「マエストロ、時間です」 サントリーホールステージマネージャー物語

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784636944808
ISBN 10 : 4636944801
フォーマット
発行年月
2017年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19

内容詳細

華やかなステージの裏にある、もうひとつの舞台―。オーケストラの影の立役者は、ステージマネージャーだった!岩城宏之、堀俊輔ら指揮者の信頼を得、カラヤンに付き添った著者が、自身の仕事からサントリーホール誕生秘話、そして音楽家たちの素顔まで語り尽くす!

目次 : 第1章 マエストロに囲まれて(小澤征爾さんの「おれん家どこだ!」/ マーちゃん ほか)/ 第2章 サントリーホール誕生秘話(多目的は無目的/ ミュンシュの「ヨイショ、ヨイショ」 ほか)/ 第3章 ステージマネージャーという仕事(これ、ぶっこわしちゃおうか/ ステージにはドラマがある ほか)/ 第4章 ステージマネージャー閑話(GHQチャペルセンターの頃/ 米や食券を持参してのコンサート ほか)/ サントリーホール三代のステージマネージャー座談会

【著者紹介】
宮崎隆男 : 昭和2(1927)年東京生まれ。戦後のGHQチャペルセンターでの、現N響メンバーによるティータイム室内オーケストラにスタッフとして参加。昭和26(1951)年近衛秀麿氏のオーケストラ設立にともないステージマネージャーとなり、近衛管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団のステージマネージャーを務め、昭和61(1986)年4月サントリーホール初代ステージマネージャーに就任。平成3(1991)年のサントリー退職後は、水戸室内管弦楽団ステージマネージャー、紀尾井ホール・ステージアドバイザーに就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みみこ さん

    読もうと思っていながら何年も経っていた本にたまたま出会えて良かった。ステマネさんはやはり並の人間ではできないと改めて確認。

  • とす さん

    サントリーホールに通っていたことを思い出しながら楽しく読むことができた。指揮者やソリストとの思い出話もいいが、ステマネ三人の対談がとにかく面白い。

  • kobayo さん

    気配りの仕事に尽きると思った。サントリーホールに行きたくなった。

  • FJ333 さん

    ステマネさんがどのような範囲で仕事しているのかを知れて興味深かった。楽器・楽譜集めから切符の手配までしているとは(今は少し違うのかもしれませんが)。純アマオケのステマネさんの仕事とは違い、収益面を考慮することも含め楽団またはホールの運営を支えているのですね。サントリホールの成り立ちや、ホールの構造の話もあり楽しく読めました。

  • FJ333 さん

    ステマネさんがどのような範囲で仕事しているのかを知れて興味深かった。楽器・楽譜集めから切符の手配までしているとは(今は少し違うのかもしれませんが)。純アマオケのステマネさんの仕事とは違い、収益面を考慮することも含め楽団またはホールの運営を支えているのですね。サントリホールの成り立ちや、ホールの構造の話もあり楽しく読めました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品