あまちゃんファンブック 2 おら、やっぱり「あまちゃん」が大好きだ!

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594069452
ISBN 10 : 4594069452
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
追加情報
:
207p;21

内容詳細

大好評の「あまちゃんファンブック」続編となる第2弾がついに発売!
漫画家・青木俊直さんが描く「本日のあまちゃん」や木俣冬さんによる「週別おさらいレビュー」も最終話までを網羅します。
「おら、このシーンが好きだ! 」アンケートでは名場面の写真を多数掲載。
また「あまちゃん、ありがとう! 」の感謝を込めて、プロアマ総勢50名による「あま絵」を一挙公開!
「あまロス」が癒されること間違いなしの保存版となる一冊です。

<収録内容>
・青木俊直「本日のあまちゃん」絵
・木俣冬「週別おさらいレビュー」17週〜最終週
・アンケート「おら、このシーンが好きだ! 」Part2
(YO-KING/HISASHI(GLAY)/水道橋博士/能町みね子/うめ/吉本浩二etc.)
・対談 プチ鹿島×ダイノジ大谷ノブ彦「オレたちのあまちゃん論」
・鼎談 中野翠×亀和田武×坪内祐三「宮藤官九郎は“平成の河竹黙阿弥”である!?」
・寄稿――豊崎由美/湯浅学/天久聖一/オシキリシンイチ/まついなつき/生島淳
・あまちゃん、ありがとう! 「あま絵」ギャラリー
(折原みと/江口寿史/斎藤岬/寺田克也/島本和彦/海野つなみ/ひうらさとる etc.)
・スピンオフマンガ「潮騒のメドレー’70」松田洋子
・妄想炸裂マンガ「勉さん」なかはら・ももた
・特集「おら、ミズタクが大好きだ! 」(シラトリユリほか)
・“勉さん講座”参加リポート(松田裕子)
・北三陸 お絵かきオフ会リポート(安田理央)
・勝手に「あまちゃん」検定 ……ほか

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • したっぱ店員 さん

    楽しみに待ってた続編。あま絵が思ったより多かったけど、なかなか良かった〜。あま絵を見て涙ぐむ自分に気付き、我ながらちょっと引いた・・(汗)。

  • ジロリン さん

    このシリーズは作品への「好きだ」が溢れてる所がいいですね。そして、あま絵が盛りだくさん(ドラマ放送期間中は、マンガ家の皆さんのツイッターが凄いことになってたらしい)。しかし、能年さんはホントに描きにくい顔なんでしょうね。雰囲気でなく、造形としてきちんとマンガ絵で描けてるせんちゃんは、さすが元祖美少女マンガ家(元祖か?)。でも寺田氏の腹黒ユイちゃん、インパクトありすぎ。試合に勝って勝負に負けた感じ…ってなんの試合やねん。島本先生が予想外(失礼!)にうまい。意外と前髪クネオ画が少なかったのが残念(笑)

  • Kemmel さん

    『おら、「あまちゃん」が大好きだ!』につづくファンブックの第2弾。 "「あま絵」ギャラリー"が一番の見所かな? 絵師の方々が好きなシーンや登場人物を自由に描いていて見てて楽しいです。 ドラマ終了からちょっと間が空いての刊行でしたが待たされた甲斐がありました。

  • booooklyn さん

    みんなのあまちゃんへの愛と考察がものすごい。やっぱりまた観たいなあ。私は「純と愛」の途中から朝ドラを身始めて今のも観ているけど、「あまちゃん」は異色だったんだなーと再確認。(「カーネーション」もみたことあって、あれは異色ではないけどすごく好きだった)はまった理由の一番は能年玲奈だけど、他のキャストも小ネタもストーリーも強烈だよなあ。「萌え」という言葉の意味を真に理解したのは水口(松田龍平)のおかげです。笑 眼福ユウコさんのミズタクの絵にみとれました。。

  • のんこ さん

    あま絵が多いためか、マンガ家のファンが多かったドラマだと実感。 私が好きな映像作品では、音楽、大人数、小ネタが重要ポイントだと再認識。 サントラも欲しくなる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品