Bob James

Bob James (ボブ・ジェームス) レビュー一覧

Bob James | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

39件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ジャズのメインストリーム?の人たちには毛嫌いされて...

    投稿日:2018/03/23

    ジャズのメインストリーム?の人たちには毛嫌いされていたCTIレーベルの音を代表する名作。(おそらく、クラシックをフュージョン化した諸作の中でも、今聞いてもあまり古く感じない名作かと)。ドアノッカーにこだわったジャケットのデザインも2ndと並びなかなか恰好が良い。LP時代にはなかなか迫力も有ったな。「涙のカノン」の不思議なひんやり感が発売当時高校生だった自分にとてもはまり、(最初はLPが買えずシングル盤を買いました)、カセットテープ一本まるまるに続けてダビングして受験勉強中、何度も何度も聞いていました。「はげ山の一夜」も迫力あるアンサンブルでなかなか聞かせます。  

    nasso さん

    0
  • LPでB面2曲目(CDで5曲目)は三昔ほど前にニッポン放送...

    投稿日:2010/06/18

    LPでB面2曲目(CDで5曲目)は三昔ほど前にニッポン放送で土曜の夜にやっていた「ハローゴローラブラブラブ」のエンディングテーマ。 たまたま地元のテレビ局TNNで使われていたのではがきで問い合わせたらこの曲と教えてくれました。

    mansaku さん |40代

    0
  • 初めて聞いたのが30年くらい前?名作ですね。兎に角聞...

    投稿日:2010/05/30

    初めて聞いたのが30年くらい前?名作ですね。兎に角聞く値のあるアルバムですよ。

    kowanko さん |50代

    0
  • 1986年録音。このアルバムも時代の産物。その当時...

    投稿日:2009/10/08

    1986年録音。このアルバムも時代の産物。その当時最先端を行っていたのだろうがもはや陳腐化している。アール・クルーとの競演作のようなアコースティクなBobに魅力を感じる。無機質に聞こえてしまう。

    ngttshr さん |50代

    0
  • 今までの路線とは異なったアルバム。このアルバムのコ...

    投稿日:2009/08/22

    今までの路線とは異なったアルバム。このアルバムのコンセプトはどこにあるんだ。特徴がないのが特徴。このアルバムでボム・ジェームスは何をやりたかったのか理解不能。何か音楽的な迷いがあったのだろうか。彼の魅力が出ていない。発売当時良く聞いていた自分も理解不能。

    ngttshr さん |50代

    0
  • 予約して購入しました。1stアルバムから最近のアルバ...

    投稿日:2009/04/24

    予約して購入しました。1stアルバムから最近のアルバムまで、若干の 偏りはありますが、ほぼ全ての時代のボブ・ジェームスの音を追うことが 出来ます。ヒップホップのネタとして頻繁に引用された曲などは、初めて 聞く人にとっても全く違和感がないでしょう。ジャズ的な小難しさとは 無縁の極上の音楽エンターテインメントを堪能できます。

    モンド さん

    5
  • 2曲目「タッチダウン」は、関西ローカルUHFサンT...

    投稿日:2009/03/17

    2曲目「タッチダウン」は、関西ローカルUHFサンTVのアメリカン・フットボール番組のテーマでした。番組を見始めた頃は、心地よい耳障りのよい曲だなあと思っていたが、偶然FM番組でこの曲のタイトルが分かり、なるほどなあと納得した次第である。当時は気がつかなかったのだが、アルバムのパーソネルを見ていると、デーブ・バージェロン(トロンボーン)がクレジットされているのに気がつきました。BS&T脱退後は、各メンバー腕っこきが多かったので、スタジオ・ミュージシャンとして活躍していたのですね。

    k.k さん

    0
  • 1,4曲目はTV番組のテーマだった。どちらも日本TV...

    投稿日:2009/03/17

    1,4曲目はTV番組のテーマだった。どちらも日本TV(関西はよみうりTV)で、前者が朝のワイド・ショー番組、後者はTVジョッキー(日曜の午後)だったと記憶している。フュージョン全盛時は、TV番組のテーマや、紀行番組のBGMなどによく使われていた。デオダート、E・クルー、H・ローズ、L・カールトン、G・ベンソン、S・ジャイラなどなど上げたらきりがない。CTIシリーズやECMシリーズにはフュージョンの名盤がたくさんあるが、このアルバムもCTIシリーズの1枚である。

    k.k さん

    0
  • A less essential album from Bob James released by ...

    投稿日:2008/04/10

    A less essential album from Bob James released by Tappan Zee label in late 70’s. Some tracks sound a little poppy, however here we can find SHEPHERDs SONG, a romantic and delicate ballad (the best song of the album IMHO) and BRIGHTON AT THE SEA featuring David Sanbord on sax. Sound quality is good and clear. Check it if you already know his albums TOUCHDOWN and ONE ON ONE.

    Marcelo Lopes さん

    0
  • ボブ・ジェームズと言ったら、M1のAngela (Theme from...

    投稿日:2008/01/26

    ボブ・ジェームズと言ったら、M1のAngela (Theme from Taxi)。 TV番組のテーマ曲だが、ボブ自身のテーマとも言える存在。

    ハリアー黒 さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%