CD 輸入盤(国内盤仕様)

Best Of

Blur (ブラー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MGBT1911
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
21
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
納得の選曲しかしながらオリジナルアルバム...

投稿日:2012/02/19 (日)

納得の選曲しかしながらオリジナルアルバムほどのつながりのよさ。90年代2大ブリットポップ・バンドと言われたオアシスとブラー。オアシスに無くてブラーにあるもの、それはポップさ。それも中毒的な毒を持った。アルバムによって曲によって、さまざまな表情を見せ洗練された知的なブリットポップ

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
今でも思う。ディスイズアロウかポップシー...

投稿日:2006/03/03 (金)

今でも思う。ディスイズアロウかポップシーンが入ってれば無敵だったろうに・・と。それより輸入版のベスト限定版の方が国内限定版よりライブの曲が一曲多い。何でやーーー。

プリン さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
★
やっぱブラーの曲はいい!彼らの多彩な音楽性...

投稿日:2006/02/22 (水)

やっぱブラーの曲はいい!彼らの多彩な音楽性が見事にまとめられてるかんじ。個人的にはケミカル・ワールドがあればなぁと。

フミ踏み さん | 京都府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Blur

デーモン・アルバーン、グレアム・コクソン、アレックス・ジェイムス、デイヴ・ロワントゥリーというラインナップ。デーモンとグレアムは幼馴染み。またアレックスとグレアムは、セックス・ピストルズのマネージャーで有名なマルコム・マクラレンが通ったこともあるという名門のゴールドスミス・カレッジで出会っており、そこにデイヴを加えて、ブラーの歴史が始まった。

プロフィール詳細へ

Blurに関連するトピックス

UK/インディ に関連する商品情報

おすすめの商品