ベトナム雑貨と暮らす

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309265711
ISBN 10 : 4309265715
フォーマット
出版社
発行年月
2002年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,127p

内容詳細

今、ベトナム雑貨に世界の熱い視線が注がれている。アオザイ、バッグ、ミュールなど身に付けるものから、箸、漆器、グラスなどの食器まで、衣・食・住のスタイルをオール現地取材。暮らしにまつわるエピソード満載。

【著者紹介】
石井良佳 : ベトナムの魅力にとりつかれ東京外国語大学在学中の92年よりホーチミン市総合大学に留学。引き続き当地で総合商社に勤務し日本企業の誘致などを手掛ける。また学術調査や料理、美術などの取材を通訳コーディネート。その間97年末に帰国するまで、ベトナム人家庭で生活。現在、日本、ベトナムをはじめアジア諸国の習慣、言語の繋がりに関する研究にたずさわるかたわら翻訳者として活動中。東京外国語大学ベトナム語学科卒業。九州大学法学部修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Jk さん

    かわいい本かと思ったら意外としっかり書かれていた。

  • あらたま さん

    アオザイ(アオが「服」でザイが「長い」)が清朝以降という事は書いてあっても、それ以前の民族衣装への言及や、アオザイ風上着(アオタオ)のタオが「船」を意味し、「アオタオ」は中国本土から船でベトナムへ来た人間(中国人)を指す隠語でもある、とまで書いている雑貨本は少ないと思う。写真が可愛い本は他にもあるでしょうが、これは稀少。

  • sawa さん

    ☆☆☆ 行ってみたい国。ベトナムの物って、和物とも洋物ともしっくりくるのがいい。(図)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品