基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784796640572
ISBN 10 : 4796640576
フォーマット
出版社
発行年月
2004年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,204p

商品説明

古武術研究家・甲野善紀による古武術研究指南書。
「身体改善」と「スポーツへの幅広い応用」を売りに、素人でも「古武術」を簡単にマスターできるよう、写真とイラストで「健康促進のための情報」をわかりやすく解説。漫画家・井上雄彦との「古武術の理論」についての対談を収録し、「古武術の発想法」「古武術の体の理想像」を語りつくす。

内容詳細

「武術」の伝承者甲野善紀と「宮本武蔵」を描く井上雄彦が解き明かす本当の武士道がわかる本!!甲野善紀の武術写真解説つき。

目次 : 第1章 剣豪、宮本武蔵とは何者か(バガボンドの武蔵と井上雄彦の世界/ バガボンドに込められた「誠実なもがき」 ほか)/ 第2章 武術の奥義、スポーツの技(剛力の技で相手を崩す武術/ 瞬速の技で翻弄する武術 ほか)/ 第3章 常識にとらわれない武術の発想法(身体づくりは「いかに楽をするか」/ 上達には努力も才能もいらない ほか)/ 第4章 武士、豪傑たちの勝利学(武士だけが持つ命を賭した美学/ 殺す覚悟と死ぬ覚悟 ほか)/ 第5章 新しい武士道の生き方(マニュアルを捨て自分を貫く/ 自分に嘘をつかない人生を見つける ほか)/ 武術で覚醒するカラダ

【著者紹介】
甲野善紀 : 武術家。1949年、東京都生まれ。78年、武術稽古研究会「松声館」を設立。体術、剣術、抜刀術、槍術、杖術、手裏剣術などに通じ、古来の武術的身体操法を体現すべく、技と術理の探求を行う。固定的な支点を作らない「ねじらない、ためない、うねらない」身体の使い方を提唱し、近代スポーツ界への応用も積極的に提唱。2003年10月、武術稽古研究会を解散し、スポーツ界にとどまらず音楽、舞踏、介護など、より広い分野との積極的交流を始めている

井上雄彦 : 漫画家。1967年、鹿児島県生まれ。熊本大学を中退後、98年に『楓パープル』で手塚賞受賞。翌年『カメレオンジェイル』(『少年ジャンプ』集英社)にて週刊連載にデビュー。その後、完全版を含め国内で1億冊を超えるセールスを記録した『スラムダンク』(『少年ジャンプ』集英社、90〜96年)、オンラインコミック『BUZZER BEATER』を連載(96〜98年)。漫画以外では、雑誌のコラム連載、バスケットボールシューズのデザイン、CMの演出、ゲームソフトのキャラクター制作などの様々な分野で才能を発揮している。現在、『週刊モーニング』(講談社)にて『バガボンド』連載中(98年〜)、『ヤングジャンプ』(集英社)にて『リアル』不定期連載中(99年〜)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tatsuya さん

    武士道の話が中心で、ウエイトトレーニングの問題点やスポーツ指導の理不尽さにも触れている。身体を使って考えるセンスがある人の見極め方が面白かった。センスがある人は、絶えず自分の感覚でより良い動きはないか、と手探りしている。自然にあるいは、意図的に武術的な動きを実践しているという。スポーツ指導の現場で悪い指導者は、基本が大切という名の下に無駄な練習ばかりしており、工夫がうまくいっても指導者の嫉妬から潰してしまっている。武術的な思想を学んで指導に取り入れたら面白そう。

  • Yukicks さん

    武術とは何かがわかる。バガボンドもう一回読んでみよう。

  • 無月斎 さん

    この出会いからバカボンドの戦いの書き方が変わり、おもしろくなった。常に今の自分が一番だと言う感覚は羨ましい。臭いものに蓋を閉めずに自身でたどり着いた境地なんだろうな。たしかに今は日本を延命しているだけ、それで20年を過ぎてしまった。だから古きを見直すのは重要だと思えた。

  • ヨクト さん

    剣豪達にまつわる小話がてんこ盛り。武士道から現代の身体の動きや概念、スポーツの考え方などを井上さんと甲野さんの対談形式で搭載。新しい武士の生き方の章では目から鱗な考え方がなされていて興味深かった。

  • くにお さん

    武術家・甲野善紀をテレビで見かけて、びっくりして手にしてみた一冊。スポーツにおける「基本が大事」という基本を覆してくれた。負荷をかけないで最大の効果をあげるのが最強で、ウェイトトレーニングなど不自然な体を作るだけだと言ってくれた。実際著者の体格は武術家という名前から想像するようなマッチョマンからは程遠い。そんな著者と『バガボンド』で宮本武蔵を描いている井上雄彦氏との対談。現代人が忘れてしまった、昔の達人が無意識に極めようとしていた、まだ科学化されていない人間の身体の不思議に気付かされる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品