皇位継承と宮内庁 「平成天皇家の苦悩」から「皇位を巡る歴史ドラマ」ま 別冊宝島

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784796643290
ISBN 10 : 479664329X
フォーマット
出版社
発行年月
2004年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,192p

内容詳細

徹底シミュレーションで見えた“皇統断絶”の深刻。愛子女帝誕生か、旧宮家の皇籍復帰か。本書では問題の核心、無責任官僚の巣窟「宮内庁」の病巣に迫り、皇室のあるべき姿を考える。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • OnStack さん

    一、天皇には国民が与えられる基本的人権がない。結婚、発言、職業、投票の自由がない。戸籍も姓もない。日本国民が天皇と捉えられる。裁判を受けないし起訴もしてはいけない。二、男子の世継ぎが必要。周りのプレッシャーも強い。宮内庁は役人の出向先みたいになって質も落ちてる。三、天皇の仕事は、書類の認可や国会開会など。専用の畑などある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品