乙種4類危険物取扱者試験 平成26年〜24年中に出題された525問収録 平成27年版

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907589059
ISBN 10 : 4907589050
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
311p;21

内容詳細

平成26年~24年中に出題された525問を収録しています。

収録している試験問題をジャンル別に区分しています。
「テキスト」&「過去問」&「解説」を1冊にまとめています。
繰り返しの類題で、意識せずに暗記ができます。
ジャンル別に分類してあるため、頻出問題がひと目で分かります。
収録している「テキスト」は出題された内容のみであるため、短時間で習得できます。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • グレ さん

    H29年の昇任試験に出題⇒危険物保安監督者ば必ず選任せなんとは移送/給油取扱所、製造所、屋外タンク。逆に全く要らんとが移動タンク貯蔵所(ローリー)。保安距離と保有空地が要るとは製造所、一般取扱所、内外貯蔵所、屋外タンク。保有空地だけあらいいとが簡易タンク。指定数量以上の危険物も、消防長の承認ば受けら十日間仮貯蔵・仮取扱可能。だが、変更工事中の仮使用については市町村長等の承認ば受けな。いつか出るかも⇒さっちが予防規程の認可が要るとが移送/給油取扱所。逆に全く要らんとが簡易/地下/移動タンク貯蔵所と販売取扱所

  • グレ さん

    extinguishing facility=消火設備/施設。body inflating ratio=体膨張率。water vapor explosion=水蒸気爆発。small quantity of hazardous materials=少量危険物。Specific heat (capacity)=比熱=物質1gのtemperatureば1K or 1℃上ぐーとに必要な熱量。いろいろな物質中、4を超える水が最大である。独逸の技術者ルドルフ・ディーゼルがDiesel engineばinvent=発明

  • もすけ さん

    このシリーズの平成20年度版で勉強して合格しました。(勉強期間約1ヶ月)他の参考書や問題集はやらずにこれ一冊を何回も繰り返して勉強しました。年をとってからの資格取得なので、じっくりと取り組みました。この資格をとったからといって今のところ「お金」にはなっていませんが、将来は必ず役に立つでしょう。

  • ももやま さん

    あー、いかんいかん。とっとと合格して楽しい本を読まないと。人生は一度しかないのだ。

  • カオス さん

    危険物乙4の各項目に関する簡単な説明と、それに対応する過去問を並べた問題集。これ一冊やれば受かります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品