ミステリ・オペラ 宿命城殺人事件 下 ハヤカワ文庫JA

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150308124
ISBN 10 : 4150308128
フォーマット
出版社
発行年月
2005年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,579p

内容詳細

探偵小説『宿命城殺人事件』の列帖装本と、善知鳥良一の手記とおぼしき折本には、50年の時空を隔てた世界をつなぐ昭和13年の不可解な出来事が綴られていた…。“この世には探偵小説でしか語れない真実というものがあるのも、また真実であるんだぜ”―人間消失、列車消失、三重密室、ダイイング・メッセージ、暗号、見立て殺人、仮面の男…本格探偵小説のあらゆるガジェットを投入した第2回本格ミステリ大賞受賞作。第55回日本推理作家協会賞受賞。

【著者紹介】
山田正紀 : 1950年生まれ。明治大学政経学部経済学科卒。74年、SFマガジン誌上に『神狩り』を発表して作家デビュー、同年の星雲賞を受賞する。以後、『弥勒戦争』『宝石泥棒』(星雲賞受賞)といったSF作品をはじめ、冒険小説やミステリなど、幅の広い作品を精力的に発表し続けている。82年『最後の敵』で第3回日本SF大賞を受賞。『ミステリ・オペラ―宿命城殺人事件』で、第55回日本推理作家協会賞受賞。第2回本格ミステリ大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yucchi さん

    昭和13年の満州と平成元年の東京が、なるほどそう繋がるんだ。いやあ壮大な物語。ただ終わり方はちょっと消化不良だった。 そして解決編でいろいろ有り過ぎて私がそれを回収しきれてないという体たらく。誰かわかりやすく教えて!偉い人!

  • 魔魔男爵 さん

    見事に本格ミステリとして結末付けます。この長さだと無駄な描写や薀蓄があるものだが、無駄は無く、全てが計算されつくした見事な本格ミステリ。ミステリの全てのガジェットが登場する、ミステリ版「ハイペリオン」 。童謡見立て殺人等の幼稚な推理小説が、人類史に存在しなければならない理由を訴える、文芸評論的歴史認識の究極のミステリ。

  • CCC さん

    すごい厚みだった。ページ数じゃなく−−それもあるけど、何より内容が。書くべきは書き尽くされていたと思う。アクロバットを重ねながらも最後はしっかりと着陸、そういうところに著者の本気度を感じる。

  • トリプルアクセル さん

    久々に超大作を読んだ充実感でいっぱい。予想を上回る大傑作だった。上巻において冗長で不要と思われた部分も必然性があったりするなど、大風呂敷は見事に回収された。「この世には探偵小説でしか語れない真実というものがあるのも、また真実であるんだぜ」という台詞が、深く記憶に刻まれる作品だった。並列的な事件と解決編の書き方も、探偵小説であるための必然だと解釈した。評価:95点

  • karatte さん

    このラストは評価分かれるだろうなあというのが第一の感想。とはいえ"昭和"への鎮魂歌ともいうべき壮大なオペラであるのなら、これくらい恣意的である意味"甘い"結末でもむべなるかな。「それはお伽噺だ」と言いかける古海を遮り、強い口調で黙が言う「これは探偵小説なのです」の真摯で切実なる響きは、五十年の長きに亘り書き継がれてきた"歴史"の重みに重なる。 あと、555頁の「あなた」がどうしても気になる。直前の"古海さん"を荻野目の誤植と読むべきなのか、さもなければ頁を捲っている読者を指してでもいるのか……?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品