モーヴァン BOOK PLUS

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048973045
ISBN 10 : 4048973045
フォーマット
発行年月
2003年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
301p;19

内容詳細

ある日、台所で「彼」が自殺しているのを発見する。死体をロフトに置き、日常生活を続ける「私」。S・モーム賞を受賞した作家の処女作。

【著者紹介】
アラン・ウォーナー : 1964年、スコットランド生まれ。本作品は、処女作にてサマセット・モーム賞を受賞。BBCフィルムズで映画化が決定。二作目は「These Demented Lands」。三作目の「Sopranos」で大ブレイク。この作品は、早くもハリウッドでの映画化が決まっている。現在、アイルランドのダブリンに在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    モーヴァンは21歳の主人公(女)の名前で、この小説の語り手でもある。物語の主要な舞台は、スコットランド北西の辺境の港町(少なくても地図からはそう見える)オーバン。クリスマス前に始まり、ほぼ1年後に幕を閉じる。一種のロード・ノヴェルといった感もある。小説作法はコーク・マッカーシーに似ていると言えば、まあそうだ。抒情の質も重なるように思う。モーヴァンは思索することがない。ただ、感じるだけのようにも見える。語るのは彼女の聴いている音楽だろうか。そうであるようにも思う。スコットランド新感覚派パンク文学なのだろう。

  • ヘラジカ さん

    モーヴァンは、周囲の人間と同じ自由奔放・自堕落な生活を送っていながら、どこかがズレている女性。その行動や感じたことは一人称で淡々と記されている為ズレは目立つ形では見えないのだが、彼女は間違いなく異質な存在である。狂気と言うと少し違うが、明らかに危ういバランスの上に成り立っている脆さを感じる。この小説は、そんな現代の『異邦人』とも言うべきモーヴァンをひたすら即物的に描いた作品である。大して面白くもないし、好みでもないのだが、止め難い魅力があって一気に読まされてしまった。読み易いのに難物という不思議な小説。

  • カミソリ さん

    片田舎のスーパーで働く少女、モーヴァンは、自宅で自殺している彼氏を発見する。彼が「出版社に届けてくれ」と書き残した小説を、彼女は自作として持ち込み、それが出版社の目に留まることになる。自分を囲む世界から外に出たいとぼんやり願うモーヴァンの、冷めきらぬ心がとてもいい。ただ、一人称小説なのに心理描写がほとんどない。それが面白い。モーヴァンの一挙手一投足から彼女の心情にまで手を伸ばしながら読み進めるのがたまらなく面白かった。寂しくもあり、滑稽でもあり、ユーモラスでもあり、儚い。とても美しい小説。

  • ねこたぽんた さん

    Amazonのレビューでみんな書いてる通り彼氏が自殺したところから始まりストーリーは淡々と進んでいくんだけど、モーヴァンに感情が無いわけではないと思うね。一回読んだだけではわからないモーヴァンの心理状態もあったけど、もっとじっくり考えながら読めば理解できそう。ラストに向けての情景の表現は綺麗で好きだなぁ。私は語彙力が無いので上手く表現できないけど心で感じ取りました。これはいい本です。

  • hikarururu さん

    サブカルや渋谷系という言葉が身近に溢れていた20歳前半の多感な頃に読みました。もう、モーヴァンが、カッコよくて大好きで、憧れて、モーヴァンのやり方に共感し解った気でいました。今思うと、若かったな。と少し照れます。 映画のサマンサ・モートンが、最高なモーヴァンを演じていたのを思い出します。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品