CD 輸入盤

グイド・カンテッリの芸術(23CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ARTIS013
組み枚数
:
23
レーベル
:
:
Korea
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


グイド・カンテッリの芸術(23CD)

イタリアの名指揮者、グイド・カンテッリ[1920-1956]の主要な録音を集めた23枚組ボックス。トスカニーニの後継者と目され、若くしてスカラ座の首席指揮者に就任することが決定しながらも、ほどなく飛行機事故で36年の短い生涯を終えてしまった悲劇の指揮者カンテッリ。その芸風は戦後の新しい世の中にふさわしい快活で新鮮なものでした。亡くなった時期が1956年ということで、その録音のほとんどはモノラルですが、セッション録音されたものに関しては情報量の多い聴きやすい音質のものが多く、中にはブラームスの交響曲第3番や、ベートーヴェンの交響曲第7番、シューベルト:未完成、モーツァルト:交響曲第29番といったステレオ録音もあったりするので、鑑賞条件は比較的良好と言えると思います。(HMV)

【収録情報】
Disc1
ハイドン:
● 交響曲第88番ト長調*
1 I. Adagio
2 II. Largo
3 III. Menuetto. Allegretto - Trio
4 IV. Finale. Allegro con spirito

● 交響曲第93番ニ長調
5 I. Adagio - Allegro assai
6 II. Largo cantabile
7 III. Menuetto - Trio
8 IV. Finale. Presto ma non troppo

● 交響曲第94番ト長調『驚愕』
9 I. Adagio cantabile
10 II. Andante
11 III. Menuet. Allegro molto
12 IV. Finale. Allegro di molto

 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団*
 NBC交響楽団
 録音:Jan. 31, 1954 (1-4); March 2, 1949 (5-8); Dec. 31, 1949 (9-12)

Disc2
ベートーヴェン:
● 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
1 I. Allegro con brio
2 II. Andante con moto
3 III. Allegro
4 IV. Allegro

● 交響曲第7番イ長調 Op.92
5 I. Poco sostenuto - Vivace
6 II. Allegretto
7 III. Presto
8 IV. Allegro con brio

 NBC交響楽団
 録音:Dec. 18, 1950 (1-4); Jan. 14, 1950 (5-8)

Disc3
チャイコフスキー:
1 幻想的序曲『ロメオとジュリエット』*

● 交響曲第4番へ短調 Op.36
2 I. Andante sostenuto - Moderato con anima
3 II. Andantino in modo di canzone
4 III. Scherzo: Pizzicato ostinato - Allegro
5 IV. Finale: Allegro con fuoco

 フィルハーモニア管弦楽団*
 NBC交響楽団
 録音:Oct. 13, 1951 (1); Dec. 24, 1949 (2-5)

Disc4
チャイコフスキー:
● 交響曲第5番ホ短調 Op.64
1 I. Andante - Allegro con anima
2 II. Andante cantabile, con alcuna licenza
3 III. Valse. Allegro monderato
4 IV. Finale; Andante maestoso - Allegro vivace

ヒンデミット:
● 交響曲『画家マティス』
5 I. Engelkonzert
6 II. Grablegung
7 III. Versuchung des heiligen Antonius

 NBC交響楽団
 録音:March 1, 1951 (1-4); Jan. 13, 1950 (5-7)

Disc5
チャイコフスキー:
● 交響曲第6番ロ短調 Op.74『悲愴』*
1 I. Adagio - Allegro non troppo
2 II. Allegro con grazia
3 III. Allegro molto vivace
4 IV. Finale. Adagio lamentoso

ハイドン:
● 交響曲第93番ニ長調
5 I. Adagio - Allegro assai
6 II. Largo cantabile
7 III. Menuetto - Trio
8 IV. Finale. Presto ma non troppo

 フィルハーモニア管弦楽団*
 NBC交響楽団
 録音:Oct. 22-25 & 28, 1952 (1-4); Dec. 11, 1950 (5-8)

Disc6
ブラームス:
● 交響曲第1番ハ短調 Op.68*
1 I. Un poco sostenuto-Allegro
2 II. Andante sostenuto
3 III. Un poco allegretto e grazioso
4 IV. Adagio-Piu andante-Allegro non troppo, ma con brio

● 交響曲第3番ヘ長調 Op.90
5 I. Allegro con brio
6 II. Andante
7 III. Poco allegretto
8 IV. Allegro

 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団*
 NBC交響楽団
 録音:March 22, 1955 (1-4); Dec. 15, 1951 (5-8)

Disc7
ブラームス:
1 アルト・ラプソディ Op.53*
2 悲劇的序曲 Op.81*

● 交響曲第3番ヘ長調 Op.90
3 I. Allegro con brio
4 II. Andante
5 III. Poco allegretto
6 IV. Allegro

 NBC交響楽団*
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:April 1956 (1); Jan. 15, 1951 (2); Aug. 8-18, 1955 (3-6) Stereo

Disc8
シューベルト:
● 交響曲第2番変ロ長調 D.125
1 I. Largo - Allegro vivace
2 II.Andante
3 III. Minuetto. Allegro vivace
4 IV. Finale. Presto vivace

● 交響曲第8番ロ短調 D.759『未完成』*
5 I. Allegro moderato
6 II. Andante con moto

メンデルスゾーン:
● 交響曲第4番イ長調 Op.90『イタリア』
7 I. Allegro vivace
8 II. Andante con moto
9 III. Con moto moderato
10 IV. Saltarello: Presto

 NBC交響楽団
 フィルハーモニア管弦楽団*
 録音:Jan. 8, 1951 (1-4); Aug. 16-18, 1955 (5-6) Stereo; Dec. 1, 1951 (7-10)

Disc9
ワーグナー:
1 『リエンツィ』序曲*
2 『ジークフリート』〜ジークフリートの角笛
3 ジークフリート牧歌

ロッシーニ:
4 歌劇『泥棒かささぎ』序曲

メンデルスゾーン:
● 交響曲第4番イ長調 Op.90『イタリア』
5 I. Allegro vivace
6 II. Andante con moto
7 III. Con moto moderato
8 IV. Saltarello: Presto

 デニス・ブレイン(ホルン:2-3)
 NBC交響楽団*
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:Dec. 31, 1949 (1); May 14, 1947 (2); Oct. 16, 1951 (3); Oct. 22, 1952 (4); Aug. 12-13, 1955 (5-8)

Disc10
ムソルグスキー:
● 組曲『展覧会の絵』(ラヴェル編)
1 I. Promenade
2 II. Gnomus
3 III. Promenade
4 IV. Vecchio Castello
5 V. Promenade
6 VI. Tuileries
7 VII. Bydlo
8 VIII. Promenade
9 IX. Ballet des Poussins dans Leurs Coques
10 X. Samuel Goldenberg and Schmuyle
11 XI. Limoges - Le Marche
12 XII. Catacombae (Sepulchrum Romanum)
13 XIII. Cum Mortuis in Lingua Mortua
14 XIV. La Cabane sur des Pattes de Poule
15 XV. La Grande Porte de Kiev

フランク:
● 交響曲ニ短調
16 I. Lento - Allegro non troppo
17 II. Allegretto
18 III. Allegro non troppo

 NBC交響楽団
 録音:Jan. 23 - Feb. 25, 1951 (1-15); April 1954 (16-18) Stereo

Disc11
コレッリ:
● 合奏協奏曲ト短調 op.6-8『クリスマス協奏曲』
1 I. Vivace - Grave
2 II. Allegro
3 III. Adagio - Allegro - Adagio
4 IV. Vivace - Allegro
5 V. Pastoralle ad libitum. Largo

フランチェスコ・ジェミニアーニ:
6 弦楽のためのアンダンテ

ヴィヴァルディ:
● ヴァイオリン協奏曲へ短調Op.8 4 RV 297『冬』
7 I. Allegro non molto
8 II. Largo
9 III. Allegro

バルトーク:
● 管弦楽のための協奏曲 Sz.116
10 I. Introduzione. Andante non troppo; Allegro vivace
11 II. Giuoco delle coppie. Allegro scherzando
12 III. Elegia. Andante non troppo
13 IV. Intermezzo interrotto. Allegretto
14 V. Finale. Pesante; Presto

 NBC交響楽団
 録音:Dec. 25, 1950 (1-9); Jan. 1, 1951 (10-14)

Disc12
ヴィヴァルディ:
● 2つのヴァイオリンのための協奏曲イ短調 Op.3-8, RV.522
1 I. Allegro
2 II. Larghetto e spirito
3 III. Allegro
 ミッシャ・ミシャコフ、マックス・ホランダー(ヴァイオリン)

ルーセル:
● シンフォニエッタ Op.52
4 I. Allegro molto
5 II. Andante
6 III. Allegro

ヴィヴァルディ:
● 弦楽のための協奏曲イ長調 RV.158
7 I. Allegro molto
8 II. Andante molto
9 III. Allegro

ブゾーニ:
10 管弦楽のための踊りのワルツ Op.53, K.288

ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニ:
● アルバトロス協奏曲
11 第1楽章
12 第2楽章
13 第3楽章
14 第4楽章
15 第5楽章
 ミッシャ・ミシャコフ(ヴァイオリン)、フランク・ミラー(チェロ)
 アルトゥール・バルサム(ピアノ)、ベン・グローエ(ナレーター)

 NBC交響楽団
 録音:Jan. 15, 1951 (1-3); Dec. 15, 1951 (4-6); Dec. 18, 1950 (7-10); Jan. 8, 1951 (11-15)

Disc13
ストラヴィンスキー:
1 花火

● 交響詩『うぐいすの歌』(ナイチンゲールの歌)
2 I. Introduction
3 II. Marche chinoise
4 III. Chat du rossignol
5 IV. Jeu du rossignol mecanque

フランク:
● 交響曲ニ短調
6 I. Lento - Allegro non troppo
7 II. Allegretto
8 III. Allegro non troppo

 NBC交響楽団
 録音:Jan. 15, 1951 (1); Dec. 31, 1949 (2-5); Jan. 3, 1954 (6-8)

Disc14
ラヴェル:
1 亡き王女のためのパヴァーヌ
2 ラ・ヴァルス

ドビュッシー:
● 交響的断章『聖セバスティアンの殉教』
3 I. La cour des Lys (Prelude)
4 II. Danse extatique et Final, Acte I
5 III. La Passion
6 IV. Le bon Pasteur

● 夜想曲より
7 I. Nuages
8 II. Fetes

ジローラモ・フレスコバルディ:
● 4つの小品
9 I. Toccata
10 II. Canzone
11 III. Toccata
12 IV. Canzone

 NBC交響楽団
 録音:Dec. 1, 1951 (1-2); Jan. 15, 1951 (3-6); May 8, 1955 (7-8); Jan. 14, 1950 (9-12)

Disc15
モーツァルト:
● 交響曲第29番イ長調 K.201
1 I. Allegro moderato
2 II. Andante
3 III. Menuetto
4 IV. Allegro con spirito

● 音楽の冗談 K. 522
5 I. Allegro
6 II. Minuetto. Maestoso
7 III. Adagio cantabile
8 IV. Presto

● ディヴェルティメント第15番変ロ長調 K.287 (271H)
9 I. Allegro
10 II. Tema con Variazioni
11 III. Minuetto
12 IV. Adagio
13 V. Andante - Allegro molto

 NBC交響楽団
 録音:Jan. 22, 1951 (1-4); March 1953 (5-8); Feb. 1954 (9-13)

Disc16
ハイドン:
● 交響曲第93番ニ長調
1 I. Adagio - Allegro assai
2 II. Largo cantabile
3 III. Menuetto - Trio
4 IV. Finale. Presto ma non troppo

ブラームス:
● 交響曲第1番ハ短調 Op.68*
5 I. Un poco sostenuto-Allegro
6 II. Andante sostenuto
7 III. Un poco allegretto e grazioso
8 IV. Adagio-Piu andante-Allegro non troppo, ma con brio

 NBC交響楽団
 フィルハーモニア管弦楽団*
 録音:Feb. 28, 1953 (1-4); May 21-22, 1953 (5-8)

Disc17
メンデルスゾーン:
交響曲第4番イ長調 Op.90『イタリア』*
1 I. Allegro vivace
2 II. Andante con moto
3 III. Con moto moderato
4 IV. Saltarello. Presto

ベートーヴェン:
交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
5 I. Allegro con brio
6 II. Andante con moto
7 III. Allegro
8 IV. Allegro

 フィルハーモニア管弦楽団*
 NBC交響楽団
 録音:Oct. 12, 1951 (1-4); Feb. 1954 (5-8)

Disc18
モーツァルト:
● 交響曲第29番イ長調 K.201
1 I. Allegro moderato
2 II. Andante
3 III. Menuetto
4 IV. Allegro con spirito

ヒンデミット:
● 交響曲『画家マティス』
5 I. Engelkonzert
6 II. Grablegung
7 III. Versuchung des heiligen Antonius

モーツァルト:
8 歌劇『フィガロの結婚』序曲 K.492

● 音楽の冗談 K.522
9 I. Allegro
10 II. Minuetto. Maestoso
11 III. Adagio cantabile
12 IV. Presto

 NBC交響楽団
 録音:Jan. 7, 1951 (1-7); Dec. 1, 1951 (8); Dec. 4, 1950 (9-12)

Disc19
アルフレード・カゼッラ:
● パガニーニアーナ Op.65
1 I. Allegro agitato
2 II. Polachetta
3 III. Romanza
4 IV. Tarantella

モンテヴェルディ:
● 聖母マリアの夕べの祈り SV.206*
5 Magnificat
6 Anima mea
7 Et exultavit
8 Quia respexit
9 Quia fecit
10 Et misericordia
11 Fecit potentiam
12 Deposuit potentes
13 Esurientes implevit
14 Susceptit Israel
15 Sicut locotus est
16 Gloria Patri et Filio
17 Sicut erat in principio

ベートーヴェン:
● 交響曲第5番ハ短調 Op.67(第2〜4楽章)**
18 II. Andante con moto
19 III. Allegro
20 IV. Allegro

 ローマ聖チェチーリア国立音楽院管弦楽団
 NBC交響楽団&ロバート・ショウ合唱団*
 フィルハーモニア管弦楽団**
 録音:May 13-14, 1949 (1-4); Dec. 25, 1950 (5-17); May 31 & June 1 & 4-5, 1956 (18-20) Stereo

Disc20
ドビュッシー:
● 交響的断章『聖セバスティアンの殉教』
1 I. ユリの庭 - II. 法悦の踊り
2 III. 受難 - IV. よき羊飼い

● 交響詩『海』*
3 I. 海の夜明けから真昼まで
4 II. 波の戯れ
5 III. 風と海の対話

ベルリオーズ:
6 劇的物語『ファウストの劫罰』〜ラコッツィ行進曲**

 NBC交響楽団
 RAI国立交響楽団*
 ボストン交響楽団**
 録音:Dec. 20, 1953 (1-2); Sep. 1955 (3-5); Dec. 15, 1951 (6); Jan. 1953 (7-8); Dec. 11, 1950 (9-10)

Disc21
ロッシーニ:
1 歌劇『コリントの包囲』序曲
2 歌劇『セミラーミデ』序曲*

ルイージ・ダッラピッコラ:
3 マルシア組曲

ヴェルディ:
4 歌劇『シチリア島の夕べの祈り』序曲

ファリャ:バレエ音楽『三角帽子』第2組曲 G. 53**
5 近所の人々の踊り
6 粉屋の踊り
7 終幕の踊り

 NBC交響楽団
 ボストン交響楽団*
 フィルハーモニア管弦楽団**
 録音:Jan. 1953 (1-2); Dec. 11, 1950 (3-4); June 1, 1954 (5-7)

Disc22
ロッシーニ:
1 歌劇『セミラーミデ』序曲

ラヴェル:
2 『ダフニスとクロエ』第2組曲*

チャイコフスキー:
● 交響曲第6番ロ短調 Op.74『悲愴』
3 I. Adagio - Allegro non troppo
4 II. Allegro con grazia
5 III. Allegro molto vivace
6 IV. Finale. Adagio lamentoso

 NBC交響楽団
 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団*
 録音:Dec. 4, 1950 (1); March 15, 1953 (2); Feb. 21, 1953 (3-6)

Disc23
シューマン:
● 交響曲第4番ニ短調 Op.120*
1 I. Ziemlich langsam - Lebhaft -
2 II. Romanze (Ziemlich langsam) -
3 III. Scherzo (Lebhaft) & Trio -
4 IV. Langsam - Lebhaft - Schneller - Presto

レスピーギ:
● 交響詩『ローマの噴水』
5 I. La fontana di Valle Giulia all'alba. Andante mosso
6 II. La fontana del Tritone al mattino. Vivo
7 III. La fontana di Trevi al meriggio. Allegro moderato; Allegro vivace; Largamente
8 IV. La fontana di Villa Medici al tramonto. Andante

● 交響詩『ローマの松』
9 I. I pini di Villa Borghese. Allegretto vivace; Vivace
10 II. Pini presso una catacomba. Lento
12 III. I pini del Gianicolo
13 IV. I pini della Via Appia. Tempo di Marcia

 フィルハーモニア管弦楽団*
 ボストン交響楽団
 録音:May 15 & 21, 1953 (1-4); Dec. 25, 1954 (5-13)

 グイド・カンテッリ(指揮)

 クラムシェル・ボックス仕様

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フィルハーモニア管とのへートーヴェン7番...

投稿日:2019/11/04 (月)

フィルハーモニア管とのへートーヴェン7番が含まれていないのが残念ですが、それ以外は既出盤との音質差もほとんどなく満足です。

3丁目 さん | 三重県 | 不明

0
★
★
★
★
★
夭折したカンテルリが残したレパートリーの...

投稿日:2019/04/02 (火)

夭折したカンテルリが残したレパートリーの大部分を網羅した企画。EMIに残されたフィルハーモニアとのスタジオ録音と、NBC響を中心としたほぼライブの録音。かなり重なる曲目もあり、ハイドンの93番などは三種類も入っている。いくつかはステレオ。カラヤン(12歳上)の生涯が1950年代半ばで断ち切られていたとしたら、すでに数多くの優れたレコーディングは残していたとはいえ、少くとも帝王のイメージはなかっただろう。バーンスタイン(2歳上)がニューヨーク・フィルの常任にもならぬうちに「消え」ていたら、彼は演奏史に名を残さなかったのではないか?そう考えると、36歳の若さで逝ったこの若き俊英がもっと長生きをしていたらという想像を馳せることは避けがたい誘惑でもあるが、不十分な音質であるとはいえこれだけのレコーディングが残されたことは、感謝すべきことだろう。トスカニーニに気に入られていたということからも推測できるように、カンテルリのスタイルは実に直截で、いささかも低徊趣味的なところはない。実際同じNBC響との『展覧会の家』はトスカニーニとかなりよく似ている。ただし、2年後のトスカニーニより音は良くないし、演奏の結晶化度も劣る。11枚目のイタリア・バロックの諸曲は当然この時代のスタイルだが、その限りにおいて演奏はびっくりするくらい良い。特にコレッリとジェミニアーニは単なる娯楽音楽の域をはるかに出ている。多分オケの協奏曲として組み合わせられているバルトークもまた、同時期のカラヤン(フィルハーモニア)と並ぶ傑出した名演。ベートーヴェンは颯爽として活気に満ちた名演。しかし晩年のトスカニーニのやや引き攣った癇の強い感じはない。ステレオで残された第五は風格さえ感じさせるが、事故のために第一楽章が未収録で終わったのは実に惜しい(三楽章以下は本人の最終承認を得ていないテイクというが)。ブラームスの二曲も同様で、このイタリア人指揮者はドイツものを実によく構成している。特に一番の堂々たる威容は既に大家の風格が十分。チャイコフスキーでは、「悲愴」が特に良い。上滑りせずに密実に構成された名演は只者ではない。フランスものも良くて、特にニューヨーク・フィルとの「ダフニス」は光彩陸離たる名演で、この録音が惜しいが、実に熱狂的な拍手も納得。ボストン響とのレスピーギも同じようにもう少し音が良かったらというところがある名演だが、「アッピア街道の松」の迫力などはそれでもこの俊英の能力を確信させるに十分なほど。序曲だけだが、「セミラーミデ」と「シチリア」の二曲は、強靭なリズムでの快進撃で、彼のイタリア・オペラを聞いてみたかったと惜しませる怪演。録音はこの時代並みで、聞き慣れているならそう問題はないだろう。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

1

おすすめの商品