いのちのかぞえかた

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784805109618
ISBN 10 : 4805109610
フォーマット
出版社
発行年月
2010年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
56

内容詳細

映画「おくりびと」の脚本家と「まってる。」のイラストレーターの日仏合作絵本。様々な数字を、自分にそっくりな「彼女」の成長を通してみていくことで、人体の不思議や生きることの素晴らしさが胸に迫る1冊。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • る*る*る さん

    1人の女の子の人生を数字で語る。具体的に数で表すと、やっぱりわかりやすい。1日を大切に過ごそう✴︎最近、ようやくのんびりペースの仕事&家事に慣れてきたよ。

  • あっちゃん さん

    カワイイ彼女と私を比べてみる。"1才までに140リットルのよだれをたらします。" 数字で綴られると一生が短く感じてしまうなぁ。笑っている時間は18週間 泣いてる時間は16ヶ月…こんなに差があるなんて!20才までに1500人の男性と出会い 787回嘘をつく…"生まれてきた赤ちゃんを安心して育てられる国は193ヶ国のうち、65ヶ国しかありません。"これが印象的。

  • 木崎智行 さん

    「人が◯人死にました」ではなく「1人の死が◯回あった」と考える。こういう話を聞くことは多い。でも、「1人の死」が持つ意味がわからなければ、それはタダの言葉遊びに過ぎない。1人の一生に何が起こるのか。それが想像できて初めての「1人の死」なのだと思います。それがわかるのがこの本。人の生に関するスケールと奇跡。これを、共通言語としての数字で解き明かします。

  • 片腕の雨巫女。 さん

    生まれて、生きてる間の、色んな出来事とそれに関するデータ、なんか感動するやら、ショックやら、微妙に複雑な本。

  • ふっかー復活委員長 さん

    昔、この本のようなナレーションから始まるNHKのドキュメンタリーを見たような記憶がうっすらとある。人間の一生って不思議。それにしても、1歳までに140リットルのヨダレを垂らすって、本当に(笑)?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品