本の雑誌 395号

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784860113575
ISBN 10 : 4860113578
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
追加情報
:
136p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takaC さん

    一年間に何冊の本を読んだかはある程度数が増えてくれば記録するだろう普通は。>ホリイさん。今の時代には読メみたいな便利ツールもあるしさ。

  • りあ さん

    文芸雑誌まで積み上がってきたので読み始める。広告まで文芸だと読み逃し出来る箇所がない←ふと、思い三月号から購読始めた本の雑誌。巻頭の本棚が見たい!は毎号圧巻。週刊新潮、文春の両編集長の話と三島由紀夫読むならこの十冊というのがメインだけど、沖縄の市場古本屋ウララの話やコラム、エッセイも豊富で楽しませていただきました(*^^*)バックナンバー買おうか悩み中…←

  • スノーマン さん

    センテンススプリングVSニューウエーブ、という物々しいものではないけれど、それぞれの現場の裏話は面白い。創刊編集者の対談がご高齢ですが、どちらもシャキッとしておられる!私はどちらの週刊誌も読む習慣がないのですが(図らずも駄洒落)毎週毎号発行するというそのエネルギーに感服。この10冊は三島由紀夫。一冊くらいは読んでみようか、、でも紹介を読んだだけでも何かすごく暗い気分になりそうな…(笑)同じ理由で太宰治も読んだことがない。この辺をスルーしておいて、趣味は読書と堂々と言えるのか自分。

  • 紀梨香 さん

    吉野朔美先生の連載でデビッド・ボウイの追悼をされていて、せつなくなりました。吉野先生の魂に合掌。

  • りょうけん さん

    今月の本の雑誌は週刊誌の特集で、おおむね「文春」対「新潮」のタタカイである。 サンデー毎日や週間現代もあるぞよ、とおっさらっれる読者諸兄には、そのニ誌は今や「お受験大学/高校対比一覧表的DB」化しているので、なにも紙や週刊誌である必要は無くなり、そのうちサーバー君に内蔵されてしまってお亡くなりになるであろう、という事ですので、何卒正しくご理解くだされましまし。 すまぬ。すまぬ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品