Blu-spec CD 2

Highway 61 Revisited: 追憶のハイウェイ61 (紙ジャケット)

Bob Dylan (ボブ・ディラン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP30476
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2
その他
:
限定盤, 紙ジャケ, リマスター

商品説明

【来日記念ディラン祭り!】ディラン究極の「神」ジャケ復刻!

ボブ・ディラン、全43作品(オリジナル・スタジオ・アルバム35作+ライヴ6作+ベスト2作)を1年かけてリニューアル復刻していくプロジェクト。最新マスター、紙ジャケット仕様、Blu-spec CD2、新規ライナー、新規対訳と、現在考え得る最高のフォーマットで全作品を究極の復刻を目指すプロジェクトが来日公演に合わせてスタート!2004年初発売以来ディラン紙ジャケはトータルで22タイトル、15万枚を突破。ロック最重要アーティスト、ボブ・ディランの作品を再評価を目指す。第一弾は“DYLAN 60’S”として60年代の作品を10T復刻。

1965年度作品。フォーク・ロックの金字塔的な作品で60年代を代表する名盤。「ライク・ア・ローリング・ストーン」はロック・サウンドを取り入れたディランの新たなスタイルを高らかに広め、全米第2位を記録。後にRollingStone誌が選ぶ史上最高のロック・ソングにも認定された。アルバムは、詩作や音作りの面で冒険的かつ意欲的かつ独創性溢れるものとなって結実、全米最高3位を記録。永遠に語り継がれるロックの名盤といえる

★『追憶のハイウェイ61』紙ジャケのポイント
*US初版LPアートワークを再現:Columbia CS9189
*レーベル面:ロゴが左右にある2eyeレーベル。下部の360SOUND STEREOは黒文字。品番
の下にNONBREAKABLEの表記
*CBS SONY初版帯復刻!:CBS Sony SONP50345
*現行CDとディランのシャツの色が全く違って見える
*告知ステッカー封入(初板に添付されていた「Like A Rolling Stone収録」紫文字ステ
ッカー復刻)
*初回限定プリント・フォト封入(初板のみに付いていたディランを描いたモノクロのイ
ラストを復刻)
(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

多くのミュージシャンにカヴァーされ続ける「ライク・ア・ローリング・ストーン」や「追憶のハイウェイ61」を含む、フォーク・ロックの金字塔的な作品で、ボブ・ディランの1960年代を代表する名盤。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
21
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Bob Dylanの追憶のハイウェイ61Highway 61 ...

投稿日:2021/03/15 (月)

Bob Dylanの追憶のハイウェイ61Highway 61 Revisitedは1965年発表の通算6枚目のアルバム。とくにおすすめはライク・ア・ローリング・ストーン。The Rolling Stonesもカバーしていました。漫画家の浦沢直樹もこの曲にガツンとやられたというし、ジョン・レノンもおふざけで歌ってるし、影響力は大きすぎ。ブートレッグシリーズではワルツで歌っているバージョンもあります。

curtom さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
もはや説明するまでもありませんがフォーク...

投稿日:2021/03/14 (日)

もはや説明するまでもありませんがフォークとロックを融合させたボブ・ディランの名盤中の名盤です。60年代から今なお活躍している才能には計り知れないものがあり、只々脱帽するばかりです。止めは誰もが驚いた2016年のノーベル文学賞受賞(多分本人が一番驚いたかも)でしょう。彼の歌詞に対する最高の評価で誰もが到達できない所に彼は達しました。今後、彼を超えるような偉大なるロックアーティストは二度と現れないと思います。

磐央 さん | 福島県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
俺は前作の荒削りな感じが好きだが、ちょい...

投稿日:2013/08/08 (木)

俺は前作の荒削りな感じが好きだが、ちょいこなれてきた感じのこの作品ももちろん嫌いじゃない。 そりゃ名曲も生まれるわな。

みちくさ さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Bob Dylan

米フォーク/ロックの巨人として誰もが認めるボブ・ディランの歌唱は実にユニークなもの。単に個性的というだけでは明らかに表現が足りないだろう。人間臭さや生きる佇まいそのものが現れている彼の歌声は、一度聴いたら忘れようにも忘れられないほどのインパクトを持って迫ってくるのだ。

プロフィール詳細へ

Bob Dylanに関連するトピックス

おすすめの商品