世界はシステムで動く いま起きていることの本質をつかむ考え方

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784862761804
ISBN 10 : 4862761801
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
357p;20

内容詳細

『世界がもし100人の村だったら』を生んだドネラ・メドウズに学ぶ「氷山の全体」を見る技術。株価の暴落、資源枯渇、エスカレートする価格競争…さまざまな出来事の裏側では何が起きているのか?

目次 : 第1部 システムの構造と挙動(基礎/ “システムの動物園”にちょっと行ってみる)/ 第2部 システムと私たち(なぜシステムはとてもよく機能するのか/ なぜシステムは私たちをびっくりさせるか/ システムの落とし穴…とチャンス)/ 第3部 システムと私たちの根底にある価値観に変化を創り出す(レバレッジ・ポイント―システムの中で介入すべき場所/ システムの世界に生きる)

【著者紹介】
ドネラ・H・メドウズ : 1941年〜2001年。化学と生物物理学(ハーバード大学で博士号を取得)を修め、その後マサチューセッツ工科大学(MIT)の特別研究員。1972年、『成長の限界』(ダイヤモンド社)の主執筆者として、限りある地球の人口と経済成長のダイナミクスを一般の人々に向けて解説。1991年、ピュー財団の保全・環境分野の研究者として認められ、1994年にはマッカーサーフェロー賞を受賞。1996年、サステナビリティ・インスティテュートを設立し、システム思考や組織学習を用いて、経済、環境、社会分野の課題に取り組む

枝広淳子 : イーズ代表/チェンジ・エージェント会長。東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。心理学を活かし、「自分や人を変える」技術を構築。講演、研修、執筆、テレビ出演ほか、企業の社会的責任(CSR)などのテーマで企業の変革コンサルティングを実施している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • T K さん

    読み進めるのに格闘したが最後の付録でおさらいできた。ストックとフロー、自己強化型とバランス型フィードバック。成長することで限界への到達スピードを加速させる結果になる事例が考えさせられた。

  • エリナ松岡 さん

    ピーターセンゲ著『学習する組織』はこんな内容だったような、と思ったら解説によると著者はセンゲの友人とのこと。やや抽象的な話が多く読後にすっかり理解したという満足感は得られないかも知れませんが、終始丁寧な説明なこともあり難解ではないと思います。▼何気に一番印象に残ったのは、システムを分析する際にシステムのインプット・アウトプットばかりに目が行きがちだけれども、現在のシステムの状態、つまりストックとフローのうちのストック部分を見落としがち、という所です。

  • イビサ さん

    以前読んで完読できなかったが、とりあえず読んだ本に登録します。 P20 ・インフルエンザのウィルスがあなたを攻撃するわけではない。あなたが自分の体内にウィルスが繁殖する条件を整えるのだ ・薬物依存症は中毒患者の過ちではない。…「中毒は、より大きな一連の影響と社会の問題の一部である」と理解してはじめて、問題への取り組みをはじめることができる。 ⇒つまりは、世界のシステムは人間の身体と同様に複雑怪奇で一面的な対策をうっても、根本解決にはならないという本

  • Hidetada Harada さん

    よかれと信じてやっている行為が、全体の動きを悪い方向に向かわせている可能性があるということ。PDCAを回す必要性を感じました。ちょっと癖のある文章のせいか、理解しきれていない感が否めません。もう一回読まなきゃいけないです。その価値はありそう。

  • Tenouji さん

    なんということだ…早く読めば良かった。システム思考の系譜は古く、私自身はジェラルド・ワインバーグに戻る。この本でも触れられてるBarry M.RichmondのSTELLA本も読んだ。この書の素晴らしい点は、システム思考の奥義をストレートに解説してるところにある。レバレッジ・ポイントで自己組織化よりも目標が上位にある点に唸る。「システムのビートを理解する」という言葉まで出てきて興奮する。そして最終的には善性が問われるのだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品