LPレコード 輸入盤

Live In Cologne 1954 (2枚組アナログレコード/Jazzline)

Billie Holiday (ビリー・ホリデイ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
N78015
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

1954年ケルンでのコンサート、ビリー・ホリディのカルテット(M1-6)とバディ・デフランコ・カルテット(M7-11)の音源がハイ・クオリティ・ブルーレイで蘇る!!

1954年の1月、レナード・フェザーの音頭で“Jazz Club USA”と題されたツアーがヨーロッパ各国で開催されました。参加したのは、ベリル・ブッカー・トリオ、レッド・ノーヴォ・トリオ、バディ・デフランコ・クァルテット、そしてピアニストのカール・ドリンカードを伴ったビリー・ホリデイという顔ぶれで、そのツアーからはこれまでにもライヴ演奏を収めたアルバムが何枚か世に出ていますが、これは、1月22 日のケルンでのコンサートから、ビリー・ホリデイのステージとバディ・デフランコ・クァルテットのステージを収めたブルーレイ・オーディオ・ディスクと180g の重量盤LP。

この日は最後にすべてのグループから演奏者が加わってビリーが歌うというジャム・セッションも行われました。(他のレーベルからCD が出ています)が、今回はそれは含まれておらず、ビリー・ホリデイとバディ・デフランコそれぞれのステージを完全収録したものとなっています。

このツアーで、ビリーは、彼女の伴奏をつとめたいというベーシストとドラマーを見つけるのに苦労しましたが、結局、レッド・ノーヴォ・トリオのレッド・ミッチェルと、ベリル・ブッカー・トリオの女性ドラマー、エレイン・リートンがその役を買って出て、ビリーは無事ステージをつとめることができたと言われています。リハーサルをする時間もなかったというのに、彼女の歌はいつにもまして説得力に溢れ、聴衆に大きな感動を与えています。ソニー・クラークを含むデフランコのクァルテットの録音は、このツアーでは他に残されておらず、しかも、「虹の彼方に」 はクラーク・トリオの演奏、そして[ベース・ソロ]はタイトルどおりジーン・ライトを全面にフィーチュアした演奏となっているので聴き逃せません。

M1〜6:
Billie Holiday (vo)
Carl Drinkard (p)
Red Mitchell (b)
Elaine Leighton (ds)

M7〜11:
Buddy Defranco (cl)
Sonny Clark (p)
Gene Wright (b)
Bobby White (ds)
Live in Cologne, January 22, 1954

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Billie Holiday

その歌声は、他のジャズ・ヴォーカルの歌手達とは異なり、時代を追って変化しつつも、どんな一片の歌声さえ彼女の人生を感じさせ、人間の悲しみや苦しみを彼女の体を通して表現した、まさに“神が使わしたディーヴァ”だった。少なくともジャズの歴史の中で、彼女ほど人生を感じさえ、人生について聴く者に考えさせる歌手は、いまのところ現われていない。

プロフィール詳細へ

Billie Holidayに関連するトピックス

  • こんな音源あったのね!ビリー・ホリデイのカーネギー・ホール完全実況盤に驚愕音源を追加 女王ビリー・ホリデイの1956年カーネギー・ホールでのライヴ音源完全盤が登場。ボーナストラックがさらにスゴイ!本公演の2日前に収録されたラジオショー音源(アカペラやインタビュー)に加えて、レナード・フェザー宅でのホームパーティにおけるヘレン・メリルとの秘蔵デュエット音源を収録! HMV&BOOKS online|2016年01月27日 (水) 22:00
  • ビリー・ホリデイ Clef/Verve名唱全95曲 不遇の時代を経て再び絶頂期へと向かった女王ビリー・ホリデイの1952〜57年、ClefやVerveに吹き込んだ10作品(+ボーナス)全95曲をCD5枚組にまとめたボックスセット。 HMV&BOOKS online|2014年02月06日 (木) 12:20

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品