こうして、思考は現実になる 2

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784763133922
ISBN 10 : 4763133926
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
283p;19

内容詳細

これは、「魔法」ではありません。誰もが身につけられる「スキル」です。お金の手に入れ方から、願いがかなう「言葉の使い方」まで、思い通りの世界を作り出すための具体的な方法。

目次 : 第1章 世界の「大嘘」を見抜き、思い通りの世界を手に入れよう/ 第2章 「思考は現実になる」を日常で活用するための九つの実験(「朝いちばんの力」の命題/ 赤い薬の命題/ 「自分の物語」の命題/ 「私はすべてを愛している」の命題/ 「お金の大嘘」の命題/ 新月からのメッセージの命題/ 予言者の命題/ プラシーボ効果の命題/ 「やった!月曜日が来た!」の命題)

【著者紹介】
パム・グラウト : ニューヨークタイムズ・ベストセラー作家

桜田直美 : 翻訳家。早稲田大学第一文学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • めしいらず さん

    誰でも幸せでいたいけれど、いつでもそれを邪魔しているのは、自分自身の思考だけ。こんなの望んでいないと不満を募らせる日々を、わざわざ自分で引き寄せている。不平不満を得々と語る者には、不平不満な出来事しか見えない。同様に、感謝の眼差しには、人の心の豊かさばかりが映る。誰の周囲にもいるだろう苦手な人は、目を逸らしたい自分の弱さを映す鏡。思い込みやお仕着せの常識から自由でいよう。毎朝必ず「今日は人生で最高の1日だ」と言おう。日々の見え方が一変する。私は自分の人生をどんな風に見たいのか。ただそれだけを問われていた。

  • ぱんにゃー さん

    【度合い】 訳者あとがき:『(いくつか訳者自身の実験報告のあと) もちろん、どれも偶然だと言われれば、確かにその通りです。でも、どうせ出来事が同じなら、「いやあ、引き寄せちゃったよ」と信じたほうが、前向きで楽しい人生が送れるのではないかと思うのです』 私もそう思っています(^ω^)

  • ナミのママ さん

    前作と同様、今回も全部の実験を時間をかけてやってみました。効果が出ないように感じたり、納得できないものは、戻って再度の試行。…。私はこういう本は、必ず書いてあるとおりに、まずは実行してみます。実行した結果、それでも疑問ならそれで終わりにすれば良いと思うし、買ったからにはとにかく信じてみること、と思うからです。今回もほぼ、本のとおりの結果がでました。海外ならでは?著者の性格?笑えるような楽しい実験も良かったです。ただし、スピリチュアルや心理の本は他人に勧めるものでもないとも思います。

  • 壮の字 さん

    単なる自己啓発本ではない。むしろ「自分で自分を啓発するな」「自分で勝手に決断するな」「自分がいちばんよくわかっていると思い込むな」と言っている本である。『1』同様、世界の見方を変えようって内容。ムリして変えるわけではない。むしろ変えない今の「見方」にこそムリがあるんだな、と思わせられる。まずは朝一番の習慣を変えよう。スマホ目覚ましの音楽は、本書おすすめのボブ・マーリーの「三羽の小鳥」に替えた。♪怖くない、だいじょうぶ、すべてはうまくいく♪←毎日ハッピーに過せそうではある。ははは、啓発されてる。単純...

  • ちゃわん さん

    面白い。1よりも更に解りやすい内容だと思った。引き寄せは毎日のように意識しているつもりだが、今回は本書の中の数字に関するものを試してみた。実験開始からわずか数時間で結果が出た。調子に乗って、今度は自分の誕生日を意識する。おやつに食べた”おにぎりせんべい”の賞味期限が自分の誕生日だったのには笑ってしまった。そしてこの本、読みたいと思っていたら、娘の学校の図書室で見つけて娘の名で借りてもらった。引き寄せ、やり始めると本当に面白くてやめられない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品