CD 輸入盤

カール・ベーム・コレクション2(8CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VN007
組み枚数
:
8
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


カール・ベーム・コレクション2(8CD)

カール・ベームがモノラル期に録音した音源を集めたボックスが、ヒストリカル系の新レーベル「VENIAS(ヴェニアス)」から登場。先にリリースされて好評の第1弾に入らなかったベルリン・フィルとのブラームスの交響曲第2番やミサ・ソレムニス、ウィーン交響楽団とのモーツァルトのレクィエムなど、ベーム理解に欠かせない名演奏を数多く収録しています。

【VENIAS/ヴェニアス・レーベル】
このレーベルのポリシーは、往年の個性的な演奏を手軽に楽しめるように低価格でボックス化するというもので、音についても、過剰なノイズカットや高域強調をおこなわずに、なるべく本来のサウンドを楽しめるようにするということです。

【収録情報】
Disc1
● ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』

 シュターツカペレ・ドレスデン
 録音:1936年
 原盤:EMI

Disc2
● ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調

 シュターツカペレ・ドレスデン
 録音:1936年
 原盤:EMI

Disc3
● ブルックナー:交響曲第7番ホ長調

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1943年
 原盤:EMI

Disc4
● ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 op.125『合唱』

 マルガレーテ・テシェマッハー(ソプラノ)
 エリーザベト・ヘンゲン(アルト)
 トリステン・ラルフ(テノール)
 ヨーゼフ・ヘルマン(バス)
 ドレスデン国立歌劇場合唱団
 シュターツカペレ・ドレスデン
 録音:1941年
 原盤:EMI

Disc5
● モーツァルト:交響曲第36番ハ長調 K.425『リンツ』
● モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』
● ヨハン・シュトラウスU:ワルツ『南国のバラ』 Op.388
● ヨハン・シュトラウスU:ワルツ『朝刊』 Op.279
● ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ『天体の音楽』Op.235

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1949年、1950年
 原盤:DECCA

Disc6
● ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス Op.123
 T.Kyrie.Assai sostenuto(Mit andacht)
 U.Gloria.Allegro vivace
 V.Credo.Allegro ma non troppo
 W.Sanctus.Adagio(Mit Andacht)

Disc7
 X. Agnus Dei.Adagio

 マリア・シュターダー(ソプラノ)
 マリアンナ・ラデフ(アルト)
 アントン・デルモータ(テノール)
 ヨーゼフ・グラインドル(バス)
 ジークフリート・ボリース(ヴァイオリン)
 ヴォルフガング・マイヤー(オルガン)
 聖ヘトヴィヒ大聖堂聖歌隊
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1955年
 原盤:DG

● R.シュトラウス:4つの最後の歌

 リーザ・デラ・カーザ(ソプラノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1953年
 原盤:DECCA

● ブラームス:交響曲第2番ニ長調 op.73

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1956年
 原盤:DG

Disc8
● モーツァルト:レクィエム K.626

 テレサ・シュティヒ=ランダル(ソプラノ)
 イーラ・マラニウク(アルト)
 ヴァルデマール・クメント(テノール)
 クルト・ベーメ(バス)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン交響楽団
 録音:1956年
 原盤:PHILIPS

 カール・ベーム(指揮)

 クラムシェル・ボックス仕様

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
著作隣接権切れの音源をいろいろなレーベル...

投稿日:2018/02/23 (金)

著作隣接権切れの音源をいろいろなレーベルから拾い集めてボックス化してくれるので、使い勝手はすこぶるよろしい。問題は音質だが、アナログ風の耳触りのよい柔らかい音作りを志向していて、昔のLPレコードの音を思い出させる点が好評のようだ。情報量を多少間引きし、ダイナミックレンジもこじんまりとおとなしくまとめているらしいが、このセットのみを聞いている分には聞き疲れせず満足感を味わえる。しかし、正規レーベルから出ている同じ音源のCDと聞き比べると、化けの皮が剥がれるというのか、お化粧ぶりがわかるので、おやおやという気分になってくる。コストパフォーマンスで選ぶならVENIASが断然優れているけれど、音の純度を気にする場合は純正盤を選ぶことになるだろう。両者の音質の差をわずかな違いと考えるか、大きな違いと考えるかは、人それぞれ。著作権が50年から70年に延長されると、このシリーズもうまみが減って発売が難しくなるだろうから、今のうちに・・・

ROYCE さん | 神奈川県 | 不明

9
★
★
★
☆
☆
戦前戦後のベームの旧録音をVENIAS盤の聴き...

投稿日:2017/07/09 (日)

戦前戦後のベームの旧録音をVENIAS盤の聴きやすいモノラル録音できいてみる。 いま後期のステリオ盤も合わせてきいているので、モザールの「レクイエム」なんかはずいぶん印象が違うのでちょっと驚くが、やはりベームはベームなので武骨に音符を辿るその腰つき、足元は変わらない。もっともVENIAS盤はウイーン響、グラモフォン盤はウイーンフィルなので音色は全然違うけれども。 曲目はモザールは交響曲36番、41番、ベートーヴェンは9番、ミサ・ソレムニス、ブルックナーは4、5、7番など。全体的にはブルが一番つまらなくて、ベトのミサソレが一番感動的な演奏。オケはベルリン・フィルである。こういうのを耳にするとアーノンクール糞喰らえという気分になってくる。

あまでうす さん | Kagawa | 不明

7
★
★
★
★
★
第1集は全て持っているのでパスしたが、第2...

投稿日:2015/03/11 (水)

第1集は全て持っているのでパスしたが、第2集は比較的珍しい音源があり購入。私の持っていなかったものについて。ブルックナー7番は後年の演奏とはかなり違う。ブルックナー最美の旋律である第2楽章はなんと27分30秒かけて深くたっぷり歌い感動する。ベートーヴェン9番は極めてモダンな演奏で同時期のフルトヴェングラーと大変な違い。ただし、終楽章の独唱陣は古臭く、ヘルマンの歌いだしなどジョークかと思ってしまう。モーツァルトの36番、41番はベームのものではこれが一番好きだ。他は有名なものばかりだが、最もドイツ的な演奏である「ミサ・ソレムニス」(聖ヘドヴィヒ大聖堂合唱団の素晴らしさ!)、「4つの最後の歌」のマイ・ベストであるデラ・カーサの歌唱、ステレオ録音とは音楽の張りがまるで違うブラームスなど改めて感嘆せずにはおけない。音質は良くなったものがない代わりに悪化したものもないのでこれで充分だろう。一時廃れたイメージのあったベームが最盛期の演奏で再評価が進むのは嬉しいことだ。第3集のモーツァルト4大オペラも名演揃いであり、特に「コシ」と「ドン・ジョヴァンニ」はベスト演奏。お奨めしたい。

フォアグラ さん | 愛知県 | 不明

12

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト