宮沢賢治・漫画館 3

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784267014086
ISBN 10 : 4267014086
フォーマット
出版社
発行年月
1996年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
229p;22

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Maiラピ さん

    とても不思議なお話<山男の4月>が好きだった。よだかの星、子どもの頃に読んで悲しいお話だなって思った記憶がある。でもこのよだかに賢治が自分を重ねていたと知り、心の病の息詰まるようにな、持って行き場のない高揚を感じて、苦しくなった。

  • Takao さん

    1996年10月1日発行(初版)。永島慎二の作品が収録されているので購入したのがかなり前。今回読み通してみて、他の作家の作品もそれぞれ味わいがあった。収録作品は、永島慎二「どんぐりと山猫」、山松ゆうきち「虔十公園林」、水野英子「貝の火」、飯野和好「山男の四月」、あすな・ひろし「よだかの星」。宮澤賢治はほとんと読んだことがないが、いつか読んでみたくなった。

  • coldsurgeon さん

    「山男の四月」、この物語の不思議さは賢治ワールドそのものなのだ。マタギ風の山男と薬売りの支那人の掛け合いの中で、異次元へ連れて行かれる読み手は、イーハトーブの地を体感できる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品