Coyote キャパとゲルダ 沢木耕太郎追走 No.55(Spring2015)特集・旅する二人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784884183998
ISBN 10 : 4884183991
フォーマット
発行年月
2015年03月
日本
追加情報
:
159p;26

内容詳細

写真家ロバート・キャパと恋人ゲルダ・タローの隠された物語に迫った『キャパの十字架』の刊行から二年。
ふたたび沢木耕太郎がキャパを探す旅に出る。

時代を超えて今もなお輝き続ける写真家ロバート・キャパとゲルダ・タロー。
二人は旅する人だった。
彼らにとって旅とは何だったのか。
ノンフィクション作家・沢木耕太郎が追う。

2015年3月15日発売

travelogue
雨のパレルモ/北霊園/最後の一枚 16
文=沢木耕太郎 写真=ロバート・キャパ、沢木耕太郎

Robert Capa Photograps 写真=ロバート・キャパ 30

Gerda Taro Photographs 写真=ゲルダ・タロー 34

nonfiction
旅するキャパ 40
旅するゲルダ 56
文=沢木耕太郎

キャパとゲルダの足跡 軌跡と歴史 72

lecture
幻の丘を求めて 沢木耕太郎 78

book guide
今、明らかになるゲルダの肖像 96

Numbers tell a story
数字で見るキャパとゲルダ 98

book guide
沢木耕太郎とキャパの本 106
絵=赤井稚佳


for Readers 3

Photographer's Short Break 112

春の旅を彩る 113

travel writing
朝吹真理子
がっかりがっかり おくのほそ道 深川 120
絵=原裕菜

小倉博和と1852年のマーティン・ギター 128
文=松家仁之 写真=福岡耕造

TRAVEL WITH GUITARS
ギターとともに旅に出る 134

酔狂 黒田征太郎
懐かしい人 中上健次の巻 138

水草物語 池田晶紀
第8回 氷の魔鏡 142

最初の一歩 第55回
温又柔 絵=後藤美月 158

片岡義男 大瀧詠一追悼
物語はこのように始まり、
このように終わる
成瀬巳喜男をめぐる 第2回 148

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Sakie さん

    書店で「キャパの十字架」の隣に並んでおり、釣られ買い。「キャパの十字架」で鮮やかな印象を残したのがゲルダ・タローである。本名ゲルタ・ポポリレ。ロバート・キャパと一時期を共にした女性。彼女の足跡を追ったレポートを基に、沢木さんはゲルダに思いを巡らせる。ユダヤ人の運命、奔放な性格、岡本太郎との縁、キャパとのロマンスの香り、キャパにまつわる永遠に解かれないであろう謎。その謎ゆえにゲルダは私の心に引っ掛かっている。「キャパの十字架」の最後の写真も良かったけれど、この表紙の写真も素敵。

  • ☪ さん

    「たぶん、『冒険』の消失が旅の輝きを失わせ、写真の輝きを失わせることになってしまっていた。しかし、旅に『冒険』の要素が加わって、不意に旅が、写真が輝き出した。」(旅するキャパ)

  • abc さん

    ゲルダ・タローの名前は岡本太郎の名前をとったとする説。なんとも興味深いです。

  • ポン さん

    五月に発売される『キャパへの追走』が楽しみになりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品