本の雑誌 384号

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784860113469
ISBN 10 : 4860113462
フォーマット
出版社
発行年月
2015年05月
日本
追加情報
:
176p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinkin さん

    特集:本の雑誌が選ぶ40年の400冊を読みたくて図書館で借りた。400冊の中で私が読んだことのある本はほんの数冊だ。いかに自分が思っているよりも本の量は半端なく多いことに改めて気づいた。そして気になる本も載っていてこれはメモした。創刊40年、この雑誌はほとんど読まないが40年間雑誌が続くということはすごいことだと思う。

  • takaC さん

    400冊特集(10人×40冊)はまたまた未読多数でなかなか悩ましい。40ページ増量なら価格も40円高と洒落て欲しかった。かな。

  • 壱萬縁冊 さん

    椎名誠「ぜいたくな四十冊」(66頁〜)。40年で40冊チョイスするのは苦しい。4百冊ならまだしも。同感。小生も年間平均2500冊ぐらいになると思われるので。紹介したい本だらけ(苦笑)。『ビーグル号航海記』は探検ものの名作。ヘディン『さまよえる湖』を読んだ椎名氏は、タクラマカン砂漠ロブノールへ日中共同楼蘭探検隊員として行っているという(67頁上段)。多くが外国人の本を邦訳したものを推薦されている。読む本がないと思う人は、読書メーターか本誌で何かを探すとよいだろう。

  • りあ さん

    2015年6月号、創刊40周年ありがとう特大号…そんで特集が「本の雑誌が選ぶ40年の400冊」…寄稿者の方々、お疲れ様でした(笑)普段より厚めな本号。巻頭の本棚が見たい!は椎名、目黒、木村、沢野各氏の写真…♡これだけで元が取れた…♡←おじさん3人組に北方謙三兄貴(おじさん3人組曰く)♡優しくて骨抜き←池澤春菜嬢の連載が終わってて(´・ω・`)となってたら平松洋子さんが加わった!号←三角窓口読んでて30年読んでます等の読者の投稿読んでるとひとりでも「羨ましい…」と口から出てきそうでした。50周年は見守る!

  • スノーマン さん

    平松さんの『そばですよ』私好みの連載が(笑)めっちゃ、めっちゃ美味しそうや〜!内澤さんの着せ替え企画も、スーツのイメージを出版社に例えるこの人たちが悲しいような笑えるような…。ところで私が本の雑誌に出会うきっかけとなった一冊の本は、椎名誠『岳物語』。それ以来、あらゆるジャンルの本の扉を開き続けてくれてることに感謝。これからも美味しいものが出てくる話、変てこりんな物語、妙なノンフィクションなど、他の書評雑誌では見つからないような本を紹介いただきたい(笑)祝、本の雑誌40年。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品