変身 他一篇 岩波文庫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003243817
ISBN 10 : 4003243811
フォーマット
出版社
発行年月
1970年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,144p

内容詳細

ある朝目ざめると青年ザムザは自分が1匹のばかでかい毒虫に変っていることに気づいた。以下、虫けらに変身したザムザの生活過程がきわめて即物的に描かれる。カフカ(1883‐1924)は異様な設定をもつこの物語で、自己疎外に苦しむ現代の人間の孤独な姿を形象化したといえよう。20世紀の実存主義文学の先がけとなった作品である。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆっこ さん

    虫として生活していくことを受容すると共に、自分らしさ人間らしさを失っていく変化に気付き対峙するグレゴールの苦悩。家族の幸せを願う自分らしさが、外見の変化により一度は薄れたものの、家族の苦悩を暗闇から見つめることで、逡巡しながらも、消失を選択する家族への愛情。一度薄れた家族の絆も、ラスト父母妹のシーンには間違えなくグレゴールも加わっていた。断食芸人の我が高潔さを保持していく断食への執念には、頭が下がります。人の目や世間の肩書きなんかクソ食らえ。断食している所以は、この世界に美味たる魅力がないからです。

  • 西野友章 さん

    明らかにカフカは、断食という精神の行為を否定的に描いている。あるいは逆説的に描いていると思った。そうするしか仕方のない、あるいは生き方がわからない人に対して、世間の理解が低すぎると訴えているのかもしれないと思った。また、世間の関心は、断食という精神世界よりも、豹のような、なんでも食べる精悍でわかりやすい肉体にすぐに飛びついてしまう、無分別への警告なのかもしれない。あるいは、断食芸人は、断食芸としての生き方に確固たる信念のもと死を迎えたことは、書くことでしか評価されないカフカの分身かもしれない。。

  • 絹恵 さん

    彼は毒虫になっても人間性を失うことはなかったようにみえた、これは彼の家族への愛が証明していると思います。では人間性を失ったのは彼らのほうではないだろうか、例えかたちのない愛が尊くとも人はかたちに惑わされる、これは本能なのかもしれません。彼と家族の交差しない思いが寂しく宙を舞い、そのやるせなさが痛かったです。これは変身であり変心だと思います。

  • シュラフ さん

    「断食芸人」を読んだ。意味不明である。断食芸人なる男がいた。40日間にわたって人前で断食をするというのがこの男の芸らしい。昔は大人気だったが、今となっては人は振り向かず、檻の中の藁にうずくまって、その存在は人々に忘れ去られ、そして死んでゆく・・・。いったいなんなのだろう。そもそも断食なんて芸のうちに入るのだろうか。人々が見向きもしないのは当然である。いや、この男は断食という行為を通じて世に自身の存在を叫んでいるんだ。今日テレビで必死に一発芸を披露して人気者になっては消えていく芸人たちの姿がダブってくる。

  • nbhd さん

    「君は君の不幸の中で幸福なのだ」と、友人のブロートがカフカを評したのに似て「断食芸人は断食の中で幸福」なわけで。<苦しむ>といった行為が、その人の信念とか矜持に絡んでいると厄介なものになる。とりわけ、そのまわりの人たちにとっては…再読でそんなふうに感じた。タイプ的にはシモーヌ・ヴェイユなんかも、断食芸人に近い印象があって、ときに周囲をひやひやさせていたのではないかとおもう。とすると、熱湯風呂に落とされたりするリアクション芸人は現代の断食芸人か…でも、あれにはお約束があるし、共犯者がいるし、ちょっと違う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品