人生の答えは家庭科に聞け! 岩波ジュニア新書

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784005008285
ISBN 10 : 4005008283
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
214p;18

内容詳細

「私に向いている仕事って?」「結婚って何?」「同性を好きになったらダメなの?」「衝動買いで大失敗!」…。人生の様々な場面で高校生やその家族たちが抱える悩みや問題を漫画で表し、それらを受けて家庭科のプロが生きるヒントや多様な視点をアドバイス。NHK高校講座「家庭総合」から生まれた、人生の決断を豊かにしてくれる一冊。

目次 : 1章 自分を知る/ 2章 人生はどう始まり、どう終わる?/ 3章 家族って何だろう?/ 4章 衣食のジレンマ/ 5章 支えあって生きる/ 6章 生活することが、社会を変える/ 7章 人生をデザインする

【著者紹介】
堀内かおる : 1963年生まれ。横浜国立大学教授。「自立」のための教科である家庭科の可能性を確信し、教員養成と家庭科に対する意識啓発に尽力。最近の関心は、高校生に対する出前の模擬講義

南野忠晴 : 1958年大阪府生まれ。府立高校で英語科教員として勤めながら家庭科で教員採用試験を再受験し、府立高校で初の男性家庭科教員の一人となる

和田フミ江 : 茨城県生まれ。漫画家・イラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鈴木松司(元・憂愁) さん

    【1回目】おもしろい。今年のトップ10入り候補。約30のテーマについて、見開き2ページのマンガ(高校生の悩み)について、講師が2ページでアドバイスするという体裁をとっている。全7章。中には、高校生が考えるには・・・、というシビアな問題も含まれている。これらのテーマに、独力で答えを出せる「大人」も、そうそういないだろう。この本は、「家庭科」は個人(生徒)の「今」を将来と社会(世界)とをつなげる練習問題と規定しているように思える。人生の「入り口」で出会いたかった一冊だけれども、今から学び直しても遅くないはず。

  • むつこ さん

    へー、NHKって高校生の家庭科の放送をしてたんだ・・・世間の「なんで?」が家庭科的に解説、若い世代に優しい説明で生きること、社会生活とはどういうことかを指南している。こんな先生や大人たちが教えてくれたら私の人生観もかわっただろうな。

  • サン さん

    読みやすい。高校生などの悩みが漫画で表され、そのあとに文章で解説、というパターン。わかりやすく、身近な内容で良かった。

  • かたばみ さん

    生活を営むにあたって必要なことをわかりやすく丁寧に描かれていておもしろかったです。漫画も読みやすかった。さらっとでもいいから中学生高校生に是非読んで欲しいな。将来が生きやすくなると思う。

  • ココユキ さん

    お悩みを見開き漫画ページで紹介し、次の見開きで先生が文章で答えてくれるという構成で、漫画の絵がとても見やすいのでスイスイ読めてしまう。悩み自体は誰でも想像できる身近な例ばかりで、自分の疑問や悩みに近いものを拾い読みしてもいいスタイル。でも私は個々の悩みが家庭科にどう繋がるか興味を持っていたので、「この悩みについては、家庭科で習ったこんなことからひもといてみましょう」みたいな導きが欲しかった。そもそも今の家庭科はどんなことを習うんだろう?昔と違うのかな?息子にきいてみよう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品