世界のごちそう 旅×レシピ 旅するシェフの料理修行日記

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784802200233
ISBN 10 : 4802200234
フォーマット
出版社
発行年月
2015年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
219p;21

内容詳細


いつか持つ自分のレストランではいろいろな国の料理を提供したい――若き日の本山シェフは各国の料理を学ぶために世界へ旅立った。

30ヶ国をめぐり、その土地で暮らす人々から教わったもの。それは自慢の料理のつくり方、そしてやさしさだった。

“全世界の料理をつくれるシェフ”が綴る料理レシピ取得旅の想い出。本山シェフの料理レシピも掲載。

【著者紹介】
本山尚義 : 1966年神戸市生まれ。「世界のごちそうパレルモ」オーナーシェフ。大学在学中に料理に目覚め、日本国内のレストランでフランス料理、インド料理、地中海料理、アジア料理などを修行。その間に世界30ヶ国をまわり、現地の人々と関わり合いながら料理を学ぶ。1999年神戸市東灘区に世界中の料理を提供することをコンセプトとしたレストラン「世界のごちそうパレルモ」を開店。厨房に立つ傍ら、食育・人権をテーマにした講演、セミナーを行うなど「料理をとおして人を幸せにする」ことを目標として積極的に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • fu さん

    神戸のレストラン「世界のごちそうパレルモ」のシェフが書いた世界の料理紀行。以前知人たちとこのお店に行く予定が、都合により行けなかったことがあった事を思い出した。世界の平和を料理に託す。いつかお店にごはんを食べに行ってみたいものだ。その時は食べてみたいものが多すぎて、何を食べたらいいのかきっとさんざん迷うことだろう。

  • 蘇芳 さん

    少し偏りもあるけど王道イタリア料理の変化球やまさかの食材などいろいろ趣向が凝らされていて面白い。

  • 中河敦夫 さん

    作者を知っているとちょっと恥ずかしい感じになるが この本を読んでいると深夜特急を読んでいた時や 兼高かおる世界の旅をみていたワクワク感が出てくる この本がまた料理旅行のバイブルになるんじゃないかと思うほどかなり面白い もちろん料理ができなくても旅の空気感がよく表れている一冊 面白いよ

  • しあわせひょうたんの宿 旅館水郷 岸田あつのり さん

    神戸で「世界のごちそう」と冠したレストランを営むオーナーシェフが、自分の店を開くまでを語ります。仏料理の修業から始まり、世界各国を旅しての味修行を経て店を開くのですが、バックパックを背負って世界を旅した部分が国ごとに詳しく書かれていて面白いです。間で紹介されている、とっておきのレシピも必見。『旅×レシピ』のタイトル通り、旅好きも料理好きも楽しめる内容です。ただし、「美味しそう」が頻発しますから、おなかが空いている時に読むのは危険です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品