CD 輸入盤

クラウディオ・アバド&ウィーン・フィル〜ドイツ・グラモフォン録音全集(58CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4837784
組み枚数
:
58
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


アバドがウィーン・フィルを指揮したDG全録音がCD58枚組ボックスに

クラウディオ・アバドがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とドイツ・グラモフォンに行った全録音を収めたCD58枚組ボックス限定盤です。
 アバドがウィーン・フィルを初めて指揮したのは、カラヤンに1965年のザルツブルク音楽祭に招待された時でした。それから30年、20世紀の指揮者としてオーケストラの新しい基準を作り、ドイツ=オーストリアの巨匠の核となるレパートリーを広げていきました。彼がオペラ指揮者としてウィーン・フィルにデビューしたのは、1968年のザルツブルク音楽祭でのロッシーニの『セヴィリャの理髪師』でした。ウィーン国立歌劇場の音楽監督在職中に指揮したドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』、モーツァルトの『フィガロの結婚』、ロッシーニの『アルジェのイタリア女』、そして1988年と1991年の『ニューイヤー・コンサート』が収録されています。
 マウリツィオ・ポリーニ、ナタン・ミルシテイン、フリードリヒ・グルダ、チェチーリア・バルトリ、フレデリカ・フォン・シュターデ、ボー・スコウフス、グンドゥラ・ヤノヴィッツ、ジークフリート・イェルザレム、アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、マリア・ジョアン・ピリスなど有名アーティストとの共演もあります。
 116ページのブックレット付き(英語、ドイツ語、イタリア語)。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
1. ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調 Op.21
2. ベートーヴェン:交響曲第2番ニ長調 Op.36

 録音:1988年(ライヴ:1)、1987年(2)
Disc2
● ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

 録音:1985年
Disc3
1. ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調 Op.60
2. ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』

 録音:1988年(ライヴ:1)、1987年(2)
Disc4
1. ベートーヴェン:カンタータ『静かな海と楽しい航海』 Op.112
2. ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』
3. ベートーヴェン:合唱幻想曲 Op.80

 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ:3)
 ガブリエレ・レヒナー、グレートヒェン・イーダー(ソプラノ:3)
 エリーザベト・マッハ(コントラルト:3)
 ヨルク・ピータ、アンドレアス・エスダース(テノール:3)
 ゲルハルト・イーダー(バス:3)
 ウィーン国立歌劇場合唱団(1,3)
 録音:1986年
Disc5
1. ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 Op.92
2. ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調 Op.93

 録音:1987年
Disc6
● ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

 ガブリエラ・ベニャチコヴァー(ソプラノ)
 マルヤナ・リポヴシェク(コントラルト)
 エスタ・ヴィンベルイ(テノール)
 ヘルマン・プライ(バリトン)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 録音:1986年
Disc7
● ベートーヴェン:序曲集
1.『プロメテウスの創造物』 Op.43
2.『シュテファン王』 Op.117
3.『アテネの廃墟』 Op.113
4.『献堂式』 Op.124
5.『命名祝日』 Op.115
6.『コリオラン』 Op.62
7.『エグモント』 Op.84

 録音:1988年(1-3)、1989年(4)、1990年(5)、1985年(6)、1987年(7)
Disc8
● ベートーヴェン:序曲集
1. 『フィデリオ』序曲 Op.72b
2. 『レオノーレ』序曲第1番 Op.138
3. 『レオノーレ』序曲第2番 Op.7
4. 『レオノーレ』序曲第3番 Op.72a

 録音:1989年(1,3)、1986年(2)
Disc9
1. ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 Op.92
2. ベートーヴェン:『プロメテウスの創造物』 Op.43より序曲
3. ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調 Op.93

 録音:1966年(1,2)、1968年(3)/制作レーベル:DECCA
Disc10
1. ベルク:7つの初期の歌
2. ベルク:演奏会用アリア『ワイン』
3. ベルク:管弦楽のための3つの小品 Op.6

 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ:1,2)
 録音:1993年(1,2)、1992年(3)
Disc11
1. ベルク:アルテンベルク歌曲集 Op.4
2. ベルク:抒情組曲からの3つの小品
3. ベルク:歌劇『ルル』組曲

 ユリアーネ・バンゼ(ソプラノ:1,3)
 録音:1994年
Disc12-13
● ベルク:歌劇『ヴォツェック』 Op.7 全曲

 ヒルデガルト・ベーレンス(ソプラノ)
 フランツ・グルントヘーバー(バリトン)
 フィリップ・ラングリッジ、ハインツ・ツェドニク、ヴァルター・ラファイナー(テノール)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 録音:1987年
Disc14
● ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68

 録音:1972年
Disc15
● ブラームス:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.83

 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
 録音:1976年
Disc16
● ブラームス:ハンガリー舞曲集 WoO.1

 録音:1982年
Disc17
● ブルックナー:交響曲第1番ハ短調

 録音:1996年
Disc18
● ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』

 録音:1990年
Disc19
● ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調

 録音:1993年(ライヴ)
Disc20
● ブルックナー:交響曲第7番ホ長調

 録音:1992年
Disc21
● ブルックナー:交響曲第9番ニ短調

 録音:1996年
Disc22
● ブルックナー:交響曲第1番ハ短調

 録音:1969年/制作レーベル:DECCA
Disc23-24
● ドビュッシー:歌劇『ペレアスとメリザンド』全曲

 マリア・ユーイング(ソプラノ)
 フランソワ・ル・ルー(バリトン)
 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 ジョゼ・ヴァン・ダム、ジャン=フィリップ・クルティス(バス)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 録音:1991年
Disc25-26
1. マーラー:交響曲第10番嬰ヘ長調よりアダージョ
2. マーラー:交響曲第2番ハ短調『復活』

 シェリル・ステューダー(ソプラノ:2)
 ヴァルトラウト・マイアー(コントラルト:2)
 アルノルト・シェーンベルク合唱団(2)
 録音:1985年(1)、1992年(2)
Disc27-28
● マーラー:交響曲第3番ニ短調

 ジェシー・ノーマン(ソプラノ)
 ウィーン国立歌劇場合唱団(女声)
 ウィーン少年合唱団
 録音:1980年
Disc29
● マーラー:交響曲第4番ト長調

 フレデリカ・フォン・シュターデ(メゾ・ソプラノ)
 ゲルハルト・ヘッツェル(ヴァイオリン独奏)
 録音:1977年
Disc30
● マーラー:交響曲第9番ニ長調

 録音:1987年
Disc31
1. モーツァルト:ピアノ協奏曲第14番変ホ長調 K.449
2. モーツァルト:ピアノ協奏曲第26番ニ長調 K.537『戴冠式』

 マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)
 録音:1992年(1)、1990年(ライヴ:2)
Disc32
1. モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466
2. モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467

 フリードリヒ・グルダ(ピアノ)
 録音:1974年
Disc33
1. モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K.503
2. モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595

 フリードリヒ・グルダ(ピアノ)
 録音:1975年
Disc34
● モーツァルト:ミサ・ソレムニス K.139『孤児院ミサ』

 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
 フレデリカ・フォン・シュターデ(メゾ・ソプラノ)
 ヴィエスワフ・オフマン(テノール)
 クルト・モル(バス)
 ルドルフ・ショルツ(オルガン)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 録音:1975年
Disc35-37
● モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』全曲

 シルヴィア・マクネアー、シェリル・ステューダー(ソプラノ)
 チェチーリア・バルトリ(メゾ・ソプラノ)
 ルチオ・ガッロ、ボー・スコウフス(バリトン)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 録音:1994年
Disc38-40
● ムソルグスキー:歌劇『ホヴァンシチナ』全曲

 ヨアンナ・ボロウスカ(ソプラノ)
 マルヤナ・リポヴシェク(コントラルト)
 ハインツ・ツェドニク、ヴラディーミル・アトラントフ、ヴラディーミル・ポポフ(テノール)
 アナトリー・コチェルガ、オーゲ・ハヴグランド、パータ・ブルチュラーゼ(バス)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 録音:1989年
Disc41-42
● ロッシーニ:歌劇『アルジェのイタリア女』全曲

 アグネス・バルツァ(メゾ・ソプラノ)
 ルッジェーロ・ライモンディ(バス)
 パトリシア・パーチェ、アンナ・ゴンダ(ソプラノ)
 フランク・ロパード(テノール)
 アレッサンドロ・コルベッリ、エンツォ・ダーラ(バリトン)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 録音:1987年
Disc43-44
● シェーンベルク:グレの歌

 シャロン・スウィート(ソプラノ)
 マルヤナ・リポヴシェク(コントラルト)
 ジークフリート・イェルザレム、フィリップ・ラングリッジ(テノール)
 ハルトムート・ヴェルカー(バリトン)
 バルバラ・スコヴァ(語り手)
 アルノルト・シェーンベルク合唱団
 スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団
 録音:1992年
Disc45
1. シューベルト:交響曲第8番ロ短調 D.759『未完成』
2. シューベルト:交響曲第5番変ロ短調 D.485

 録音:不明(1971年?)
Disc46
● シューベルト:ミサ曲第6番変ホ長調 D.950

 カリタ・マッティラ(ソプラノ)
 マルヤナ・リポヴシェク(メゾ・ソプラノ)
 ジェリー・ハドリー、ホルヘ・ピータ(テノール)
 ロベルト・ホル(バス)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 録音:1986年(ライヴ)
Disc47
● ニューイヤー・コンサート 1988年
1. レズニチェク:歌劇『ドンナ・ディアナ』序曲
2. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・マズルカ『燃える恋』 Op.129
3. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル『休暇旅行で』 Op.133
4. J.シュトラウス2世:ポルカ・シュネル『狩り』 Op.373
5. J.シュトラウス2世:ワルツ『レモンの花咲くところ』 Op.364
6. J.シュトラウス2世:喜歌劇『こうもり』序曲
7. J.シュトラウス2世:新ピチカート・ポルカ Op.449
8. J.シュトラウス2世:ワルツ『人生を楽しめ』 Op.340
9. J.シュトラウス2世:仮面舞踏会のカドリーユ Op.272
10. J.シュトラウス2世:トリッチ・トラッチ・ポルカ Op.214
11. J.シュトラウス2世:ポルカ・シュネル『浮気心』 Op.319
12. J.シュトラウス2世:ワルツ『もろびと手をとり』 Op.443
13. J.シュトラウス2世:常動曲 Op.257
14. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル『大急ぎで』 Op.230
15. J.シュトラウス2世:山賊のギャロップ Op.378
16. J.シュトラウス2世:ワルツ『美しく青きドナウ』 Op.314
17. J.シュトラウス1世:ラデツキー行進曲 Op.228

 録音:1988年(ライヴ)
Disc48
● ニューイヤー・コンサート 1991年
1. J.シュトラウス:2世:喜歌劇『くるまば草』序曲
2. モーツァルト:5つのコントルダンス K.609より第1曲:もう飛ぶまいぞ
3. モーツァルト:5つのコントルダンス K.609より第3曲
4. モーツァルト:3つのドイツ舞曲 K.605より『そりすべり』
5. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・マズルカ『踊るミューズ』 Op.266
6. シューベルト:『ポルカとギャロップ』 D.735より『ポルカ』(マデルナ編)
7. シューベルト:ギャロップ(マデルナ編)
8. ランナー:ワルツ『求婚者』 Op.103
9. J.シュトラウス1世:ギャロップ『ため息』 Op.9
10. ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ『水彩画』 Op.258
11. J.シュトラウス2世:ポルカ・シュネル『百発百中』 Op.326
12. エドゥアルト・シュトラウス:カルメン・カドリーユ Op.134
13. J.シュトラウス2世:皇帝円舞曲 Op.437
14. J.シュトラウス2世:狂乱のポルカ カOp.260
15. J.シュトラウス2世:ポルカ・シュネル『恋と踊りに熱狂』 Op.393
16. J.シュトラウス2世:ワルツ『美しく青きドナウ』 Op.314
17. J.シュトラウス1世:ラデツキー行進曲 Op.228

 録音:1991年(ライヴ)
Disc49
● チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調 Op.36

 録音:1975年
Disc50
● チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調 Op.74『悲愴』

 録音:1973年
Disc51
1. チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.35
2. メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 Op.64

 ナタン・ミルシテイン(ヴァイオリン)
 録音:1972年(1)、1973年(2)
Disc52-53
1. ヴェルディ:レクィエム
2. ヴェルディ:聖歌四篇

 シェリル・ステューダー(ソプラノ)
 マルヤナ・リポヴシェク(メゾ・ソプラノ:1)
 ホセ・カレーラス(テノール:1)
 ルッジェーロ・ライモンディ(バス:1)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 録音:1991年
Disc54-56
● ワーグナー:歌劇『ローエングリン』全曲

 ジークフリート・イェルザレム(テノール)
 シェリル・ステューダー(ソプラノ)
 ヴァルトラウト・マイヤー(メゾ・ソプラノ)
 ハルトムート・ヴェルカー(バリトン)
 クルト・モル(バス)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 録音:1991年
Disc57
1. シェーンベルク:ワルシャワの生き残り Op.46
2. J.S.バッハ/ヴェーベルン編:音楽の捧げもの BWV.1079より6声のリチェルカーレ
3. ヴェーベルン:パッサカリア Op.1
4. ヴェーベルン:オーケストラのための6つの小品 Op.6
5. ヴェーベルン:オーケストラのための5つの小品 Op.10
6. ヴェーベルン:変奏曲 Op.30

 ゴットフリート・ホーニク(語り手:1)
 ウィーン国立歌劇場合唱団(1)
 録音:1989年(1)、1990年(2-5)、1992年(6)
Disc58
1. リーム:出発
2. リゲティ:アトモスフェール
3. リゲティ:ロンターノ
4. ノーノ:愛の歌
5. ブーレーズ:ノタシオン
 録音:1988年

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団(Disc38-40)
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:ステレオ&デジタル


総合評価

★
★
★
☆
☆

2.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
DGへの全録音がボックス化されるのを待ちま...

投稿日:2020/01/13 (月)

DGへの全録音がボックス化されるのを待ちます(何枚になるのだろう)。

更年期障害 さん | 島根県 | 不明

4
★
☆
☆
☆
☆
何度でも言わせていただきます。何故、オリ...

投稿日:2020/01/10 (金)

何度でも言わせていただきます。何故、オリジナルジャケットにしなかったのか。ベルリン・フィルとの整合性が全く考えられていない。いずれ、ウィーン・フィルのセットが出れば、マーラーも揃うと楽しみにしていたのですが、両方とも買うのはやめました。同じ小説でも、初版本と文庫本とでは全く価値が異なるように、パッケージで出す以上、演奏が優れていればそれだけで良いというものではないと思います。

ミーメ さん | 北海道 | 不明

11
★
☆
☆
☆
☆
他の方もご指摘のように何故、オリジナルジ...

投稿日:2020/01/01 (水)

他の方もご指摘のように何故、オリジナルジャケット仕様ではないのか? 名演揃いで購入したいものばかりなのに・・・ 企画の意図を疑います!

chimao_fuku さん | 福岡県 | 不明

12

Box Set Classicalに関連するトピックス

おすすめの商品