CD 輸入盤

Think Tank

Blur (ブラー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5834342D
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
93
★
★
★
★
☆
 
19
★
★
★
☆
☆
 
10
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
発売当時に買った輸入盤は非常に強いコピー...

投稿日:2009/02/10 (火)

発売当時に買った輸入盤は非常に強いコピーコントロールがかかっていたので、このたびリイシュー盤を買いなおしました。久しぶりに聞ききましたが、やっぱり最高。デーモンの他のプロジェクトと近い世界観ながら、穏やかなメロディと民族音楽的な雰囲気の融合は「ありそうでない」唯一無二の作品になってます。時折Crazy Beatのような激しさをもった曲が入っていてダレさせないのもグッド。アルバムトータルで一つの映画を見ているような、そんな感覚を起こさせる傑作です。

pt7 さん | Tokyo | 不明

0
★
★
★
★
☆
初めて聴いた時はブラーのサウンドというよ...

投稿日:2008/03/10 (月)

初めて聴いた時はブラーのサウンドというより、どちらかといえばデーモンのソロアルバムに近いコンセプトアルバムに感じた。グレアムが抜けてからブラーはどうあるべきであるか試行錯誤した結果のアルバムといえば理解がたやすいのかもしれない。しかしながらデーモンの音楽に対する魂が詰まった傑作である事は確かだ。

YOSHI さん | TOKYO | 不明

0
★
★
★
★
★
冒頭のAMBULANCEを聴いて、あ〜blurも随分...

投稿日:2007/11/02 (金)

冒頭のAMBULANCEを聴いて、あ〜blurも随分と遠いところへ来ちゃったな〜・・・、と言うのが正直な感想。俺は大のROXY(あとBOWIEね)ファンなので、これはblur版AVALONなのかもしれない、って。13とはまた全く違った意味での“優しさ”に溢れたアルバムかもしれない。(歌詞をよく見てないから判らないが)BEATLESで言えばLET IT BEか?2ndや3rdの頃のような バンドの融和感は確かにないが、それでもバラバラにはならずにすんでのところで踏みとどまってblurの音楽を聴かせてくれてるだけで、もう満足なのだ。デーモンの素晴らしい音楽性が全開だ!

いやみなぶらいあん さん | 世田谷区 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Blur

デーモン・アルバーン、グレアム・コクソン、アレックス・ジェイムス、デイヴ・ロワントゥリーというラインナップ。デーモンとグレアムは幼馴染み。またアレックスとグレアムは、セックス・ピストルズのマネージャーで有名なマルコム・マクラレンが通ったこともあるという名門のゴールドスミス・カレッジで出会っており、そこにデイヴを加えて、ブラーの歴史が始まった。

プロフィール詳細へ

Blurに関連するトピックス

UK/インディ に関連する商品情報

おすすめの商品