CD 輸入盤

クラウディオ・アバド ザ・シンフォニー・エディション(41CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4791046
組み枚数
:
41
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明




収録曲   

ディスク   1

  • 01. 1. Allegro Con Spirito - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 02. 2. Andante - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 03. 3. Menuetto - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 04. 4. Finale (Presto) - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 05. 1. Allegro Moderato - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 06. 2. Andante - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 07. 3. Menuetto - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 08. 4. Allegro Con Spirito - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 09. 1. Allegro Assai - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 10. 2. Andante Moderato - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 11. 3. Menuetto - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 12. 4. Allegro Assai - Orchestra Mozart, Claudio Abbado

ディスク   2

  • 01. 1. Adagio - Allegro - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 02. 2. Andante - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 03. 3. Finale (Presto) - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 04. 1. Allegro Vivace - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 05. 2. Andante Cantabile - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 06. 3. Menuetto (Allegretto) - Orchestra Mozart, Claudio Abbado
  • 07. 4. Molto Allegro - Orchestra Mozart, Claudio Abbado

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
再入荷なら、少々高くても良いのでオリジナ...

投稿日:2017/09/26 (火)

再入荷なら、少々高くても良いのでオリジナルジャケでの再発のほうが嬉しかった。アバドはなぜオリジナルジャケで発売されないのだろうか?もしや、それでの再発企画が控えているとか・・・。

2
★
★
★
★
★
アバドのDGにおける交響曲の録音を集めたBO...

投稿日:2016/12/25 (日)

アバドのDGにおける交響曲の録音を集めたBOXセット。クラシック音楽の王道といえるような曲がそろっている。聴きながら、正直、個々の曲の演奏の好悪はあるかもしれないと思った。全体的には、巨匠然とした演奏というよりも、真面目でアバドらしい独自の美的センスを感じる演奏が多い。カラヤン亡き後の難しい時代にBPOを引き受けて円滑に世代交代を成し遂げたことひとつとっても、この人は地味ながらかなり重要な役割を果たしたといっていい。このボックスは交響曲だけだが、オペラもうまいし、フランスものをはじめとする管弦楽も抜群だった。交響曲の録音だけとっても、このBOXにはない旧録がある。そのうち、全部収めたものが改めて出るだろう。

saitaman さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
ついこないだ亡くなったばかりの指揮者を偲...

投稿日:2015/11/28 (土)

ついこないだ亡くなったばかりの指揮者を偲んで全41枚のCDを聴いてみました。  収められているのは順番にモーツアルト、ハイドン、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームス、ブルックナー、マーラーで一番多いのは彼がシェフをつとめたベルリンフィルですが、晩年のルツエルン祝祭管の演奏もあります。  いずれもいかにもアバドらしい「清新にしてクールな」アプローチが耳に残りますが、いつ聴いても心が洗われるのはモザールの演奏で、惜しまれつつもあっさり解散してしまったモーツアルト管弦楽団との後期交響曲集は、私の生涯の宝物となりました。  彼が下馬評の高かったロリン・マゼールやバレンボイムをい退け、カラヤンの跡目を相続したきっけとなったのは、ブラームスの難曲である交響曲第2番の熱演でしたが、この選集ではベルリンフィルとマーラー室内管による2つのセレナードが入っていて、4つのシンフォニーに劣らぬ秀演を聴かせてくれます。  カラヤンの跡を継いだものの長く不振が続いたアバドでしたが、その低迷を脱した記念碑的な演奏が、ベルリン最末期のベートーヴェンの全曲演奏。その大半がローマでのライヴで(まず映像でリリースされました)、例えば2番、7番などを聴くと別人28号のような精気が漲っており、どうしてもっとシェフを続けなかったのかと思うくらいです。  彼の理知的なマーラーは既に高い声望を集めていますが、どうしても忘れられないのはロンドン響と入れたメンデルスゾーンの全曲で、スコットランドなどの調べを聴いているとやはり胸が高鳴るのはこれがアバドの青春の輝きの歌だったからでしょうね。   2000ポイントのおまけがついたのに知らずに買った恨みは深い 蝶人

あまでうす さん | 神奈川県 | 不明

2

Box Set Classicalに関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト