Bmc (ビルマニアカフェ)

人物・団体ページへ

いいビルの写真集west

Bmc (ビルマニアカフェ)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784756242624
ISBN 10 : 4756242626
フォーマット
発行年月
2012年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
BMC, 西岡潔 ,  
追加情報
:
201p 21cm(A5)

内容詳細

未来に向かってまっしぐらだった時代に生まれた、渋く、艶っぽく、自由なデザイン。手仕事も工業製品も光る、魅惑的なビルの世界。釉薬たっぷりのタイルや角丸の窓、カッコイイ塔屋、愛嬌のあるサイン、らせん階段…etc。

目次 : 1 いいビル20選(浪花組本社ビル/ 輸出繊維会館 ほか)/ 2 いいビルの見どころ(タイル/ 窓 ほか)/ 3 いいビルの使い方(鉄道広告社ビル/ タツタビル ほか)/ 4 いいビルと人(丹平ビルをめぐる物語/ 左官屋の三代目社長 ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • コットン さん

    1950年代半ばから1970年代の初めにかけての大阪のビル紹介本。いわゆる近代建築とは違いモダニズム建築の20のビルが選定。それ以外にタイル、窓、階段など見所も紹介され面白い!著者の一人に『大大阪モダン建築』の高岡伸一もいて内容は折り紙つき。著者BMCがビルマニアカフェというのもおしゃれ(^^♪

  • sin さん

    仕事柄、細部に関心がいくので階段とか金物とかサインとかはいつのまにか眼に留めているのだが肝心のハコの方は意識していないのが日常だ。自分にとってハコは景色の一部分でしかないためだろうか?それともこだわりがないせいでどれも同じに見えているのだろうか?しかしこの写真集に納められたハコ達の何と凛々しい姿形!やっぱ、愛情を持ってファインダーを覗くとその愛着までネガに焼き付けられて、こうして無粋な一読者の前にまで届いてくるものだろうか?ビルを見る目が一変する写真集です。これは

  • 旅するランナー さん

    大阪難波のカフェ「OSARU COFFEE」の本棚にあった本。大阪の心に残るデザインのビルを紹介している。ウルトラセブンのロケに使われそうな、1950-1970年当時から見た未来の設計・形状・意匠が、今見ると、どこか懐かしく微笑ましい微妙なバランスを保って存続している。歴史遺産として残していってほしい。

  • tera。 さん

    私が生まれる前に建設されたビルが、未だ現役で働いている事に先ずは驚いた。外観には馴染みがあっても、ビル内部に入る機会はそうそうないので、こういった企画は嬉しい。見覚えがある建物が多いのは、場所が大阪に偏っているからかな。古い建物を維持して行くには、メンテナンスの手間を惜しまない愛情が不可欠だ。こぼれ話も素敵で「ビルを支える人」には何だかホロリとしてしまった。丹平ビルについては、もうちょっと早く知っていたら是非一度見に行きたかったな。更地になった現地を、今も観る事が出来ない気持ちが少し判る気がする。

  • かっぱ さん

    【図書館本】「いい階段」に続き、BMCの本です。ここに登場するのは50〜70年代に建築された著者たちのいう「いいビル」です。相変わらず村野東吾設計多し。いいビルの定義が少しわかってきたぞ。中でもステンレスをビルの全面に張り付けた御堂筋ダイビルはいい。角が丸まった窓枠の配列がいい感じ。外見はなんでもないようでも、中に入ると階段や床材などに設計者のこだわりが感じられるものが多い。「いい階段」にも出てきたテラゾー。この言葉覚えましたぞ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品