作曲技法マスターシリーズ(2)変奏曲変奏

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784938986032
ISBN 10 : 4938986035
フォーマット
発行年月
2000年03月
日本
追加情報
:
207p;26

内容詳細

目次 : ■第1章:変奏法概要 / ●主題・動機 / [1]主題 / 主題例1〜11 / [2]動機 / ●変奏 / [1]簡単な変奏曲作曲 / リズム分割、音型装飾の小課題 / 簡単な民謡による主題例1〜6 / [2]変奏の方法 / 1)音型変奏(フィギュレーション) / 1.旋律の音型変奏 / 2.伴奏部(バス、内声)を装飾、音型化する / 3.和声声部に代理和音を用いたり挿入和音を挟む / 4.リズムを変更する / 5.旋律線の動きを要約、リズムを散漫化する(マイナスのフィギュレーション) / 6.音型変奏に付随して変更され得る諸ファクター / 2)動機変奏 / 1.変奏のための動機を作る方法 / 2.音楽の流れの中への動機の配分 / 3)和声変奏 / 1.代理和音 / 2.挿入和音、前部付加和音 / 3.上記の1.2による他調借用 / 4.代理和声進行 / 5.終止形の交換 / ◇短調の2度の和音 ○2について / *特殊な代理和声進行 / *和音設定について / ●和声変奏小課題 / 4)模倣変奏 / 1.単純模倣 / 2.カノン変奏 / 3.フーガ変奏、フゲッタ変奏、フガート変奏 / 5)変奏に於ける各声部、音域の扱い / 6)書法のまとめ / A.鍵盤楽器上で / B.鍵盤楽器上と、他の楽器(弦楽器、管楽器、室内楽)を用いる際との書法の違い / ■第2章:鍵盤和声理論=変奏曲作曲実習への予備知識 / ●旋律音を細かく動かすにあたって注意すべき事柄 / ●和声規則の緩和 / ●伴奏書法について / 使用音程の上限、下限 / ■第3章:変奏曲作曲実習 / ●変奏と非和声音 / 1)経過音 / 小課題 / 2)刺繍音 / 小課題 / 3)倚音 / 小課題 / 4)逸音 / 5)掛留音 / 6)先取音 / 7)二重刺繍音、二重倚音、三重刺繍音、三重倚音 / 8)複声の一本化 / 小課題 / 9)二音間のバッテリー(ニ音間の往復反復) / ●音型変奏予備実習 / 経過音を用いた音階的旋律にバスをつける実習 / 旋律リズム分割(フィギュレーション)の実習 / ●リズム分割のための二声課題 / a.8分音符+経過音 / b.8分音符+刺繍音(+経過音) / 1.単刺繍音 / 2.二重刺繍音 / c.8分音符+倚音(+経過音、刺繍音) / 1.単倚音 / 2.二重倚音 / d.16分音符+経過音 / e.3連音符+倚音(+経過音、刺繍音) / ●二重倚音 / ●自由リズム分割(音価制限は外さないが、すべての非和声音、スケール、アルペジオを用いる) / ●自由リズム分割課題 / 1.8分音符主体のリズム分割 / a.大きい音価主体の主題(2分音符、全音符、付点2分音符) / 1.和声的飛躍を多く含むもの / 2.音階進行を多く含むもの / b.大きい音価にやや小さい音価が加えられた主題 / 1.和声的跳躍を多く含むもの / 2.音階進行を多く含むもの / c.やや小さい音価主体の主題(4分音符) / 1.和声敵跳躍を多く含むもの / 2.音階進行を多く含むもの / 16分音符主体のリズム分割(同上課題による) / 3連音符主体のリズム分割(同上課題による) / 自由リズム分割(音価の制限をも外して完全に自由なリズム分割を行う) / [1]変奏のための準備作業 / 1.主題の還元 / 2.予備的加工 / 3.和音操作 / [2]作曲家による主題 / [3]学習変奏曲の構成について / ■第4章:変奏曲作成および解説 / ●変奏曲を作るための注意点 / 主題 / 変奏 / 著者による変奏曲主題と変奏曲の作例 / 後期ロマン派の変奏法 / ■あとがき / ■【コラム】 / 和音記号の読み方 / 室内楽の中の変奏楽章 / モーツァルトのはじめての変奏曲 / 眠れぬ夜のために ゴルトベルク変奏曲 / 変奏作曲法が作曲家に提示する課題 / クラリネットに見せられた作曲家 ウエーバー / パガニーニのカプリース第24番 / スペインのフォリア / ショパンの変奏曲 / 近代フランスの変奏曲 / 近代ロシアの変奏曲 / 古典主義者 レーガー

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品