66: II. Dies Irae, (H) Reprise of Dies Irae (Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark Blatchly/Sir
  • 08. War Requiem, Op. 66: II. Dies Irae, (I) Lacrimosa (Soprano, Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark Blatchly/Sir S
  • 09. War Requiem, Op 66: II Dies Irae, (J) Move Him Into the Sun... Pie Jesu (Tenor, Soprano, Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony
  • 10. War Requiem, Op 66: III Offertorium, (A) Domine Jesu Christe... Quam Olim Abrahae (Boys' Choir, Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Sy
  • 11. War Requiem, Op. 66: III. Offertorium, (B) So Abram Rose (Tenor, Baritone) - Hostias Et Preces (Boy's Choir) - Reprise of Quam Olim Abrahae (Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/C
  • 12. War Requiem, Op. 66: IV. Sanctus, (A) Sanctus (Soprano) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark Blatchly/Sir Simon Rattle
  • 13. War Requiem, Op. 66: IV. Sanctus, (B) Benedictus (Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark Blatchly/Sir Simon Rattl
  • 14. War Requiem, Op. 66: IV. Sanctus, (C) After the Blast of Lightning (Baritone) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark Blat
  • 15. War Requiem, Op 66: V Agnus Dei, (A) Agnus Dei... One Ever Hangs (Chorus, Tenor) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark B
  • 16. War Requiem, Op. 66: VI. Libera Me, (A) Libera Me, Domine (Soprano, Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/Mark Blatch
  • 17. War Requiem, Op. 66: VI. Libera Me, (B) It Seemed That Out of Battle (Tenor, Baritone) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of Birmingham Symphony Orchestra/
  • 18. War Requiem, Op 66: VI Libera Me, (C) Let Us Sleep Now... in Paradisum (All) - Conclusion "Requiem Aeternam" (Chorus) - Elisabeth Soderstrom/Robert Tear/Sir Thomas Allen/Boys of Christ Church Cathedral, Oxford/Francis Grier/Cbso Chorus/Simon Halsey/City of

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
もともと手持ちのものと重なっているものも...

投稿日:2017/01/29 (日)

もともと手持ちのものと重なっているものもあるが、そのようなものも含めて全て聴いた。CDが52枚もあるのに、ベートーヴェンはゼロ。モーツァルト、シューベルト、シューマンも無い。ブルックナーの交響曲はかろうじて1曲。ブラームスはシェーンベルクの編曲したものだけ。主に収録されているのは、マーラー、シマノフスキー、シベリウス、ストラビンスキー、バルトーク、ドビッシーとラベル、新ウィーン学派、ハイドン、ブリテンやエルガーといったイギリスの作曲家たち。ラトルとバーミンガム市響のボックスである。とにかく、アンサンブルが明快かつ明晰で、すっきりしており、かつスマートだ。あまりにすっきりしすぎて、ところどころ、物足りなさを感じるくらいだ。また、このコンビがだんだん成長していく様子も感じられる。以前、音楽雑誌でラトルが「バーミンガム市響はフレッシュな白ワイン、ベルリン・フィルは重厚な赤ワイン」と言っていたのを読んだ記憶があるが、まさにそんな感じだ。あくまでも全体を通して感じた個人的な感想だが、ベルリン・フィルとの関係はいろいろ言われたものの、そもそも基本的にこの指揮者は、赤ワイン向きの料理より、白ワイン向きの料理の方が得意なシェフなのかもしれないと思った。

saitaman さん | 埼玉県 | 不明

3
★
★
★
★
★
ラトルのバーミンガム市響の仕事は、良かっ...

投稿日:2017/01/09 (月)

ラトルのバーミンガム市響の仕事は、良かった。指揮者とオケが熟成して行く過程が良くわかる。この、オケが指揮者の手足となる感じは、ついぞベルリンでは出なかった。ベルリンでは、他流試合の感が、最後までぬぐえなかった。ラトルは英国のオケとの相性が良いのではないか?バルビローリも外国でさんざん叩かれた後、英国で同じ得意とするマーラー、シベリウスで大成したではないか。ラトルのロンドンでの仕切り直しに期待する。それにしても、指揮者とオケの関係について考えさせられるセットである。

フル物好き さん | 大阪府 | 不明

4
★
★
★
★
★
今でこそ落ちぶれたラトルだが、バーミンガ...

投稿日:2015/08/06 (木)

今でこそ落ちぶれたラトルだが、バーミンガム市交響楽団のころは いずれ世界を席巻しる逸材だと思っていた。 アバドの推薦でベルリンフィルに行ってからのていたらくは皆知るところだが、 このBOXは買って損は無いと言える。 ブリテン:戦争レクイエムはいまでも手元にあるが、 作曲者自身の演奏よりはるかに良い。 ベルリンフィルの重圧に負けてしまったことと、 EMIレーベルという最低なレコード会社しじゃつかなかったことが 不幸であるとしか言いようがない。 ロンドン響での復活を願う!

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

19

Box Set Classicalに関連するトピックス

おすすめの商品