フランス映画史の誘惑 集英社新書

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087201796
ISBN 10 : 4087201791
フォーマット
出版社
発行年月
2003年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,251p

内容詳細

リュミエール兄弟による映画の発明から、ルノワールら巨匠たちによる往年の傑作、映画の革命ヌーヴェル・ヴァーグ、近年の大ヒット作「アメリ」まで、フランス映画の歴史をコンパクトに紹介する最良の1冊。

【著者紹介】
中条省平 : 1954年神奈川県生まれ。学習院大学文学部フランス文学科教授。パリ大学文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • コットン さん

    知らずに再読しました。本のタイトルが『…映画の誘惑』ではなく『…映画史の誘惑』とするあたりのセンスとひと味違ったアプローチがさすが映画好きの中条さんらしい。映画初期に活躍したメリエスさんは多重露出、フェイドアウト、オーバーラップ、スローモーション、コマ落とし、カラー(彩色)といった映像技術を開発して、映画芸術の可能性を探求したそうです。そうした人たちのおかげで、映画を楽しめるんだなぁ…と思います。

  • コットン さん

    フランス映画の歴史が年代をおって興味深く書かれている。私的にはブニュエル『アンダルシアの犬』、カルネ『天井桟敷の人々』、ブレッソン『スリ』、ヒッチコック=ホークス主義者と自ら称していたヌーヴェル・ヴァーグの監督達などが面白い。

  • Tetsuharu Hanazaki さん

    100年以上前にフランスで始まった映画史。ものすごく面白い。 映画監督ジャン・ルノワールの作品「ゲームの規則」のセリフから始まる。  「この世界には恐ろしいことがひとつある。それは、すべての人間の言いぶんが正しいということだ」 このセリフは、多様性を理解する上の基本的な価値観だと恐ろしいほど感じます。 世代を超えてたくさん紹介された映画で、著作権の切れた古い映画はYouTubeなどでも鑑賞できます。オススメは、セシル・デミル監督「チート」です。

  • りょう さん

    最近、映画を見るようになって、映画史を押さえておきたいなと思い読書。といっても見るのは大体アメリカ映画だけれども(笑)『映画はフランスで始まりました』で始まる本書。え、映画ってエジソンの発明でしょ?ノン、今の映画のカタチはフランスから始まったのです。映画の始まり→フィルム・ノワールの登場→フランス映画黄金時代、詩的レアリスム→ブレッソン『ゲームの規則』→映画の革命、ヌーベル・ヴァーグ!(ここでゴダールの登場)→ポスト・ヌーベル・ヴァーグとその後、という流れでフランス映画史100年余りを俯瞰できます。

  • zumi さん

    便利です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品