クリスマスの天使 講談社文学の扉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062115964
ISBN 10 : 4062115964
フォーマット
出版社
発行年月
1970年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,157p

内容詳細

クリスマスほど楽しいときはないはずなのに、不気味な害虫害獣駆除屋があらわれてから、ぞっとするようなことばかり。ネズミを退治するはずだったのに、いつのまにか、自分の命をおびやかされることになるなんて…。

【著者紹介】
アヴィ : 1937年、アメリカ・ニューヨークに生まれる。子どもや若者向けに数多くの作品を発表。『星条旗よ永遠なれ』『シャーロット・ドイルの告白』でニューベリー賞オナーブック、『ポピー』で1996年度ボストングローブ・ホーンブック賞など、数々の賞を受賞

金原瑞人 : 1954年、岡山県に生まれる。翻訳家、法政大学社会学部教授

塩田雅紀 : 1969年、東京都に生まれる。創形美術学校卒業後、フリーのイラストレーターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミーコ さん

    図書館のクリスマスコーナーから取った1冊。ネズミの絵が可愛くって ほんのりしたお話かと思いましたが 内容は中々ヘビー❢ 両親が忙しいのは分かるけど 子供にとって孤独ほど寂しいモノはないと思います。私まで1人ぼっちの子供になった様な気分に陥りました。 中々の探検家のエリック ドキドキ ハラハラ楽しめましたが アンジェは不気味でしかありませんでした。

  • うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同) さん

    せっかくのクリスマス休暇なのに遊ぶ友達がいなかったエリックは暇を持て余していました。そんな時現れたのが不気味な害虫害獣駆除業者のアンジェ。地下室で偶然ネズミを発見したエリックはネズミを駆除するためにアンジェに手を貸しますが・・。クリスマスまでの恐怖の一週間を描いた物語。結構ハラハラドキドキで楽しめました。★★★

  • (*^-^*) さん

    本の題名に惹かれて図書館で借りました。もっと柔らかい話と思いきや…怖い!!何故この題名!?と思いながらあとがきまで読んでやっとスッキリしました。スッキリしたけど幾ら退屈でもこんなクリスマス嫌だぁぁ(笑)

  • 冬 さん

    夢じゃない、ちょっとひねった展開、ダークさが面白かった。「退屈」だった少年の好奇心と勇気で起こった小さな奇跡みたいな。

  • ふわり さん

    児童書。 面白い!!いろいろな展開を迎えて、 最後は予想外の展開に! アンジェラが不気味だし、 エリックは無鉄砲で心配だし、 広くて暗い地下室がまた不気味。 そんなに何度も地下室に行かなくても。 アンジェラといつ出くわすかもしれないのに!と、ハラハラしました。 あとがき、必見です。 ガブリエルって!そういうことかぁ!!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品