バレエ・ストレッチダイエット 1回8秒、1日でシルエットが変わる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062741521
ISBN 10 : 4062741520
フォーマット
出版社
発行年月
1970年01月
日本
追加情報
:
21cm,126p

内容詳細

バレエのポーズはキレイな体への最短コース。バレエの基本の立ち方やストレッチを、誰もがチャレンジできるようにやさしくアレンジしたレッスンで紹介。バレリーナのキレイの秘訣がたくさん詰まった1冊。

【著者紹介】
宇田渚 : 東京都生まれ。パーソナル・コーチ。3歳でバレエを習い始め、高校卒業後、ダンサー、インストラクター、振付師として活動を開始。一時、俳優の石坂浩二氏が主宰する劇団に所属。1987年に渡米。ニューヨークでダンス修業をスタート。1988年、ミュージカル「CATS」のオーディションに受かり、「週刊文春」の今年の90人に紹介されるなど、注目を浴びる。ニューヨークでは日本のTV番組や雑誌・新聞のリポーターも務める。バレエを介して日米のアーティスト、エグゼクティブとの交流も深く、人脈は幅広い。2001年、東京に拠点を移し、ニューヨークで学んだ東欧・ロシアのバレエ理論に基づいたプロポーションづくりのプログラムを構築、カルチャースクールなどでバレエ・ストレッチダイエット教室を開催。講演活動や個人指導も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kei Kikuchi さん

    私は装うことが大好きです。なぜ装いに心を奪われるのでしょう。一言で言えば、単純に「カッコよくありたい」ということです。私が身に付けるものはすべてが洋服です。そして同じ服を身に付けるのならば中身がよいに決まっていて、バレエダンサーの佇まいがとびぬけて綺麗に見えます。そしてそれは西洋で育まれた舞踏ですので、洋服とも相性が良いでしょう。バレエのポワントは天への憧れの表現だと聞いたことがあります。月に触れたくて、星空に焦がれている私はこの本で優雅な動きを手に入れて、天へ、月へ、星へ近づくことができるのでしょうか。

  • こなつ さん

    いかに高く脚を上げるか、やわらかく体を曲げるかではなく、体をまっすぐに保つこと。「まっすぐ」をきちんと守ってムリなく続けられて必ず嬉しい結果が出る。バレリーナは体の中心部の筋肉を鍛える。体をまっすぐに保つための筋肉。女性だったら子宮のあたりを強くする、というイメージで、鍛えても外からは筋肉質には見えない。バレエは常に体を引き上げるように訓練。真っ直ぐに立つための中心部の筋肉が鍛えられると、体の重みを上半身で支えているから、下半身が太くならない。

  • haru さん

    あープリエとかやってたなあ、懐かしいなあ、ぐらいの…笑 内容は正統派で初歩的、これならネット上の情報でもいいかな。とはいえ意識の引き締めにはなった。美しくありたい。

  • マブ(´ω`)HOLIDAY さん

    キレイの可能性がどんどんひろがる!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品