北欧の日用品 ずっと使いたい一生もの

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784767820019
ISBN 10 : 4767820014
フォーマット
出版社
発行年月
2015年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
183p;21

内容詳細

食器、家具、ファブリック、文具など、
名作やビンテージにとどまらず、
スーパーで手に入るエコバッグまで。
北欧を知り尽くした著者が
永く愛されている100の日用品をセレクトし、
ものにまつわるストーリーから、
生まれた背景などまでを紹介。
毎日を美しく暮らすヒントが詰まった
日用品の幸せな物語。

■著者
萩原 健太郎
ライター、フォトグラファー、京都造形芸術大学非常勤講師。
1972年生まれ。大阪府出身。関西学院大学卒業。
株式会社アクタス勤務、デンマーク留学などを経て2007年独立。
デザイン、インテリア、北欧、建築、手仕事などのジャンルの執筆を中心に活動中。
著書に「北欧ファブリック スタイリングブック」「写真で旅する北欧事典」(誠文堂新光社)、
「北欧デザインの巨人たち あしあとをたどって。」「家具と人」(ビー・エヌ・エヌ新社)、
「民藝の教科書」(グラフィック社)などがある。

【著者紹介】
萩原健太郎 : ライター、京都造形芸術大学非常勤講師。1972年生まれ。大阪府出身。関西学院大学卒業。株式会社アクタス勤務、デンマーク留学などを経て2007年独立。デザイン、インテリア、北欧、建築、手仕事などのジャンルの執筆を中心に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒデミン@もも さん

    食器は使い切れないないほど持っているから、これ以上増やさないと決めている。が、もしもどこかでオイヴァ・トイッカのカステヘルミ、アラビアのヘイニ・リータフフタのルノに出会ったら絶対に手に入れたいと思う。今すぐ欲しいのはイリス・ハンドバークの掃除道具。

  • majiro さん

    目の保養!(^^)

  • Keystone さん

    どれも素敵だけど、とりあえずは見るだけ。

  • ZEPPELIN さん

    北欧製の品々。デザインより機能性・実用性が気になる性格のせいか、100均で売ってそうだなと思ってしまうものも少なくない。値段についても、約7万円のテーブルランプなんて誰が買うのかと驚いてしまう。壊さないように気を付けるだけで疲れるんじゃなかろうか。それでもブランド志向の強い人はつい買っちゃうのかもしれない。北欧の物価の高さはよく耳にするけれど、これは確かに高いし、欲しいと思ったのはトランプくらい。どの作品も馴染みがないせいか、遠い異国を思い浮かべるにはちょうど良かった

  • ♪ さん

    デザインに定評のある北欧産の品々を紹介する本。北欧デザインといえば実用を兼ね備えつつスタイリッシュであること。本書で紹介してるものも、日用品とは言わず作品と呼べるようなものばかりだ。どれもステキだったけれどそこは北欧産、少々手が届き辛い。特に気になったものは、パオラ・スーホネンの火災報知器。蛾をモチーフにした意匠だが、色が鮮やかな緑色であることと、それを誰も火災報知器だなんて思わない(思わせない)デザイン性の高さが素晴らしい。ま、キッチンに置くかどうかで考えると、我が家は置かないかな(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品