リタと旅する。 日本のウイスキーの父「竹鶴政孝」を支えた妻

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784264033042
ISBN 10 : 4264033047
フォーマット
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
95p;17

内容詳細

生涯を日本で終えたリタの信仰と足跡を求めて、あなたも旅してみませんか?

目次 : 1章 旅のはじまり。(竹鶴リタ/ 100年前の国際結婚 ほか)/ 2章 大阪を旅する。(大阪での生活/ ふたりの住んだ街 ほか)/ 3章 鎌倉・小樽・余市を旅する。(きっと違って見えた横浜の港/ 夫婦に関する聖書の教え ほか)/ 4章 リタと旅する。(リタと戦争/ 政孝からのラブレター ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • チョビ さん

    エリーとリタは恐らく違う。リタは常にマッサンの隣人でありながら心は旅人だったんじゃないかな。写真も儚げでいつもどこかへ浮遊している感がある。その解消どころが信仰と余市の人々との交流という、恐らくスコットランドでやっていたことと同じことを意識的にしてたのかな、と思いましたね。父の故郷の隣町くらいの偉大なる素人、リタ。しかしミッシェル好きの私にとってはハイネケンの運び屋、それがリタなんだけどf^_^;。因みに父の兄(故人)はそんなど田舎で赤いキャデラックに乗ってました、うわ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品