CD 輸入盤

クラウディオ・アバド&ベルリン・フィル〜ドイツ・グラモフォン録音全集(60CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4835183
組み枚数
:
60
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


アバドとベルリン・フィルがDGに遺したすべての録音が60枚組ボックスに集結

限定盤。ヘルベルト・フォン・カラヤンの死後、その後任としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督に就任したクラウディオ・アバドはこの楽団に活気を再び取り戻させ、レパートリーを広げ、楽団員からの積極的な関わりとコミュニケーションを引き出して独裁的な雰囲気を払拭したことにより、長く歴史に残る素晴らしい演奏と録音を生み出しました。アバドがベルリン・フィルに在籍していた期間は、この楽団の歴史における輝かしい時期に属し、その録音の多くが最高の評価を得ています。
 ベートーヴェンとブラームスの全交響曲のツィクルスが含まれています。マルタ・アルゲリッチ、ブリン・ターフェル、マウリツィオ・ポリーニ、エフゲニー・キーシン、ロベルト・アラーニャ、クリスティーネ・シェーファー、アルフレート・ブレンデル、ヴィクトリア・ムローヴァ、ギル・シャハム、ルネ・フレミングといった一流アーティストとの共演も多数収録。(輸入元情報)

ベートーヴェン:交響曲全集につきまして、交響曲第1番〜第8番は2001年ローマ・ライヴのみの収録になっていますが、レーベルによりますと、生前アバドが1999年〜2000年録音に完全には満足しておらず、リリースの数年後に2001年ローマ・ライヴに差し替えて欲しいという意向があったためだそうです。予めご了承下さい。

【収録情報】
Disc1
ベートーヴェン:
● 交響曲第1番、第3番『英雄』

Disc2
● 交響曲第2番、第4番

Disc3
● 交響曲第5番『運命』、第6番『田園』

Disc4
● 交響曲第7番、第8番

Disc5
● 交響曲第9番『合唱』

 録音:2001年、ローマ(ライヴ:Disc1-4)、2000年、ベルリン(Disc5)

Disc6
● ピアノ協奏曲第1番、第2番

Disc7
● ピアノ協奏曲第3番、第4番

Disc8
● ピアノ協奏曲第5番『皇帝』

 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
 録音:1992年(Disc6-7)、1993年(Disc8)、ベルリン(ライヴ)

Disc9
『ニューイヤー・イヴ・コンサート1991』
1. 劇音楽『エグモント』のための音楽より
2. アリア「ああ、不実な人よ」Op.65
3. 序曲『レオノーレ』第3番
4. 合唱幻想曲

 シェリル・ステューダー(ソプラノ:1,2,4)
 エフゲニー・キーシン(ピアノ:4)
 録音:1991年、ベルリン(ライヴ)

Disc10
1. 序曲『献堂式』
2. 祝典劇『献堂式』のための音楽
3. 舞台劇『レオノーレ・プロハスカ』のための音楽
4. 劇音楽『エグモント』のための音楽より

 シルヴィア・マクネアー(ソプラノ:2,3)
 ブリン・ターフェル(バリトン:2)
 シェリル・ステューダー(ソプラノ:4)
 録音:1994年(1-3)、1993年(4)、ベルリン

Disc11
ブラームス:
1. 交響曲第1番
2. 運命の女神たちの歌

 ベルリン放送合唱団(2)
 録音:1990年、ベルリン

Disc12
1. アルト・ラプソディ
2. 交響曲第2番

 マルヤナ・リポヴシェク(アルト:1)
 録音:1988年、ベルリン

Disc13
1. 悲劇的序曲
2. 運命の歌
3. 交響曲第3番

 エルンスト・ゼンフ合唱団(2)
 録音:1989年、ベルリン

Disc14
1. ハイドンの主題による変奏曲
2. 悲歌
3. 交響曲第4番

 録音:1990年(1,2)、1991年(3)、ベルリン

Disc15
1. 交響曲第2番
2. 大学祝典序曲

 録音:1970年(1)、1967年(2)、ベルリン

Disc16
1. セレナード第1番
2. セレナード第2番

 録音:1981年(1)、1967年(2)、ベルリン

Disc17-18
1. ピアノ協奏曲第1番
2. ピアノ協奏曲第2番

 アルフレート・ブレンデル(ピアノ)
 録音:1986年(1)、1991年(2)、ベルリン
 制作レーベル:PHILIPS

Disc19-20
1. ピアノ協奏曲第1番
2. ピアノ協奏曲第2番

 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
 録音:1997年、ウィーン(ライヴ:1)、1995年、ベルリン(ライヴ:2)

Disc21
1. ヴァイオリン協奏曲
2. 大学祝典序曲

 シュロモ・ミンツ(ヴァイオリン:1)
 録音:1987年、ベルリン

Disc22
1. ヴァイオリン協奏曲

 ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)
 録音:1992年、東京
 制作レーベル:PHILIPS

Disc23
1. ヴァイオリン協奏曲
2. ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲

 ギル・シャハム(ヴァイオリン)
 ジャン・ワン(チェロ:2)
 録音:2000年(1)、2001年(2)、ベルリン

Disc24
1. ドイツ・レクィエム

 シェリル・ステューダー(ソプラノ)
 アンドレアス・シュミット(バリトン)
 録音:1992年、ベルリン

Disc25
ドビュッシー:
1. 牧神の午後への前奏曲
2. 夜想曲
3. 歌劇『ペレアスとメリザンド』より

 録音:1999年(1,2)、1998年(3)、ベルリン

Disc26
ドヴォルザーク:
1. 序曲『オセロ』
2. 交響曲第9番『新世界より』

 録音:1997年、ベルリン(ライヴ)

Disc27
ヒンデミット:
1. 交響曲『画家マティス』
2. 組曲『気高い幻想』
3. ウェーバーの主題による交響的変容

 録音:1995年、ベルリン

Disc28
ヤナーチェク:
1. 消えた男の日記
2. シンフォニエッタ

 フィリップ・ラングリッジ(テノール:1)
 ブリジット・バリーズ(アルト:1)
 録音:1987年、ベルリン

Disc29
1. クルターク:シュテファンの墓
2. シュトックハウゼン:3つのオーケストラのための『グルッペン』
3. クルターク:石碑

 ユルゲン・ラック(ギター:1)
 録音:1994年、ベルリン

Disc30
1. マーラー:交響曲第1番『巨人』

 録音:1989年、ベルリン(ライヴ)

Disc31-32
1. マーラー:交響曲第3番

 アンナ・ラーション(アルト)
 録音:1999年、ロンドン(ライヴ)

Disc33
1. マーラー:交響曲第4番
2. ベルク:7つの初期の歌

 ルネ・フレミング(ソプラノ)
 録音:2005年、ベルリン(ライヴ)

Disc34
1. マーラー:交響曲第5番

 録音:1993年、ベルリン(ライヴ)

Disc35
1. マーラー:交響曲第6番『悲劇的』

 録音:2004年、ベルリン(ライヴ)

Disc36
1. マーラー:交響曲第7番『夜の歌』

 録音:2001年、ベルリン(ライヴ)

Disc37-38
1. マーラー:交響曲第8番『千人の交響曲』

 シェリル・ステューダー、シルヴィア・マクネアー、アンドレア・ロスト(ソプラノ)
 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、ローズマリー・ラング(アルト)
 ペーター・ザイフェルト(テノール)、ブリン・ターフェル(バリトン)
 ヤン=ヘンドリク・ローテリング(バス)
 ベルリン放送合唱団、プラハ・フィルハーモー合唱団
 録音:1994年、ベルリン(ライヴ)

Disc39
1. マーラー:交響曲第9番

 録音:1999年、ベルリン(ライヴ)

Disc40
1. マーラー:歌曲集『子供の不思議な角笛』

 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ)
 トーマス・クヴァストホフ(バリトン)
 録音:1998年、ベルリン

Disc41
モーツァルト:
1. レクィエム
2. 『聖墓の音楽』より「この胸を眺めて」
3. 『証聖者の荘厳な晩課』より「主をほめたたえよ」

 カリタ・マッティラ(ソプラノ)
 サラ・ミンガルド(メゾ・ソプラノ)
 ミヒャエル・シャーデ(テノール)
 ブリン・ターフェル(バス・バリトン:1)
 ラヘル・ハルニッシュ(ソプラノ:2,3)
 録音:1999年、ザルツブルク(ライヴ)

Disc42
モーツァルト:
1. アリア「わが感謝を受けたまえ、やさしき保護者よ」 K.383
2. エクスルターテ・ユビラーテ K.165
3. アリア「憧れの希望よ」 K.416
4. アリア「どうしてあなたを忘れられよう」 K.505
5. 歌劇『ツァイーデ』 K.344より「やすらかにお休み、私のいとしい命よ」
6. アリア「あなたに明かしたい、おお神よ」 K.418

R.シュトラウス:
7. 『5つの歌』Op.41より第1曲「子守歌」
8. 『4つの歌』Op.36より第1曲「ばらの花環」
9. 『5つの歌』Op.32より第3曲「愛の賛歌」
10. 『3つの歌』Op.88より第1曲「小川」
11. 『4つの歌』Op.27より第4曲「朝」

 クリスティーネ・シェーファー(ソプラノ)
 録音:1997年、ベルリン

Disc43
ムソルグスキー:
1. 禿山の一夜
2. センナヘリブの陥落
3. 歌劇『サランボー』より「司祭の合唱」
4. 『アテネのオイディプス』より「神殿の人々の合唱」
5. ヨシュア
6. 展覧会の絵

 エレーナ・ザレンバ(メゾ・ソプラノ:5)
 プラハ・フィルハーモニー合唱団(3,4)
 録音:1993年、ベルリン(ライヴ)

Disc44
プロコフィエフ:
1. ロメオとジュリエット(抜粋)

 録音:1996年、ベルリン

Disc45
1. ピアノ協奏曲第1番
2. ピアノ協奏曲第3番

 エフゲニー・キーシン(ピアノ)
 録音:1993年(1)、1994年(ライヴ:2)、ベルリン

Disc46
1. プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番
2. ラヴェル:ピアノ協奏曲

 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
 録音:1967年、ベルリン

Disc47
ラフマニノフ:
1. ピアノ協奏曲第2番
2. ピアノ協奏曲第3番

 リーリャ・ジルベルシュテイン(ピアノ)
 録音:1991年(1)、1993年(2)、ベルリン

Disc48
1. シューマン:ピアノ協奏曲
2. シェーンベルク:ピアノ協奏曲

 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
 録音:1989年(1)、1988年(2)、ベルリン

Disc49
R.シュトラウス:
1. 『4つの歌』Op.33より第2曲「アポロの巫女の歌」
2. 『5つの歌』Op.48より第1曲「懐かしき面影」
3. 『4つの歌』Op.27より第2曲「ツェツィーリエ」
4. 『4つの歌』Op.33より第1曲「誘惑」
5. 『6つの歌』Op.56より第5曲「春の祭り」
6. 『8つの歌』Op.49より「森の喜び」
7. 4つの最後の歌

 カリタ・マッティラ(ソプラノ)
 録音:1998年、ベルリン

Disc50
チャイコフスキー:
1. ピアノ協奏曲第1番

 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
 録音:1994年、ベルリン(ライヴ)

Disc51
1. テンペスト
2. スラヴ行進曲
3. ロメオとジュリエット
4. 序曲『1812』

 録音:1994年(1,4)、1995年(2)、1996年(3)、ベルリン

Disc52
ヴェルディ:
1. 『運命の力』序曲
2. 『ルイーザ・ミラー』序曲
3. 『ナブッコ』序曲
4. 『アイーダ』序曲
5. 『椿姫』第1幕への前奏曲
6. 『マクベス』よりバレエ音楽
7. 『椿姫』第3幕への前奏曲
8. 『ドン・カルロ』第2幕への前奏曲
9. 『シチリア島の夕べの祈り』序曲

 録音:1996年、ベルリン

Disc53-54
1. 歌劇『ファルスタッフ』全曲

 ブリン・ターフェル(バス・バリトン)
 アドリアンネ・ピエチョンカ、ドロテア・レシュマン(ソプラノ)
 エンリコ・ファチーニ(テノール)
 トーマス・ハンプソン(バリトン)、他
 録音:2001年、ベルリン

Disc55
1. 『ルイーザ・ミラー』より「おお、私の目を否定できない」「穏やかな夜には」
2. 『十字軍のロンバルディア人』より「私の喜びで彼女を包みたい」
3. 『アイーダ』より「将軍に私がなるなら」「清きアイーダ」
4. 『エルナーニ』より「礼を言う、友人たちよ」「萎れた花に降りた露のように」「ああ、私の心が讃えるあなた」
5. 『仮面舞踏会』より「彼女は邸にたどり着き」「永遠に君を失えば」
6. 『オテロ』より「神よ、あなたはあらゆる不幸をお与えになった!」「おお、悲しみよ、悩みよ、お前たちは私から見果てぬ夢を奪った!」「私を恐れる者はない」
7. 『運命の力』より「人生は地獄だ」「天使のようなレオノーラ」
8. 『マクベス』より「おお、息子たちよ」「おお、父の手は」
9. 『イェルサレム』より「首長が呼びつけるとは」「もう一度、愛しい声を聞きたい」
10. 『トロヴァトーレ』より「ああ、あなたこそ私の恋人」「見よ、恐ろしい炎を」

 ロベルト・アラーニャ(テノール)
 録音:1997年、ドイツ

Disc56
ワーグナー:
1. 『タンホイザー』序曲
2. 『パルジファル』第1幕への前奏曲
3. 『パルジファル』組曲(アバド編)より
4. 『トリスタンとイゾルデ』より前奏曲と「愛の死」

 録音:2002年、ザルツブルク(1,3)、2000年、ベルリン(2,4)

Disc57
1. 『さまよえるオランダ人』より「序曲」「オランダ人のモノローグ」
2. 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』より「迷いのモノローグ」「ザックスのモノローグ」
3. 『タンホイザー』より「夕星の歌」
4. 『パルジファル』より「いや! そのままにして置け」「悲しや! 悲しや! この身の上!」
5. 『ワルキューレ』より「ヴォータンの別れ」「魔の炎の音楽」

 ブリン・ターフェル(バス・バリトン)
 録音:2000年(1-3,5)、2001年(4)、ベルリン

Disc58
『ガラ〜ジルヴェスター・コンサート1993』
1. 『タンホイザー』序曲
2. 『タンホイザー』より「おごそかなこの広間は」
3. 『タンホイザー』より「優しい夕星よ」
4. 『ローエングリン』より「遠い森の寂しさの中で」
5. 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』より第1幕への前奏曲
6. 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』より「リラの花が何とやわらかく」
7. 『ワルキューレ』より「一族の男たちが」「冬の嵐は去り」
8. 『ワルキューレ』より「ワルキューレの騎行」

 シェリル・ステューダー(ソプラノ:2,4)
 ブリン・ターフェル(バリトン:3,6)
 ヴァルトラウト・マイアー(メゾ・ソプラノ:7)
 ジークフリート・イェルザレム(テノール:7)
 録音:1993年、ベルリン(ライヴ)

Disc59
『ガラ〜ジルヴェスター・コンサート1997』
1. ビゼー:歌劇『カルメン』(抜粋)
2. ラヴェル:スペイン狂詩曲
3. サラサーテ:カルメン幻想曲
4. ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲
5. ブラームス:ハンガリー舞曲第5番

 ヴェロニク・ジャンス(ソプラノ:1)
 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ:1)
 ロベルト・アラーニャ(テノール:1)
 ブリン・ターフェル(バス・バリトン:1)
 ギル・シャハム(ヴァイオリン:3)
 ミハイル・プレトニョフ(ピアノ:4)
 録音:1997年、ベルリン(ライヴ)

Disc60
『ガラ〜ジルヴェスター・コンサート1998』
1. モーツァルト:『フィガロの結婚』序曲
2. モーツァルト:『フィガロの結婚』より「とうとう嬉しい時が来た」「恋人よここに」
3. モーツァルト:『ドン・ジョヴァンニ』より「窓辺においで」
4. モーツァルト:『魔笛』より「恋を知る男たちは」
5. モーツァルト:『ドン・ジョヴァンニ』より「シャンパンの歌」「お手をどうぞ」
6. モーツァルト:『3つのドイツ舞曲』より第3番「そりすべり」
7. ビゼー:『アルルの女』第1組曲より「カリヨン」、第2組曲より「ファランドール」
8. ヴェルディ:『運命の力』序曲
9. ヴェルディ:歌劇『リゴレット』より「それは心の太陽」「慕わしい人の名は」「女心の歌」
10. ヴェルディ:『仮面舞踏会』より「お前こそ心を汚すもの」
11. チャイコフスキー:『エフゲニ・オネーギン』より「手紙の場」「ポロネーズ」
12. ヴェルディ:『椿姫』より「乾杯の歌」
13. ベルリオーズ:序曲『ローマの謝肉祭』

 クリスティーネ・シェーファー(ソプラノ:2,4,9,12)
 サイモン・キーンリーサイド(バリトン:3-5,10,12)
 マルセロ・アルバレス(テノール:9,12)
 ミレッラ・フレーニ(ソプラノ:11,12)
 録音:1998年、ベルリン(ライヴ)


 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
80%以上を所有してるので全く購入の予定...

投稿日:2018/08/23 (木)

80%以上を所有してるので全く購入の予定はないが、 彼がカラヤンの後任としてやった仕事は大きい。 歴史的金字塔としての価値はある。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

4
★
★
★
★
★
この全集は、このコンビの2回目の録音がリ...

投稿日:2018/07/28 (土)

この全集は、このコンビの2回目の録音がリリースされた際に、市場から回収されたとされる1回目のベートーヴェンの交響曲全集以外の、全て録音が集められているようなので、また既に単独盤では廃盤になっているものも含まれ、コレクターにとっては意味があると思う。 但し既に初発売からそれぞれをコツコツ集めてきた熱心な愛好家にとっては、恐怖の「初発売」が含まれておらず、そのために購入する必要はないので、胸を撫でおろしている向きも多いと思う。 アバドがDGに残した録音は、Symphony Edition(重複を除いた全交響曲)、作曲家別選集、オペラ全集、として既に幾つもの種類で発売されており、買い方によってはベルリン・フィルとの録音はダブリの山が築かれている愛好家も多いのではないか? もうDGに「全集化によるダブリをしてくれるな」などと野暮な反省など求めまい。例え何点かの抜け落ちがあっても、一つ一つのCDを心から聴いて、自分なりの演奏家像や作曲家像を自分の精神文化の中に築いていければ、それに満足するべきだと思う。

Euge さん | 東京都 | 不明

6
★
★
★
★
★
安くて良いではないですか。次は、ウイーン...

投稿日:2018/07/05 (木)

安くて良いではないですか。次は、ウイーン・シカゴ・スカラ座あたりが発売されるのではないでしょうか、と期待しています。但し、せっかくマーラーをほぼ全曲含めていながら、復活が「ベルリンではない」との理由で省かれているのでは、購入者数を減らす原因になるのではないでしょうか?少し考え直してほしいものです。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

9

Box Set Classicalに関連するトピックス

おすすめの商品