ビゼー(1838-1875)
新商品あり

ビゼー(1838-1875)

ビゼー(1838-1875) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

ジョルジュ・ビゼーGeorges Bizet, 1838年10月25日 - 1875年6月3日)は、19世紀フランスの作曲家である。

代表作に『カルメン』、『アルルの女』、『真珠採り』、『小さな木の実』など。

生涯

ジョ...

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

関連商品

商品ユーザーレビュー

479件

すべてのユーザーレビューを見る(479件)

  • 発売前に発注したにもかかわらず、約半年後にやっと入...

    投稿日:2022/02/08

    発売前に発注したにもかかわらず、約半年後にやっと入手できました。 ドイツ語歌唱の全曲盤では、ケーゲルのライプツィッヒ放送O、シュタインのベルリンSO、なども優れたものでした。 このベーム/ドレスデン盤は若いときのベームらしい切れの良い、重くなりすぎない劇的表現と、合唱を含めた劇場アンサンブルの良さに圧倒されました。 録音は正規の放送録音だけに当時ドイツの技術力を見せつけるような素晴らしいものでした。強奏時は若干飽和状態となりますが、歌手の声はアンサンブルに埋もれることなく歌詞は明瞭に聴こえます。 カルメンのヘンゲンは、戦後は宗教音楽などで聞く機会が多く、こんな表現力豊かな美声のカルメンを演じていたこと知り大収穫でした。 丁寧な造りのブックレット(付録の歴史的録音の分と2冊あります)も貴重なものです。長く待って入手した甲斐がありました。

    FMARIO さん

    0
  • 当初購入するつもりではなかったのだが、他の方のレビ...

    投稿日:2020/09/21

    当初購入するつもりではなかったのだが、他の方のレビューでサラウンド音源が収録されていることを知り、是非とも聴いてみたいと思った。2.0chステレオ(192khz/24bit)は従来のCD盤と比較して音はよくなったが、新たな感動はない。逆に、5.1chやDolby Atmosは臨場感あふれるが、自分の耳が慣れるまでに時間がかかる。というのは、近くの音と遠い音に音量差があるからだ。劇場で聴いている雰囲気を味わえるのだが、カルメンの声が最初なんとも遠く感じる。聴者にもドン・ホセの気持ちを味合わせるべく、別世界に住むカルメンをわざと遠くに置いているのかもしれない。ハバネラなどもカルメンの声は小さいが合唱の部分だけ音が大きくなる。試しに同じ部分を2.0chに切り替えたところ、音量差はなくなる。この場合、カルメン独唱の部分もコンサートホールの前面でマイクをしっかり立てて歌っているような鮮明さだ。サラウンド音源についてはもうちょっと上手くディスク化出来ないかなと思ったが何分40年以上も前の録音。ハイレゾ、サラウンドで出してくれたグラモフォンには感謝の限りだ。慣れてくると、やはりオペラはサラウンドだなと思う。

    ゆっきー さん

    1
  • 日本人によるフランスの知られざるオペラ作品のアーカ...

    投稿日:2020/05/19

    日本人によるフランスの知られざるオペラ作品のアーカイブとして秀逸かつ記念碑的な録音。クリアな音場と演奏レヴェルの高さ(ブックレットのメンバー表で確認するとオケもN響、読響などのメンバー率が高くホルンのソロに驚いたが福川氏)で満足度が高い。タイトルロール、鳥木弥生の理知的な歌唱(フランスでも同役で経験があるオーソリティ)、樋口の全力投球の歌いっぷり、岡の端正かつ正確な歌唱。全体を通し、ディクションを含めた安定感がある。 ライブならではの不安定な部分あるが、『カルメン』を作曲した大作曲家による知られざるオリエンタルな作品の魅力を感じるには充分な演奏。日本語訳つきで2000円なら買って損はない。

    まめ さん |40代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ビゼー(1838-1875)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%