サルビア東京案内

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894443297
ISBN 10 : 4894443295
フォーマット
出版社
発行年月
2004年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
17cm,125p

内容詳細

東京の、これまではあまり馴染みのなかったいくつもの街。谷中、神田、神楽坂などを訪ね、東京の「和」を感じられる場所やお店を案内する。素敵な景色や建物、おいしいもの、粋な雑貨などがいっぱい詰まった1冊。

【著者紹介】
セキユリヲ : やわらかくあたたかく、前衛的な図案を考えるグラフィックデザイナー。「サルビア」ではその図案を使った洋服や雑貨、本づくりなどを手がける。ほかには雑誌『みづゑ』のアートディレクションや、書籍の装丁、パッケージデザインなど。1970年生まれ

木村衣有子 : 日常をよぎるもろもろの物事を、丁寧に書き記す文筆家。1975年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ダリヤ さん

    ひっそりとこきゅうをしながら、とうきょうのながれのはやいとけいなんてしらんかおでじぶんのとけいでせいかつをしているばしょやおみせがしょうかいされている。しゃしんやセキさんの図案もすてきだけれど、木村さんのことばがなんともここちよい。まちやおみせのくうきをなんてここちよくことばにしてくれるんだろう。ちょっとしたおでかけでも、まるでりょこうだったり、またはそこでせいかつしているようにたのしむよゆうをつくって、この本にしょうかいされているおみせだったりにあしをはこびたいとおもう。

  • ゆりまま さん

    東京に行ったらウロウロしたい谷中や神田や神楽坂の古本屋や甘味屋などがすてきな写真やイラストで紹介されています。 レトロな雰囲気を何度でも眺めたい本です。

  • てぶくろ さん

    ★★★☆☆ スケッチから図案が生まれる過程がおもしろかった。

  • ワカ・シラタマ(16) さん

    装丁に惹かれて借りました。とにかくおしゃれ。竹久夢二の作品を集めたページや、セキユリヲさんのパターンのページは大変目の保養になりました。コレクションとして手元に置いておきたいです。

  • よっしー さん

    まあ、この二人の東京案内ですから、ステキですわな〜。ああ、行きたくなった。セキユリヲさんが、どのようにパターンの案やパターン作りをしているのか、少し知ることが出来て、良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品