小繋事件

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784004100591
ISBN 10 : 4004100593
フォーマット
出版社
発行年月
1970年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
212p;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬縁冊 さん

    2013年版を使用。1964年初出。当地では、山とは木の生えているところであり、野とは草の生えている土地(36頁)。東北の農民運動家、小堀喜代七(80頁)は知らなかった。村特有の入会権。裁判になったようだが、当時の裁判所は、形式主義であったのを著者は批判される(154頁)。今も事務的なのだろうか? 国民裁判員制度は皆無の時代で、権力と農民の関係は想像するに今よりも一方的だったのだろう。175頁に1955年に機動隊が当該村に入る写真。警察や検察が農民への落とし穴を掘って落ちたらザマミロ的なもの(191頁)。

  • Taq Asaq さん

     小繋。盛岡から県北へ伸びるIGRいわて銀河鉄道に、そんな駅があったああと、その程度で手に取った本。恥ずかしながら、事件のことについては、まったく知らなかった。小繋で起きた、山の入会権をめぐる、壮絶な、それはそれは壮絶な司法闘争の記録なのだ。法学を学んでいる人にとっては有名なのかもしれないね。というと法律の本のようだが、全く違う。俺の筆力では、残りの字数で内容と感想をまとめることができない。とにかく、めっちゃくちゃ面白いのだ。欲、得、プライド、怒り、因習、全てがないまぜのすさまじい本!それしか言えない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品