エグザイルス・ギャング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784487793877
ISBN 10 : 4487793874
フォーマット
出版社
発行年月
1998年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,353p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まめ さん

    ハードボイルドな裏社会エッセイを期待して読み始めたら、とんでもなかった。ここまで赤裸々に自分のことをさらけ出しているなんて。まず、間違えて官能小説を買ってしまったと勘違いする程に濃いSM体験談で幕が開ける(ちなみに著者はMに目覚めた)。その後は、まとめると「アルコールもドラッグもセックスもギャンブルも最高!だってハッピーだろ?未来のことを考えるより今この瞬間を楽しもうぜ!」という感じ。確かに凄まじいエネルギーを持っているんだろうけど、住む世界が違いすぎて全くついていけない。ただ、男ともだちとの友情は素敵。

  • タケヒロ さん

    とにかく現実とは思えないほどすごい描写のオンパレード!

  • サードアイ さん

    何度目かの再読。自身のバックパッカー時代を想い出し、今の生活とのギャップに何となく手に取り読み直す…。著者の振り返りながらのそれぞれにまとめられた各章には熱い想いが詰まっていて、共感や憧れ、嫉妬や友愛を思う。 その中でも最後のページの一枚の写真に、今も青く春を想う…。痛々しいほど胸に響いた。

  • ハセタツ さん

    作者と周囲の人達を書いた自叙伝の様なものらしいが、とにかく面白くなかった。作者を含め、登場人物がつまらない人間ばかりだからなんだろう。日々の生活に目的も思想も何もない、ただ漠然と生きているだけ。「人生は楽しければいい」なんて言ってみたりしているが、全く楽しめている感じがしない。つまらない人生を無理やり楽しいと言い聞かせているような気がする。私はこんなに中身のない人生を歩みたくない。

  • ミハティー さん

    名著、ハリスさんの自叙伝『エグザイルス』の続編のようなもの。ハリスさん自分をさらけ出し過ぎや…女性関係で悩むハリスさんは知りたくなかったとも思ったけど男友だちについての述懐は本当に楽しそうだと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品