Bill Evans (piano)
新商品あり

Bill Evans (piano) (ビル・エヴァンス) レビュー一覧

Bill Evans (piano) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

419件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ジムホールとのデュオアルバム。このアルバムを取り上...

    投稿日:2021/07/22

    ジムホールとのデュオアルバム。このアルバムを取り上げた書籍を読んだのをきっかけに、国内盤を買い直して聴いたが、正直なところ、良いプレイだと思うものの、深淵なる世界を十分理解するまでには至らなかった。ジャケットは深淵なる世界を象徴する芸術品である。

    やすじい さん

    0
  • ピアノトリオは普段はあまり聴かないのだが、ビルエバ...

    投稿日:2021/07/22

    ピアノトリオは普段はあまり聴かないのだが、ビルエバンスの名盤は別格なので、久し振りに聴いてみた。ワルツフォーデビーのような静謐なアルバムも良いが、アグレシッフなエバンスもまた良い。

    やすじい さん

    0
  •  ライヴ盤です。  クラシックのオペラ『ポーギーと...

    投稿日:2021/07/11

     ライヴ盤です。  クラシックのオペラ『ポーギーとベス』にある楽曲「I loves you Porgy」、ディズニー・アニメ『白雪姫』の収録楽曲「Someday my prince will come」を演奏されていますがアルバム出だしの「One for Helen」を一聴してみて下さい。

    ようたん さん

    0
  • 1曲目の「ワン・フォー・ヘレン」が秀逸でライブなら...

    投稿日:2021/07/11

    1曲目の「ワン・フォー・ヘレン」が秀逸でライブならではの高揚感があります。曲のラストのなだれ込みは何度聴いてもスリリングです。ゴメスのベースも今回かなりいけるなぁと思うのですが、弓で弾くとどうしてあんなに音程が狂うのだぁ!と、残念でなりません。ちなみにこのCDはテレビ東京の「美の巨人たち」(現在は番組名が変わっています)で1曲目が番組の中で流され「あの演奏は誰の演奏だ!」と探しまくって見つけたものです。放送用の録音なので音も良いです。

    困ったお父さん さん

    0
  • 61年のライブ録音。 スコット・ラファロとポール・モ...

    投稿日:2021/07/08

    61年のライブ録音。 スコット・ラファロとポール・モチアンという、最強メンバーでのトリオの演奏が炸裂。未だに、人気上位に来る名盤中の名盤です。小難しいこと考えずに、誰でも聴けますので、ちょっとジャズはなあ、という人もどうぞ。とにかく、ジャズの中では、知らない人がいないアルバムの一つです。

    どん さん

    0
  • ベースのスコット・ラファロが急逝して、生前残された...

    投稿日:2021/07/08

    ベースのスコット・ラファロが急逝して、生前残された音源を追悼盤として出したのが本作。ライブ演奏を収録したものです。ヴィレッジ・ヴァンガードというのは、ニューヨークにある老舗のジャズクラブの名前です。行ってみると、かなり狭いです。こんなところでやってたんだなあ、と思うのと同時に、やっぱり酒場の音楽なんですね、ジャズって。

    どん さん

    0
  • もう一つの名盤です。ジャケはちょっとオタクっぽいけ...

    投稿日:2021/07/08

    もう一つの名盤です。ジャケはちょっとオタクっぽいけど、「枯葉」も入ってるし、取っつきやすいんじゃないかと思います。モードって、ある意味、それまでのジャズの語法からいえば新しかったのかもしれませんが、今となっては、ごく自然な音楽として、特に新しさは感じません。だからこそ偉大なのかも。

    どん さん

    0
  • 実質的な、初リーダー作。タイトルの、ニュー、という...

    投稿日:2021/07/08

    実質的な、初リーダー作。タイトルの、ニュー、という言葉が、若かりしエヴァンスの意気込みを感じさせます。彼は、早くからクラシックを学んでいたようで、独特のハーモニー感などは、その影響からということです。また、初期の音使いは、いわゆるエヴァンスのそれとはだいぶ違っていて、どちらかというとビ・バップに忠実な節回しです。資料としての一枚。

    どん さん

    0
  • 一度見たら忘れられない、ジャケ。これも、有名盤です...

    投稿日:2021/07/08

    一度見たら忘れられない、ジャケ。これも、有名盤ですね。タイトル通り、ロマンチックな演奏で占められていますが、ベースとドラムそれぞれのバランスがかなり大きく、また、左右に定位されているので、トリオが等価にいろいろ仕組んでいるのがスピーカーで聴いていてもよくわかります。一度はまると抜けられない、中毒性のアルバム。お気を付けあれ。

    どん さん

    0
  • フレディー・ハバート、パーシー・ヒース、ジム・ホー...

    投稿日:2021/07/08

    フレディー・ハバート、パーシー・ヒース、ジム・ホール、フィリー・ジョー・ジョーンズというそうそうたる面々と作り上げた、まさにインタープレイ。職人達の丁々発止が繰り広げられます。これも、小じゃれたブティックみたいなところで流すとはまる、的な、そう難しくないジャズです。それにしても、ジャケの記号みたいなのは、何を現してるんでしょうかね。

    どん さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%