ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784878933424
ISBN 10 : 4878933429
フォーマット
出版社
発行年月
2003年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27×32cm,141p
27×32cm,141p

商品説明

身寄りのない老人が遺した「非現実の王国で」と題された奇妙な絵物語。93年「パラレル・ヴィジョン」展で世界に衝撃を与えたダーガーの、天真爛漫と残酷邪悪が並置する物語の抄録と挿絵、マグレガーによる作品分析を収録。


ヘンリー・ダーガーの物語絵 カラー図版39点収録(見開きで257×618ミリ)
ヘンリー・ダーガーの小説「非現実の王国で」ストーリー収録
アメリカ精神医療芸術研究の第一人者、マクレガーによる評伝・作品論

内容詳細

子供を奴隷にする残虐な大人たち、グランデリニア軍との死闘を繰り広げる七人の少女戦士、ヴィヴィアン・ガールズの物語。

目次 : 1 非現実の王国で抄(王国の風景/ 戦争に突入した世界/ ダーガー、筆者として戦争の恐怖を語る/ ジャック・エヴァンス、ヴィヴィアン・ガールズを救出する ほか)/ 非現実の考古学―ヘンリー・ダーガーの世界(部屋/ 人生/ 王国/ 失われた写真 ほか)

【著者紹介】
小出由紀子 : 早稲田大学卒業。(株)資生堂勤務を経てインディペンデント・キュレイター。企画展に「ビル・トレイラー 彼はブルースを描いた」展(ザ・ギンザ・アート・スペース、1992年、アール・ブリュット収集館、1993年)、「アート・インコグニト」展(アール・ブルュット収集館、1997年)、「生の芸術」展(京都文化博物館、1997年)など。編書に『アート・インコグニト』『アドルフ・ヴェルフリ 揺篭から墓場まで』(藍風館)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ダーガーが好きと公言するのを躊躇してしま...

投稿日:2018/12/30 (日)

ダーガーが好きと公言するのを躊躇してしますのは何故だろうか? 見てはいけないものを見てしまった背徳感と理に適ってない「美しさ」を自分が嫌なのだ。 彼自身が8人目のガールズであり、その人生こそが「非現実の王国」そのものだったと思う。

Joe さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちゃんただキノコマン さん

    幼少期のトラウマやコンプレックス、孤独な生い立ちから産まれた産物。本来なら、人々の目に付かぬまま、この世から消えていたかも知れない小説。不思議で危うい、しかしどこか儚げな、そんな世界を、彼は孕んでしまったのかもしれない。しかし、だからといって彼が天才とか異常とか、そういうのではなくって、ただの人間なのかも知れないね。だって、俺たちだってそういうのを考えてしまう可能性だって、あるじゃないか。

  • 片瀬 さん

    身寄りのない老人ヘンリー・ダーガーが人知れず書き上げた長編小説『非現実の王国で』(ここではほんの一部を掲載)。神への確固たる信念を抱き、闘うヴィヴィアン・ガールズ。子どもを奴隷にし、涜聖と残虐の限りを尽くす暴徒・グランデリニアン兵に立ち向かう少女たち。独特なタッチで描かれる挿絵には、可憐な少年少女、不思議な生き物「ブレンゲン」、絢爛たる楽園、血みどろの殺人風景が……。きっと、造物主として「王国」を司ることは、彼にとってこの上ない悦楽だったのでは。たとえ、それが孤独と引き換えに手に入れた賜物だったとしても。

  • カラシニコフ さん

    これは、世界だ。これは、もう一つの世界だ。これは戦争だ。これは闘争だ。これは絶望だ。これは希望だ。 ★★★★★ これは、愛だ。

  • Koki Miyachi さん

    言葉では説明できないヘンリーダーガーの脳内世界。何ともシュールで、普段あまり使っていない部分を刺激してくるような感じがたまらない。

  • tom さん

    80歳くらいで救貧院で死んだ男が生前、掃除夫の仕事を終えた後、自分の部屋にこもって書き続けた少女たちの戦闘物語画集。誰とも付き合わず、彼の人生のほとんどは、この画集を描くために費やされたらしい。物語部分は、極端に大部。色彩は華やかなのに、ちぎれた身体の山。なんともおどろおどろしい。精神科医は、彼にどんな診断名をつけるのか興味津々。それにしても、こういう人生を送ることができた時代がアメリカにはあったんだ。今の時代ならどんな生活してたのだろうと、いろいろ想像してしまう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品