ネクサス 薔薇色の十字架刑 3 ヘンリー・ミラー・コレクション

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784891767730
ISBN 10 : 4891767731
フォーマット
出版社
発行年月
2010年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,459p

内容詳細

最愛の妻モーナと芸術家ステイシャ。彼女たちとの奇妙な共同生活の中で、若きミラーは雄大な構想の小説を書き続けてゆく…。ミラーは悪魔を辱め、真実を語る。自伝的3部作、完結篇。

【著者紹介】
田沢晴海 : 1951年、東京、品川に生まれる。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、早稲田大学講師。専攻、二十世紀英米小説(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 星屑の仔 さん

    作者自身の青春時代の孤独と廃頽を感じた。作品が売れなく自身の才能や存在意義さえ見いだせない部分と、大切なものを悟り何を書き何を表現すべきか知りえた部分と、大きく分けて2パートに分かれると思う。前者は、いかにも空虚で自分自身何も持っていない存在のように書かれているが、実際は「書きたいもの」「表現したいもの」「目指すべき方向性」沢山ありすぎて見いだせていないのに対し、後者は、ある程度の名声もお金も手に入れたのに、創造すること自体への忌避が感じられる。作者自身ずっと満ち足りない人生を過ごしてきたのだろうか。

  • mak2014 さん

    ヘンリー・ミラー自伝的三部作を読み終わる。ミラーが長編小説を書き上げ妻と共にヨーロッパに旅立つところで終わるのだが、そのためか『セクサス』『プレクサス』で感じた静謐さと異なり、溜まったエネルギーが今にも爆発しそうな予兆を感じた。新潮文庫版でかなり昔に読んだ『北回帰線』『南回帰線』も水声社版でいつか読みたい。水声社のヘンリー・ミラー・コレクションはとてもすばらしいが、『ネクサス』では誤字・脱字、注釈の間違いが見受けられたのはちょっと残念。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品