庭園美術館へようこそ: 旧朝香宮邸をめぐる6つの物語

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309255576
ISBN 10 : 4309255574
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
追加情報
:
119p;20

内容詳細

014年11月、リニューアル・オープンする東京都庭園美術館。
本書はリニューアル記念として刊行される美術館読本。
旧朝香宮邸を巡る6つの物語は、新しい未来への物語の序章に……

内容(「BOOK」データベースより)
1933年。東京・白金に、ある家族のための洋館が誕生しました―朝香宮鳩彦王・允子夫妻がフランスから取り寄せたのは、アール・デコの粋。それから80年以上の時を超え、生まれ変わった庭園美術館は新しい物語を紡ぎます。作家、漫画家、音楽家の6名による、旧朝香宮邸をめぐるアンソロジー。

【著者紹介】
朝吹真理子 : 1984年、東京都生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科国文学専攻前期博士課程修了。大学院在学中、文芸誌『新潮』編集長に勧められて小説を書き始める。2009年、処女作の「流跡」を『新潮』に発表し、小説家デビュー。同作で10年、第20回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を史上最年少で受賞する。11年、3作目となる「きことわ」で第144回芥川賞を受賞

福田里香 : お菓子研究家。福岡県出身。武蔵野美術大学卒

小林エリカ : 1978年東京生まれ。作家・マンガ家。2014年「マダム・キュリーと朝食を」(集英社)で第27回三島由紀夫賞候補、第151回芥川龍之介賞候補。クリエイティブ・ガールズ・ユニット“kvina”としても活動

ほしよりこ : 1974年生まれ。関西在住。漫画家

mamoru : 1977年大阪生まれ。ハーグ在住。「聴くこと」から知りうる世界をテーマに「THE WAY I HEAR」と題し、様々なロケーションで過去‐現在‐未来/架空の「音風景」を実際のリスニングや、インタビュー、資料リサーチによってテキストに書き起こし、レクチャーパフォーマンス、テキストスコア、展示などの形で発表

阿部海太郎 : 1978年生まれ。東京藝術大学と同大学院、パリ第八大学第三課程にて音楽学を専攻し、その頃から実験映画や舞台に作曲で参加。近年は、舞台、映画、ドラマなどの音楽制作のほか、アーティストやアートディレクターなど他ジャンルのクリエイターの作品制作に音楽で携わることも多数。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みーなんきー さん

    私は、この美術館が好きで、よく1人でぶらぶらする。静かで、部屋のどこの部分を切り取っても、よくデザインされていて本当に良い気分になれます。ベルサイユのような絢爛豪華ではなくて、シックな様子。しかも、外観はそれ以上に普通で、当時贅沢を許されなかった庶民にも配慮したのではないかな、と思う。当時の内親王達の息づかいが聞こえそうな展示も多数あり。

  • 和草(にこぐさ) さん

    いつか行こうと思っている庭園美術館の短編集。なんとなく裏側や旧朝香宮邸を知ることができたので、楽しみにして行ってみようと思います。

  • 秋津 さん

    リニューアルしたことを知りませんでした。

  • Kazunori Uchiyama さん

    先日、白金台の庭園美術館に行ってきた。改装後で四半世紀ぶりくらいの2度目。改めてアールデコの美しさに見惚れた。この本は、庭園美術館の歴史など幾つかのエピソードを収録していて、行く前、行った後に読むと、より楽しめる。

  • Mana さん

    7月18日から9月23日まで、アール・デコの邸宅美術館展をやるので、予習を兼ねて読んでみた。6人の作家、漫画家たちが食とか、音楽とかそれぞれのテーマで旧朝香宮邸についてエッセイや漫画や作曲(?)を載せている。ちょっとそれぞれの章に関連性がないというか、全体を通しての説明が何もないのが少し読みにく。朝香宮邸建設の経緯とかは簡潔にまとまっていて分かりやすくてよいと思う。本文中で朝香宮の王女の書いた本も紹介されているので、詳しく知りたければそっちを読んでも良いかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品