モモ My Dear Dog

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784104163021
ISBN 10 : 4104163023
フォーマット
出版社
発行年月
2000年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ななし さん

    私も幼い頃犬を飼っていたので、色々と感じることが多い。犬は人間よりも早く歳を取る。それでも、記憶の中では小さい頃一緒に遊んだ姿のままだ。主人公の女の子とモモが私と故愛犬に重なり、涙が溢れてくる。

  • ササミ さん

    図書館にて読了。おーなり由子さん、昔から大好きでした。主人公と飼い犬の切なくも優しいお話。

  • ハミング♪♪@LIVE ON LIVE さん

    ワンちゃん、かわいい♥モモっていう名前も♪最初の細やかな仕掛けがワクワクする☆どんなときでも変らず接してくれる存在の大切さ・・・♥それが、当たり前になると、どんなに幸せなことかって、気づかない。失って、初めて気づくときには、その存在の大きさと同じくらいの悲しみに打ちひしがれる。切なくて、哀しい。。。だからこそ、大事なものを失うたびに、「今度はもっと大切にしよう!」って思うのかな?そして、強く、優しく、温かくなるのかな・・・?!愛おしい気持ちを心の中で温め続けたい☆

  • しおり さん

    小さい頃から一緒に育ってきた犬が、先に年老いて弱っていく姿を見るのは寂しい。掌に収まる程に小さかったコが大きくなって、元気に駆け回り嬉しそうに駆け寄ってくる様子、年老いて足腰が弱くフラフラと、でも必死に歩く姿。大切なのは何気ない日常の中で一緒に過ごしてきた日々。大事な家族の一員を失う悲しみと、共に過ごす楽しかった日々を鮮やかに思い出して涙した。

  • 姫咲 さん

    愛犬の一生。直接的な「死」は描かれていないが、年老いていく愛犬の姿・・犬を飼ったことのある人なら、絶対に心に来るものがある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品