ウルトラマンはなぜシュワッチと叫ぶのか?

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784840216685
ISBN 10 : 4840216681
フォーマット
発行年月
2000年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
204p;19

内容詳細

実は一度も「シュワッチ」と叫んでいなかった!!では、なぜこれほどまでに「シュワッチ」が深く浸透しているのか。今や二世代にわたって支持されるウルトラマンの真実を、ウルトラマンに生きた男、河崎実が解き明かす。

目次 : 第1章 ウルトラマンは「シュワッチ」とは言っていない!/ 第2章 ウルトラマンは六人いた!?/ 第3章 中曽根雅夫とはどんな人だったのか?/ 第4章 「シュワッチ」の影の生みの親は永井豪/ 第5章 もうひとつのウルトラシリーズの歴史/ 第6章 高度なギャグ世界としての『ウルトラマン』/ 第7章 ウルトラマンが地球人を救う本当の理由は何か?/ 第8章 ウルトラマンのかけ声には黄金率がある!

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • momogaga さん

    ウルトラマン世代でした。夢中で見ていて、叫び声や散りばめられていたギャグには関心が無かったですね。大人になって知る真実は、思い入れが深かったため新鮮な驚きでした。”真実は細部に宿る”とはこういう事かな。

  • たくのみ さん

    記憶の隙間お埋めします、という本。ウルトラマンの叫び声「シュワッチ」を縦糸に、あの時代を知る人には懐かしい、パロディーマンガ、流行、派生した商品の話題が横糸として並ぶ。ウルトラ48声とまで銘打つ、全作品の声分析。そして、読みどころは「ウルトラマンは6人いた」。特に声優・中曽根雅夫氏のエピソードは熱い。何度も再利用されつつ、表舞台にたつことなく業界を去った氏を、懐かしく語る田中信夫さんも素敵だ。

  • 天使の奇跡 さん

    著者のウルトラマンへの熱意が伝わった。 ウルトラマンのエピソード秘話、ギャグの話は改めて感心。 スプーンの変身シーンを覚えてる人が近くにいたことに感心。 自分がウルトラマン世代であることに改めて納得。 面白い作品です。

  • かー さん

    著者のウルトラマンへの愛情が実に濃く伝わってきた。あんまりウルトラマンを知らない私でも楽しく読めるし、本編(特に円谷英二監督が直接メガホンを取ったという2編)を観たくなった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品